HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

ダイアモンドの「カット」グレードについて

鴫原質店の弟さんです。

前回はカラーに関して書いてましたが、今回は「カットグレード」について。ダイアモンドのカットグレードは「光を最大限に引き出す為の理想的な形状との比較」(←言い方違うかも)であり、様々なデータ要因で決定される為、言葉でいい表すことが不可能だと個人的に思っており、人に上手く伝え事や教える事ができません。パッと見た瞬間に「エクセレントだ」とか「グッドにとどまるかな」とかイメージが湧きますが、あくまでも経験上からくる推測であり、100%必ず当てられるものでもありません。そんなカットグレードについて書いて見ようと思いますが、恐ろしくつまらないそして長い内容になりそうなので、先にお詫びしておきます。

今は素材が多いので自分の勉強の為にも色々見ていこう!。まずは上位グレードの3つを視覚的に比較してみようと思います。ソーティングが付いた3つのダイアモンド0.3カラットなのでちょっと小さいですが、左から「EXCELLENT」「VERY GOOD」「GOOD」と並べてます。この正面から見た場合のテーブルの比率で「左はEXCELLENTだ!」と思うのは見慣れてるから。もちろん正面だけ見て決める訳でないのですが、「EXCELLENT」には固有の形状があるのでイメージ的に覚えやすいと考えてます。

顕微鏡で各面の比率を見てみます。3つのダイアモンドの拡大画像並びは先程と同じですが、真ん中の「VERY GOOD」は見た瞬間に「GOODだな~」と思ってしまうかもしれない。「GOOD」のテーブル比率が「EXCELLENT」と大きく違う点は殆どの方に気づいてもらえる点だと思いますが、各グレードに【幅】のようなものがあり、最高評価(EXCELLENT)に近づくにつれ、その幅は限定的なものとなり、頭の中に「エクセレント」は【こういう形】的なイメージがあります。(※説明になってないよね・・・)。そしてもちろん「EXCELLENT」にも【幅】がある点も付け加えます。

次にちょっと低めのグレードである「FAIR」と「POOR」。ソーティングが付いた2つのダイアモンド両方とも1カラットアップなので写真を撮るのが楽でいいね。少し思うのは、こうしてみるとダイアモンドのグレードなんて普通の人にとってはどうでもいい事なのかもしれない・・・。とはいえ、この見た目はあまり変わらないダイアモンドは、左と右で約2倍の価格差があり、やってる方は超真剣だったりします。間違って買ったなんて言葉が通用しない位高額なんですから。

同じように形状を確認してみると、この時点で気が付く事が多いはず。2つのダイアモンドの拡大画像左が「FAIR」で右が「POOR」ですが、例えば左はテーブルが真ん中にない(ちょっと右下に寄ってる)とか、右はそもそもテーブルがちゃんとした形状になってないとか、完全なイメージの話ですが、気づく部分も多いかと(汗)。「GOOD(グッド)」位のグレードから【形の幅】が更に広がっていくので、判断に悩む場合もでてくる感じでしょうか(抽象的ですみません)。

話をできるだけ簡単にしたいから正面から見た場合についてのみ書いてますが、カットグレードの推測は色んな角度からダイアモンドを確認します。ダイアモンドを斜めから見た風景テーブルはもちろんですが横や斜めや色々と見ないとグレーディングはできません。細かな部分の理想像との乖離を探す作業になり、その理想が分かってないと比較すらできません。そういう理由でカットの評価をできるまでには結構な時間を要することになります。

こちらは前回も掲載した画像ですが1カラットの「VERY GOOD」の画像。VERY GOOD評価のダイアモンドの拡大画像上の方に0.3カラットの「VERY GOOD」の画像を載せましたが、こちらがより「EXCELLENT」に近い「VERY GOOD」で、逆に上の0.3カラットのダイアモンドは「VERY GOOD」だけども「GOOD」に近い「VERY GOOD」と表現すると、グレードの中にも幅がある事をご理解頂けるのではないでしょうか。

ダイアモンドのカットグレードはとても重要です。ダイアモンドのファイアー「ファイアー」と呼ばれる虹色全ての色を見せる光の分散はカットグレードにも影響されます。もちろんこれ、カットグレードが良いとファイアーは出やすい傾向にありますが、グッドでも猛烈に出現するダイアモンドもあるので完全連動ではありません。その点ではアメリカのG.I.A(全米宝石学会)のカット評価で「ファイアー」という項目があるので、カットグレードは形で決まる訳でもない点は補足させて頂きます。(←コレで益々意味不明になってきた気がする・・・。)

