HOME > 質屋ブログ > 

質屋のスタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。

今朝の仙台市は湿気もなく初夏を感じるとてもいい天気でした。こんな日は家全体の換気をする為に、窓を開ける方が多いのではないでしょうか。私の家でも朝から窓を全開にして外気を入れるようにしてました。

そんな窓ガラス全開中の我家に、窓から珍しいお客様が。天井のファンに留まっているつばめつばめ様です。娘の部屋に侵入し縦横無尽に振舞っていますが、外に出たいと思われる行動が目につきます。

昔からつばめは縁起のいい鳥だという説があります。私の経験上、家につばめが入ってきたことは初めての事で少しだけ嬉しかったですが、他の家族は大騒ぎ。クリーンなイメージがある「つばめ」というこの鳥類様、初めて知りましたが飛びながら相当な量の何かをまき散らします。つばめがまき散らす液体糞なのか唾液なのか尿なのか‥‥部屋だけでなく娘自身も茶色の怪しい液体まみれ‥‥‥‥。ベッドも椅子も床も相当な量のこの何かが付着し、娘様は半ギレ状態です。

外に出たいと思われるつばめ様をどうやって外に出すか。部屋を飛び回るつばめ4メートルもある天井なので人の手は届きません。開かない窓ガラスにバタバタとぶつかっていき、この子なりの必死が伝わってきます。手の届く範囲の窓ガラスは全開なので、少しでも降りてこれば出口はいっぱいあるのにね。でもこのままではつばめにも家もにも良くないので、天窓の網戸をクイックルワイパーの棒で無理やり開けようとすると、それに威嚇されたのか、つばめは高度を下げ、開いている窓から外に旅立っていきました。

縁起の良いとされるつばめ様ですが、部屋の中は悲惨な状況。壁紙についたつばめの出した液体唾液か糞か尿かは知りませんが、高い場所の壁紙にもその付着があります。娘様は相当うんざりしている様子で顔が歪んでました。服にも髪にも手にさえも、つばめのまき散らした怪しい液体がついているので、その気持ちも分かります。部屋の掃除は恐ろしく大変そうですね。

早朝の珍しい出来事について、部屋の惨状については何とも言い難い部分はありますが、「何かしらの幸運があるのかも」と意味不明な期待感があります。「巣を造るとその家に幸運が」という事なので実際には関係はなさそうだけど、家の中に侵入してくるって結構珍しい気がしてなりません。つばめの鳥言葉は「幸福の予感」ということ。幸福の予感はもう感じているので、その後のご縁を期待してしまいます!。そしてまた、つばめは帰省本能が強い鳥という事なので、心の中で「いつかまたおいで~」と思ってます。家族の前では絶対に言えないけどね‥‥、特に娘の前では‥‥。初夏の珍事としていい思い出になりそうです。

本日は以上でございます。

[ カテゴリ:日記 ] [ ブログ記事一覧 ]

鴫原質店の弟さんです。

質流品の中に古いオメガの時計がありました。アンティークシーマスター 古いシーマスタープロフェッショナルで200メートル防水のクォーツ(電池式)時計です。正確には分かりませんが1990年代前後に販売された商品という事。電池切れか壊れているのか、蔵から出してきた時点で動いておりません。こんな時はまず最初に動くかどうかを調べないと!。私の感覚で正直に言いますと、30年も前の電池式時計が何の問題もなく動作すること自体、とても不思議な事に思います。

という事で電池交換をしてみます。因みに私、この時計を開けるのが初めてで少しだけウキウキ。初見の品物は色々と考えながら触っていくので結構楽しかったりします。時計をホルダーに固定まずは時計ホルダーに固定。裏蓋を見るとシーマスター専用工具を使わない構造ですね。

取敢えずは一般的な裏蓋オープナーで回してみます。オープナーで裏蓋を回すかなり手ごたえが硬く手が疲れます。錆によるものか、時計自体の精密な構造なのかは分かる由もありません。

ネジ構造になっている裏蓋を回すと、外周のみが外れて中央の裏蓋はまだ残っています。裏蓋そのものが2つのパーツで構成されている事が分かりました。裏蓋を外した様子そして灰色のゴム素材が目につきます。どういう構造何だろう?と色々推測しながら次の手を考えます。

