HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

おはようございます。鴫原質店の弟さんです。

本日はブラックライトを使用した検品方法のご紹介です。ずっと前にブラックライトについて書いたことがあるので(前回はこちら)、ご興味があればご覧ください。

まず始めに、こちらはルイヴィトンのエレクトリックエピというラインのお財布です。光沢のあるルイヴィトンの財布光沢のあるルイヴィトンの財布光に反射する光沢があるエナメルのような素材という感じでしょうか。ピカピカして高級感があります。そして今回の内容は少しだけダークかもしれません。目では分かりませんが意図的に少しいじった可能性が発見できます。(こんなこと書いていいのだろうか‥‥‥。)

下の画像の右上部分の赤丸のあたりを注目。目では分からない怪しい場所目では分からない怪しい場所よく見て下さいね。中古品なので小さな傷などは沢山ありますが、目で見る限り何も違和感はありませんね。

そしてここにブラックライトを照らしてみると!。ブラックライトで反応し現れる黒点ブラックライトで反応し現れる黒点意味不明な「黒い点」が浮かび上がります。これはこの部分の塗料や素材が違う場合に見る事のできる現象です。(上と下の丸の位置、結構ずれてますね。)

例えば、角が擦れて中のレザーがむき出しの状態の場合は、もちろん素材が違うので同じような現象が見れます。素材の違いによる反応素材の違いによる反応ただし、これと上の黒点では少し意味が違います。スレて表面のエナメル素材が剥げて、内側のレザー素材が露出しているところが写真でも確認できますよね。そもそも素材が違うので反応が違うのは当たり前です。なのでこの点に関してはまったく違和感はありません。

では上の黒点は何なのでしょう?。はっきりとは分かりませんが、恐らく何かの黒い塗料(例えばマジックなど)を上から塗っている可能性があります。ただ、正直言って何をしているかは分かりません。目で見た時に、大きな傷や穴や素材のめくれなどは特に見られないので、表面の何かが違う事だけは確かかな。

エルメスにバーキンをメンテナンスに出した時、色の染め直しとレザー表面のなめしで、ボロボロのバッグが普通の中古品といった感じに綺麗になってきたことがあります。また当店でも、革のメンテナンスを目的にレザーワックスを使用する事があります。そうすることによりスレている部分が若干目立たなくなる場合も。革靴のメンテナンスと同じ原理です。品物のメンテナンスとして何かしら手を加える事が、全て悪い事ではない気がします。ただ、上から色を塗るというのは少し微妙なラインですね。会社やその人の判断だから何とも言えないけど、当店ではこのような品物は販売できません。ただ、「悪い事だ」と言っているのではありません。完全塗装品としてヤフオク!などで色々な売買がされている現状を見ても、安さと見た目での需要はあるように思います。あくまでも、当店ではATF(全国質屋ブランド品協会)に加盟しているので、弄った商品の扱いには結構うるさく、当店の規定ではアウトなだけです。その点はご理解下さいませ。

ブラックライトで照らすと、このように目では見えない何かを見る事ができることがあります。使用する時の殆どは、ダイアモンドの蛍光性を見る時に使ってますが、たまにこのような品物の検品にも使います。品物によってはライトに反応して変化が起きるものも(例えばこちら)。という事で、本日はブラックライトを使用しての商品検品についてでした。

ただ注意点もありまして、何やらこの光は体によろしくないようです。特に目に当てるのは控えたほうがいいとか昔から言われております。私はこの真意や原因は知りませんので、ご興味ある方はお調べ下さい。

本日は以上でございます。



おはようございます。鴫原質店の弟さんです。

昨日2月8日、宮城県警の捜査第三課の担当刑事さんが当店に表彰状を届けてくれました。警察署からの感謝状警察署からの感謝状普段であれば警察署にお呼ばれして表彰されるのですが、コロナウィルス関連で私たちが外出や密を徹底して避けている事情もあり、お気遣いの上でこのような形で届けて頂いたようです。新品の額縁付きですね。

先月は宮城県のとある警察署から、別案件で社長が表彰されていることもあり、今回の表彰状は会社名(店舗名)になっているのだろうか?。その点の詳細は不明ですが、店舗名での表彰は結構珍しい事に感じます。

警察の表彰状って一般的には珍しいものかもしれませんね。でも、当店の社長さんは結構な頻度で頂いており、その社長さんの配慮もあり私が表彰されたこともあります。「何故に表彰される?」ということについてご説明。質屋は警察から許可を頂いて運営しており、警察とのつながりを昔からとても重宝しております。担当刑事が週に1度(位)は店舗に来店し各種台帳を確認していく他、私たちの方から「こんなことがあった」と報告することも多々あります。

そして今回の表彰は、「当店で買取した案件」を報告をしたことがきっかけで、とある事件が発覚し、そして無事に解決したことによるものです。被害届がでていない状況で、警察もその事件さえ知らない時の事なので、事件が発覚したのは当店の判断によるものでした。

品物を見積し、それを購入しただけのいつも通りの仕事ではありましたが、購入後すぐに担当刑事に違和感を報告、そして品物を警察にお渡ししお調べ頂いた、というところがいつもと違う点ですね。