自分で書いていて「今までの文面でカットグレードに関して伝わるのか?」が分からなくなってきましたので、GIA(公式ページはこちら)から画像をお借りしてきました。あんまり専門的分野に突入したくはないけど、このままだと「結局なんなのよ?」で終わるので、グレーディングの方法まで触らせて下さい(哀)。カットグレード基準の決定項目上の画像の指標の割合(比率?)などが科学的に理想とされる形状とどの程度一致するかが、グレーディングの根本にあり、「何が理想か」を視覚的に覚えている事が作業の前提にあります。そしてまたGIAでは視認検査などもあり、「数値化できない基準も含めて」カットグレードが決定されます。

こちらは2020年に発行されたGIAのダイアモンド鑑定書の画像。カットグレード基準の決定項目
カットグレードは先ほどの図の項目を含む下記項目の総合評価により決定されます。その項目は「ブライトネス」「ファイアー」「パターン」「全体の深さ%」「テーブル%」「クラウン角度」「クラウン高さ%」「スター長さ%」「ローワーガードル長さ%」「ガードル厚さ」「ガードル厚さ%」「キューレットサイズ」(←国内ではこれらを総合して「プロポーション」と呼ばれてます)「ポリッシュ」「シンメトリー」となり、「ポリッシュ」「シンメトリー」は独立して評価が鑑定書に記載されてますが、カットグレードの総合評価にそれら2つ(「ポリッシュ」と「シンメトリー」)も加味されます。グレードによりこれら項目の「適応割合」が変化し、更には「ブライトネス」や「ファイアー」は理屈じゃない見た目の評価なので、全てを言葉では説明しきれない感じです。尚、判別項目に関しては当店に実在する2006年のGIAの教科書から抜粋してるので、今時のネットの情報と異なる可能性がある点ご理解下さい。事実を書いてるつもりなのですが、その事実(=情報)が古いのよね。時代の流れで変化する判別方法を反映してないので、今の常識とはちょっと違うかも、という事はしっかり書き加えておきます。因みに参考にしたのはGIAの教科書の「ダイアモンド グレーディング ラボ マニュアル」という部分だったのですが、「これ、写真をブログに載せていいかな?」と聞いたら「絶対ダメ!!」と当社のGIA GG様が言っておりました(無念)。割合って言われてもやっぱわかんないよね・・・(涙)。

長々と書いてきてかなり疲れましたが、カットグレードの説明を言葉でのみ言い表すことができない点をご理解頂けたら嬉しいです。「じゃ~どうやって勉強すんのよ?」という事に関しては、色んなものを推測(自分でグレーディング)し答え合わせを繰り返すという行為をいつまでも続ける事しか私は思い浮かばない。尚、国内鑑定機関ではトリプルEXCELLENTやハート&キューピットなどと呼ばれる項目がありますが、1950年代にダイアモンドの品質を決める基準を4Cと定めたアメリカのG.I.A(全米宝石学会)にはその項目はありません。そういう意味では、カットグレードの最終的な判断は、もしかしたら鑑定機関によって違う可能性さえあります。そんな感じで正直全てを理解するのは相当難しく、鑑定機関が定めるルール(グレーディング)を自分に叩き込むしかなさそうです。カットグレードの評価って本当に難しいですが、少しでもフィーリングが伝わればいいなと思います。

最後に宣伝ですが、ダイアモンドの買取は鴫原質店をご利用下さい。その場で査定ができますし、お見積はもちろん無料です。本日は以上でございます。





ダイアモンドの「カラーグレード」について

鴫原質店の弟さんです。

手元にダイアモンドがあるうちしか取り上げる事はできないので、引き続きダイアモンドについてのお話、今回は「カラーグレード」について僅かな色の違いを見てみたいと思います。4つのダイアモンドソーティング教材は「D」と「E」と「G」と「H」カラーでFカラーは欠品中。品揃いの悪い店で申し訳ございませんが、小売りをしている訳ではないのでご了承下さい(哀)。