隙間からピンセットで恐る恐る触ってみると灰色のゴム素材はパッキンのようなものだと判明します。パッキンを取ってみるそしてこの灰色のパーツを取ろうとすると、固着した裏蓋もくっついてきてしまった(汗)。裏蓋と固着したパッキン古い時計だとよくある現象ですが、これを壊したら代用品がないので気をつけないとね。でもこの構造で200メートルの防水性能か~という感じ。最初に開けた裏蓋の外周と裏蓋中央部分、そしてケースの気密性がとても高いのかな。

そしてムーブメントまであっさりと到達。結構簡単ジャン!。ムーブメントの画像Cal1438と印字があるムーブメント様。スイスが世界に誇る、大手時計製造メーカーのETA社製ムーブメントです。ETAのムーブが使われている品物は、何かが壊れても殆どの場合は修理が可能で、私は個人的に好きだし見ていて安心できます。汎用性であるが故にパーツの供給体制がしっかりしており、部品自体の価格も割安なので修理費も安く済むことが大きな利点。そしてこの時計に関して言えば、SR916SWという大きな電池を搭載しているところも私好み。電池交換の頻度が減るしね!。

そして電池を交換したら動作してくれました。メンテナンスの際に部品交換をした可能性もありますが、30年前に製造された電池時計が動いている事自体が凄いな思います。古いモデルで残存の個体数も減少していると思われ、今後また触れる機会はあるのかないのか。もしかしたらこれが最後かもしれないので、ブログに残しておく事にしました。

本日は以上でございます。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]

鴫原質店の弟さんです。

雨天の為に延期された小学校の運動会が本日開催されました。子育て奮闘中の私たちは時間を分けてお店を離れ、子供達の様子を交互に見学に行きます。晴天に恵まれた校庭の様子 晴天に恵まれた運動会日より。少しだけ日差しが強くほんのりと汗ばむ気温の一日です。

コロナ渦における運動会について、昨年同じような時期にブログで書いた記憶があります。昨年と同様に学年ごとに時間が区切られ、保護者はその時間だけ見に行くという型破りな運動会。各学年に割り振られた時間はわずか30分程度ですが、その短時間には今まででは経験できなかった充実感があります。お祭り感は皆無ですが、保護者の数が少ないので子供の姿をしっかりと見届ける事ができました。本当に素晴らしい発想ですね。

今年は特に学校側の配慮が感じられた事が。目の前で見る子供達の演武目の前で子供の演武が見れました。保護者も少ないので場所の取り合いなどありません。自分の子供の目の前に行って写真を取るなりビデオ撮影をするなり、本当にやりたいことがやれる嬉しい状況。相当考え込まれて色々な配置が決まっている事が想像されます。

こんな場所に陣取っていても問題ありません。徒競走のゴール付近徒競走のゴールのすぐ脇です!。子供が全力で駆け抜けるところがみれます。親として興味があるのは自分の子供の順番のみですが、事前に何番目か教えてもらっていたので、自分の番に合わせてこの場所に待機します。殆どの保護者の方は自分の番だけ撮影し、それが終わるとスルスルと後ろに下がって人に譲るので、令和時代の新しい運動会マナーの出来上がりかも。

5人での徒競走でダントツびりのお子様を激写。競う事無く走り抜ける少女50メートル走で20メートルくらいの差がついていました‥‥‥‥。この子はこんなに足が遅かったのか!?と大発見です。誰と競る事もなくたった一人で笑顔のゴール。しかもこっち向いてるし。本気で走っているのか帰ったら聞いてみます。というか腕を振っておらず、「あられちゃん」のような走り方に見えます。(←相当古い?というかドクタースランプって知ってますか?)

私の子供の頃の運動会は、校庭の隅々にまでおかれたブルーシートのイメージが印象的です。大きく広げられたシートの大部分はただ敷いてあるだけで、荷物置き場になっていた記憶がうっすらと。早朝からブルーシートを広げて自分のテリトリーを固めるという、昭和の時代より受け継がれる世にも奇妙な暗黙のルールがあったように感じます。とはいえそれも全て、自分の子供を良い場所で見たいから故の事なのも分かります。

運動会がコロナ渦で進化したのかもしれませんが、今後もこの形式の運動会が継続すればいいなと思います。目の前で見れる環境さえあれば、場所取りはそもそも不要。来賓などの形式ばったものもなく、親と子供の為の運動会の新しい形のように感じています。

本日は以上です。

[ カテゴリ:日記 ] [ ブログ記事一覧 ]