このような場合、買取した品物は被害者へ無償返還され、買取した店舗は莫大な被害が残ります。実際に今回の件では、当店に数十万円の被害がでました。数十万円って幅が大きいですが、十の位の数字は1でも2でもありません!。(かといって3でもありません)。とにかく数十万円です…‥‥。この金額を稼ぐのに一体どの位大変な思いをするのかを考えると、心の奥底では泣きたくなる部分もあります。

そんな私との思いとは別に、質屋の社会的役割ということを常に考えている社長さんにとっては「当然の事」のようでした。宮城県の質屋組合に入っている質屋は、恐らく同じような行動をするはずです。決して盗品は質屋に持ち込まない事をお勧めます。例え自分たちが損害を受けたとしても、盗品の再流通をさせないことに努めるのも、私たち質屋の責務なのですから。

実際に当店ではこんなことが結構あります(涙)。警察署からの感謝状警察署からの感謝状感謝状も誇らしい事なのでしょうが、このような事が減るように、そして世の中が平和である事を祈るばかりです。(哀)

本日は以上でございます。



鴫原質店の弟さんです。

2月1日より、ある大手銀行の両替手数料が改定された旨のニュースを見ました。その銀行では1枚~10枚までは無料で、それ以降は枚数に応じた手数料が以前と比較すると高くなっていたようです。

このニュースに関して、多くの小規模商店に多大に影響しそうですが、質屋さんも少しではありますが関係してくるように思います。今日は、その影響があるかもしれない点について書きながら考えていこう!。大抵こういう書き方する時は支離滅裂になりますが事前にご了承下さい。

まずは当店のレジ事情から。当店の金庫当店の金庫お金を借りて頂くという立場の私たちは、お客様にはできるだけ綺麗なお札をお渡ししたい、という思考回路があります。これは先代(今は亡き母)がとても頑張っていたことで、銀行や郵便局に行くたびに古いお金をピン札に交換していました。その点については今の社長夫人が同じことをしており、当店のお札は綺麗なものが多いです。用意された新札用意された新札これは何気ない気づかいではございますが、ご利用いただく常連様には気づいている方も多いと思われます。これは完全に当店のスタイルなので、質屋への影響とは関係無さそうですが、できる限り継続していきたいと思います。

次に、質預かり品の中には古い現代貨幣が比較的多いです。時代的に貨幣の収集ブームがあり、昭和の全部の貨幣をそろえる本なども沢山見てきました。私たち世代には興味が無い昔の貨幣でも、集めいている方々にとっては趣味であり宝物です。現金価値の90~95%の金額で質預かりをしており、手間がとてもかかりますが、多くの質草として預かっております。それでも、例えば昭和時代の全年号の50円を集めたところで3千円程度にしかならず、まして1円や5円や10円を全部かき集めても、大きな金額にはなりません。ただそこに、旧紙幣(聖徳太子1万円紙幣など)が絡んでくると10万円を超える質草になることも珍しくありません。相場変動もなく現金価値が保証されているので、本当に優秀な質草なのです。

さてここからが本題です。当店がよく利用している銀行の両替手数料をWEBで見てみます。両替手数料両替手数料


大手とは違い50枚以下の両替は無料なので、現状では大きな影響は無さそうかな。とても安心しました。両替を嫌がられないように、近くの郵便局員さんと銀行窓口の方々とは仲良しにならないとね。ただ硬貨による入金(預金という意味)が101枚から結構高いことが判明。古い1円や5円を101枚入金したところで手数料を取られて元金が残りませんね。こうなると10円以下の旧現代貨幣に金銭的価値を見出せなくなります。残念ですが、この件については、今後も注意深く見守っていく必要があるようです。

両替手数料の改定には、銀行の事業収支や電子マネーの普及なども関係していると想像できます。最近の世の中では、電子マネーやクレジット決済がどんどん主流になってきてますが、多くの質屋では現金対応が主流なのではないでしょうか。販売に関しては●●PAYが使えるところが多くなっておりますが、金額上限が低い為に、現実的に当店の店頭ではあまり使用されておりません。電子マネー戦争とも考えられる各キャリアの手数料無料施策の中で、各支払方法に対して●●PAYを利用してもいいかなと思う事もありますが、ある日突然どんな手数料がかかるようになるか不明な状況が続いています。両替手数料もそうですが、ある日突然に多くの手数料がかかる可能性がある以上、簡単には踏み込めない状況で間違いなさそう。そういう視点から、現金での支払いを重宝するという、昔ながらの時代に乗れないスタイルが質屋全体で続きそうな予感がします。●●PAYで利息を払える日は来るのでしょうか(汗)?

深く考えても意味がないのは分かってるんです!。ただ、世の中の変化に身を任せ、楓のように飄々と、質屋もその変化に合わせていく必要がある事だけは、常に認識していないといけません。

あれ?何の話だっけ…‥。

最初から予想してましたが、最後の方は完全に脱線しましたかね?(笑)。修正とかしませんので、脱線したのでこのまま終わりたいと思います(すみません)。

本日は以上でございます。





1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 95