セットされた鑑定書付(「Fカラー」)のダイアモンドリングがあったので、ダイアモンドを外して教材として使おうかなと思いましたが、色味を見るとちょっと微妙。Fカラーの鑑定書が付いたダイアモンドリング個人的には「G」か「H」と思いましたが、念のため当社の宝石鑑定士様にも聞いてみると、「G」にとどまる可能性が高いとの事。古い鑑定書の場合、このような事は結構頻繁に見られる上、鑑定機関によっては少し上のグレードを出していた時期もあるので、古い鑑定書は信じない方が・・・むしろ見ない方がいいと個人的には思っています。鑑定書の意味を考ええると、ちょっとだけ恐ろしい事実ですね。「Fカラー」じゃないならこの子の出る幕は一つもありません!。

それでは4つの石を並べて写真を撮ってみます。4つのダイアモンドを奥行きを分けて並べた画像「・・・・・・・・・・(汗)」。なんかダメっぽい。手前が黄色いって分かんないですよね。

撮影方法を変えてみた!。4つのダイアモンドを一列に並べた画像ちょっといい感じに黄色味を帯びていくのが確認できますよね。カラーグレードなんて凄く微妙な違いのうえ、それを画像で表現するってかなり難易度高いのは分かっていたので、この写真を見た時、もの凄い達成感を感じてしまいました(自己満)。撮影してる場所が所詮は普通の事務所なので上出来です。

色の違いがよ~く分かるように「D」と「H」だけ比べます。DとHカラーのダイアモンドを慣れベタ画像真ん中の写真がいい感じの比較になっています(自己満)。下の画像は「ファイアー」発生でダイアモンド内部が火事になり、その色が内部で反射してる為に黄色味が増して見えてます。でもこの現象が実はダイアモンドがキラキラ輝く原因でもあるので面白いものです。

カラーのグレーディングは単純で、ただ基準に当てはめるだけ。マスターストーンセットの写真「マスターストーンセット」という正解の色見本、つまり答えが目の前にあるので「クラリティ」や「カット」と比較すると感覚的な熟練度は不要で、仕組みは容易に理解できます。(もちろん正解を当てれるかは別の話です。)

とはいえ、ダイアモンドカラーを判断するには慣れが必要なこともあります。ダイアモンドがルース(裸)である事は殆ど無く、何かしらにセットされているので、どんなものにセットされているダイアモンドをどのように見るか、という点に関してはやっぱり慣れでしかありません。ゴールド(金)にセットされたダイアモンドを、どんなにマジマジと見続けても無色に見える事はなく、透明度の高いダイアモンドは周りの色の影響を必ず受けるので、セッティング状況に応じた判断(推測)ができるようになるには、ちょっとだけ経験が必要かも。そしてもう一つ、色味を判断する為にとても重要なのが「環境」だったりして、その事に気が付かないといつまでも正確な判断はできません。黄色い蛍光灯の下でダイアモンドを見れば、必ずと断言できる程、透明なダイアモンドは黄色く見えてしまいますから。最後になりますが、GIAのホームページ(こちら)に最高の環境で撮影されたと思う「A~Z」のダイアモンド色見本がありますのでリンクを貼らせて頂きました。「最初からこれ使えばいいじゃん」と社内で指摘されそうですが、やってみる事!が大切だし、「Hカラー」の黄色味を画像で上手く表現でたと思いたい。(やっぱ自己満)

最後に宣伝ですが、ダイアモンドの買取は鴫原質店をご利用下さい。その場で査定ができますし、お見積はもちろん無料です。本日は以上でございます。



ダイアモンドの「クラリティ」グレードについて

鴫原質店の弟さんです。

毎年大体この時期にダイアモンドを整理しており、売れない品物からダイアモンドを取り、それをソーティングに出したりするので、鑑定結果がでた品物がいつもより多くなります。そんな理由でブログにダイアモンド関連を書いているのはこの時期が多いかも。そしてまた何度も繰り返し出てくる話題なので、面白みに欠け退屈な話だと思われますが、ダイアモンドの4C(「クラリティ」「カラット」「カット」「カラー」)について4回に分けて書いていきたいと思います。3つのソーティングノート今回はダイアモンドのグレーディングの一つ「クラリティ」に関して。教材は画像の3つで「VVS2」「SI1」「VS1」の3グレードのインクルージョンを確認してみます。そもそもにして、ソーティングを出す前からグレーディングを想定して買取や仕入れをしてますが、グレードが確定した後にしっかりとそれを確認する事はかなり大切な事だと思っており、テストの答え合わせをする感覚でしょうか。問題を解いて答え合わせをしないと、自学自習にすらなりませんから。

