HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

1975年発行天皇陛下御宝祚50年「奉祝メダル」 京都御所の紫宸殿と高御座

鴫原質店の弟さんです。

完全無欠、全知全能、当代無双と(私が)思っているグーグル先生が教えてくれない、超絶レアだと思われる24金のメダルが買取品の中にありましたので記録用に取りあげます。天皇陛下御宝祚50年メダルそれがこの「天皇陛下御宝祚50年」と題された「奉祝メダル」(←正式名称不明)。長く続いた昭和の時代、天皇陛下に関する多くの記念品が発行されており、少し前にも50周年記念「奉祝御鏡メダル」などを取り上げました。ただ今回の記念品については先生(←グーグル)のデータにもなさそうで、個人的に色々調べあげ、完全無双のグーグル先生のデータの一部として役立ちたいと思います。

と、その前にメダルの詳細部分を鑑賞。メダルの細部の造り日本に数ある年号の中で「昭和」は最も長く続いた時代です。そういう背景もあり節目を祝うこのような記念品の数も多く、そして金価格も今ほど高騰していなかった歴史からか、豪華絢爛な造りの品が多いのも特徴です。同じものが見つからない現状では、これが一体どのくらい生産されたのか知るすべがありません。そして製作者は誰なんだろう・・・?。

もう片面のデザインはこんな感じ。描かれた紫宸殿どこが描かれているのか探してみたところ、明確なポイントがあったので「ここだ!」という場所を特定できました。描かれているのは京都御所の紫宸殿(ししんでん)だと推測します。

最初は正倉院も似てるな~なんて思ってたけど、明確な違いとなった2つのポイントがこんな部分。紫宸殿の特徴建物中央に配置された恐らく「紫宸殿」と書かれているだろう正殿の形状や構成。そして両側に意味深げに配置された植物が大きなポイントで、東に「左近(さこん)の桜」、西に「右近(うこん)の橘」が表現されています。紫宸殿は即位式などの重要な儀式を執り行う最も格式の高い正殿で 、1855年(安政2年)に造られたらしい。入母屋造桧皮葺・高床式宮殿建築による格式の高い建物で、古くは唐の都の長安を手本に造営された平安京時代があり、その復古を目指して再建されたとか。とにかくとても凄い場所って事ですね。

紫宸殿と分かれば最初にご覧いただいた面に表現された場所もつかめます。描かれた高御座屋形の形状や鳥さん(鳳凰)が配置された風景から推測するに、これは天皇が座られる高御座(たかみくら)。現在のものは昭和天皇の即位にあわせて大正2年につくられたとの事で、紫宸殿に常設されているそうです。宮内庁の専用ページ(こちら)にて、とても綺麗な実物の写真が拝見できますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

そしてこの「奉祝メダル」の大きさはこんな感じ。メダルの大きさと厚みの写真24金の重さは約45.6グラムで造幣局のマーク付き。数が分からないのが残念で、こんな事では先生(←グーグル)の役に立ってない気もしてきました・・・(哀)。というかそれらを調べ上げ先生の役に立つためには、膨大な時間を要する事になるので、これ以上の深堀はやめときます。

今回取り上げた京都御所は宮内庁の管轄で、公式ページ(こちら)に参観申し込みなどの案内がありました。直近では令和6年3月20日(水・祝)~3月24日(日)の期日で申し込みが可能なようです。京都御所の参拝ルートページを進むと京都御所公開順路という全体マップのようなものがあり、その一部をお借りしますが、青〇の印をつけた部分を見る限り、紫宸殿も参観する事ができそうだね。行きたいよ~~。

メダルの話から京都御所の話に辿りつきましたが、個人的に京都は大好きなところ。最初に訪問したのが大学の卒業旅行で、夜行バスに揺られて現地まで行き、ビジネスホテルを拠点に1週間ほど滞在してきました。その後も、大阪出張のついでに日帰り観光(一人で)などもしてましたが、時間とお金にゆとりがある限りゆっくりしてみたいところだね。ただ、その時間がないんだよな・・・(涙)。今年も始まったなど思ってたら、もう1月も終わってんだから、人生なんてあっという間。やりたい事はやったほうがいいんだけど、色々と責任もあるから全てを放棄する気には到底慣れない・・・。「〇〇改革」により働き方もドンドン緩くなった時代において、人並みに休みたいとは思わないけど、もう少し自由時間があればいいな~など、京都の話から休みの話に脳内思考がシフトしてしまいました。京都御所か~、マジ行ってみたいわ・・・。

本日は以上でございます。



2001年発行 ニウエ金貨 ピーナッツ50周年記念 スヌーピー

鴫原質店の弟さんです。

ユニークで珍しそうなコインがあったので記録用に取り上げます。珍しい金貨のついたペンダントヘットこちらはピーナッツ(←アメリカの漫画ね)50周年記念に発行された50ドルと20ドル金貨。「ピーナッツ」の主人公であるチャーリーブラウンの飼い犬がこのスヌーピー。1つのキャラクターだったスヌーピーさんでしたが、50周年記念金貨に主人公を差し置いて取り上げられるところを見ると、相当な人気者であることが分かります。

発行国はオセアニア東部にあるニウエ(NIUE)という国らしい。キヌエ金貨の表面外務省のページによると、バチカン市国に次いで世界で2番目に人口が少ない国で、2千人ほどの国民がいるとの事。日本とは2015年5月に国交を結び、国内では195番目に承認された「世界一新しい国」だそうです(グーグル先生より)。法定通貨はニュージーランドドルで、植民地時代の影響か、この金貨の製造はイギリスの民間造幣会社ポブジョイミント(Pobjoy Mint Ltd.)が製造しております。

少し気になるのは女王様のお顔が・・・。キヌエ金貨の表面の詳細画像新しい金貨なのに描写がイマイチ。陛下のお顔や表情が見えんね(汗)。

次に可愛らしいスヌーピーを鑑賞。キヌエ金貨の裏面のスヌーピー「FLYING ACE AND THE RED BARON」と書かれてますが、第一次世界大戦時のドイツの超優秀パイロット、マンフレット・フォン・リヒトホーヘン男爵のニックネームらしい。真っ赤に塗装された機体に載っていたから「RED」なんですって。ガンダムに登場するシャー専用機体みたいでかっこいいね(←皆知ってるよね?)。関係するスヌーピーのグッズなどを見る限り、彼(彼女?)が載っているのは屋根のようです。

20ドル金貨も同じデザイン構成。20ドル金貨の裏面細かい部分を指摘すれば、50ドルの方は両手がくっきり見えるけど、20ドルは片手しか見えないとか、マフラーの細かな描写がちょっと違う感じ。大きさが違うからしょうがないよね。

そして不思議なのが20ドル金貨の女王陛下の描写が50ドル金貨よりとても鮮明なとこ。20ドル金貨の表面それにしても違和感あるな。2001年の陛下のご年齢は75歳だけど・・・すっごく若々しい。個人的な推測ですが、ピーナッツ誕生50周年記念だから、50年前の25歳の女王陛下の描写なのかもしれない。2001年発行のイギリスソブリン金貨に描かれた女王様とは完全に別人だしね。イギリスのコインって女王陛下のおひざ元だから、とても忠実に描かれている感じがしてます。

最後にコインのスペックはこんな感じ。金貨の大きさ50ドル金貨は、直径約18mmで重さは約3.1グラム。20ドル金貨は、直径約14mmで重さは約1.3グラムってところ(※わずかな誤差はお許し下さい)。ニュージーランド1ドルは現在の為替レートで約90円だから、50ドル金貨は4,500円程度の通貨価値。マクドナルドのビックマックが6.4ドル(580円位)らしく物価状況は日本よりちょっと高い感じなので、この金貨を貨幣として使うとやっぱり損する事になります。

ニウエは国の知名度を上げる為に代わったコインの発行を継続しているみたいで、ディズニーやウルトラマン、スターウォーズやハローキティーなどなど、様々なジャンルで知名度が高い物が使われており、全てがネタになりそうなものばかり。とはいえ、発行枚数が少ない事もあり、国内で目にすることは少ないだろうな。面白そうなのがあれば今後も取り上げたいと思います。最後にニウエってどんな国なんだろう?と思い、もしかしたら最後の楽園か?など勝手な想像をしながらグーグルマップで散歩してみましたが、何となくのイメージは「島」でした。数分だけ散歩した程度ですが集落が見当たらないし、マクドナルドとか無さそうだし、テレビ番組とかはニュージーランドの番組が放送されんのかね・・・?。ま~訪問する機会はないと思いますが、こんな場所があるんだ!と雑学的に覚えておきたいと思います。

本日は以上でございます。



テレビのパブリシティに取り上げて頂きます。

鴫原質店の弟さんです。

数日前の1月19日の午後の事、店内でテレビのパブ撮影が行われてました。アルヨの原稿KHB東日本放送の情報番組アルヨで取り扱って頂けるそうです。火~金の午前11時35分から始まる地域の番組(公式ページはこちら)で、放送日は2月2日の金曜日。毎度お馴染みの佐藤(スタッフM君)が出演してますので、その雄姿(?)をお楽しみに・・・(←何をだ??)。

何度も書いてますが、僅か数分の番組だとしてもテレビの撮影はとても大がかり。店内の風景狭い店内は色々な役割の方々で混み合ってました。皆様いつもありがとうございます。

ついでにこの後続くパブ関連もご報告。2月16日金曜日にはMMTミヤギテレビの「OH!バンデス」(ミヤテレ公式ページはこちら)。オーバンデスの原稿これは生放送で撮り直しができない分、少し緊張しがちです。とはいえ、淡々とベース原稿を読む感じではなくなんか面白い事して欲しいな。大体いつも同じような事しか言ってなく少し飽きたし、この番組だけはテンションでハメ外しも許されそうな感じだから・・・(本当か?)。会社の説明なんてどうでもいいから、自己紹介でもしてこい!と心の中で伝えたい。

ちょっと先の話になるけど、3月14日には店内パブ撮影がもう一つ予定されてます。ちょっとブレイクタイムの原稿
MMTミヤギテレビの情報番組「ちょっとブレイクタイム」で扱ってくれるとの事。毎週土曜日午前11時35分から始まる番組で、放送は3月23日を予定してます。ミヤテレ様に2つもパブ枠を頂けて感謝ですが、2カ月も前からスケジュールが動いてるって驚きです。私が知ってる以前にスケジュールは決まってるはずなので、2カ月どころの話じゃないのかな。

情報番組の出演は見てる人も多い分、毎回何かしらの反応があってありがたい限り。放送される時間はホントの一瞬に感じますが、とても多くの方々のご協力によって成り立っています。関係する多くの方々に感謝申し上げます。スタッフM君も頑張ってね!(←仕事はもっと頑張って下さい)。

本日は以上でございます。





1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 150