中を拝見させて頂くダイアモンドの大きさはこんな感じ。全て1カラット(0.2グラム)アップだらかちょっと贅沢な気分になりました。3つのダイアモンド左から「VVS2」「SI1」「VS1」の順番に並べた理由の一つはカットグレードの比較ができるから。一番右だけ少し小さく見えるのはカットグレードがFAIRで、縦長なダイアモンドだからです。そして並び方のもう一つの理由は価格順(左が高価)だったりして。

それでは「VVS2(Very Very Slightly Included)」の評価を顕微鏡で確認してみます。VVS2を顕微鏡でみた画像少し眺めてましたがインクルージョンは発見できません。左下の〇で囲んだ部分に何やら白いのがついていて、「これかな?」など拡大して見てみるもただの汚れでした。小さな埃も少し表面についており、あまり関係はないのですが、小さすぎる内包物の発見の妨げになってます。

ちゃんと洗浄してからなどと思い、ピンセットで摘まんで水洗いしてたら落としてしまった(実話)!。流し台に落としてしまったダイアモンドこれは結構あるあるな話で、0.2カラットなどの小さなダイアモンドだと発見に相当な労力を使い、そしてメレダイアに関しては発見する事が不可能と悟り絶望するほど、透明なダイアモンドは水と同調します。万が一落としても、流れていかないように流し台の蓋が閉まっている事を事前に確認するのはマスト事項。大きなダイアモンドなのですぐ発見しましたが、とても高額品なのでかなり焦りました・・・・。

そして洗浄した「VVS2」ちゃんと格闘再開。VVS2のインクルージョン評価の基準になっているのはこの部分だと確認します。少し角度をつけないと視認できず、正面からは殆どみえない縦に伸びる小さなインクルージョンでした。尚、「VVS2」の評価基準は、「熟練のグレーダーが10倍に拡大してもインクルージョンを見つけることが非常に困難」なほど、すご~~くわずかな内包物のみを含むという評価です。画像の拡大率は恐らく300倍位なので、ルーペで確認するにはかなりコツがいります。

次は「SI1(Slightly Included1)」君とご対面。SI1のインクルージョン白いライトで見ても透明なインクルージョンが広範囲で薄く見えますが、ライトの色を変えるととても見やすくなります。「SI1」か「SI2」なのか悩みそうなインクルージョンですが、この位だと上振れ(SI1)すると認識し、常にこの作業の繰り返しが大切です。尚、「SI1」の評価基準は10倍に拡大した場合、比較的容易に一般の方(←ここポイント)でも内包物が確認できるという評価。インクルージョンの種類にもよりますが目で内包物が見えない場合が多いのもSIクラスの特徴でもあります。大きいカーボン(黒い内包物)があるとすっごく目立ちますけどね。

最後に「VS(Very Slightly Included)」ちゃんとご対面。VS1のインクルージョン発見しやすいインクルージョン様がコロンとありました。これの色が薄ければもう1グレードアップかな?。もしかしたら印の内包物以外にも、小さいのがどこかにあってそれがグレードに影響してる可能性もあるかな。尚、「VS1」の評価基準は、「熟練のグレーダーが10倍に拡大しても内包物の発見が困難」という評価。「VSクラス」というと真ん中的な評価イメージがありますが、実際には相当優秀な品質である事がご理解頂けるかと思います。

という事で今回はダイアモンドのクラリティグレードの3種類を確認しました。どのダイアモンドも肉眼でインクルージョンは確認できませんが、3つ順番に並べたのは価格順でもあり、1.042(G VVS2 VG)と1.046(H VS1 FAIR)の価格は倍以上(4倍位かな?)します。「いい品物の意味」は人それぞれ違い、「コスパ」や「品質」など意見は分かれると思いますが、自分で品質を確認できないダイアモンドグレードの一つ「クラリティ」に関しては、綺麗に見える「SIクラス」で十分だと私は思ってます。だって、目で見ても分かんないし、10倍に拡大したルーペですら見つける事って難しいのですから。もちろん綺麗に見えない「SIクラス」もあるのでその点は注意カモ。そういう認識を持っている私はコスパ重視の人間という事なんですね。でも、お金に余裕のある方は高グレードを購入して欲しいな。じゃないと中古市場に出回らないからね(笑)。

最後に宣伝ですが、ダイアモンドの買取は鴫原質店をご利用下さい。その場で査定ができますし、お見積はもちろん無料です。本日は以上でございます。





1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 143