HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。

前回の続きで第5回目。
(10月初旬に買取した珍しそうなものシリーズ)
本日のお品物はこちら
kinpai_1kinpai_1
大中小の金杯セットです。
重さは順番に123.7g 82.4g 48.9g。
全て足すと140万円位の現金価値があります。

裏に刻印が入っておりました。
kinpai_2kinpai_2

デパートの三越さんで購入されたものなのですね。
いったいいくらで買ったのかな~などと考えてしまいます。

ただ、考えてみれば昔は金の値段が今よりずっと安かったので今の半分以下であることは間違いないと思います。ちなみに金相場が若干あがり始めた1973年の田中貴金属の24金の販売価格は最高で1グラム1,160円、最低で1グラム690円だったようです。最低価格で考えるとインゴットの1キロバーが69万円で買えたということ。マジか!本日(令和1年10月15日)1キロバーを購入すると¥5,745,000ですから約9分の1の価格なのですね。

そう考えると、例え製品化しているといえ本当にいくらでこの品物を購入したのでしょう?などと自分勝手な解釈と想像をしてしまいます。

話を大きくするために1973年の価格を記載しましたがこの年はオイルショックが起きた年です。恐らく投資などと言っていることができない社会情勢だったとは思います。また貨幣価値や物価が違うので、金を購入できた方々のお家は相当なお金持ちだったことが想像できますね。

本日は以上です。

金 プラチナ の買取は仙台の鴫原質店まで!
もちろんお見積は無料です。



鴫原質店の弟さんです。

前回の続きで第4回目。
(10月初旬に買取した珍しそうなものシリーズ)
本日のお品物はこちら
pura_1pura_1

1972年に北海道で開催された冬季札幌オリンピックの記念コインです。
品位はPt1000で重さは70.1g。見た目の割にすごい重さです。

表と裏のデザインはこんな感じ。
pura_2pura_2

pura_3pura_3

前回の金のメダルと同じく岡本太郎さんの作品のようです。
「芸術は爆発だ~!」と聞こえてきそうな躍動感がありますね。

昨日の更新で相場や商品に関しての私見を書いたので今回はサクッと終ります。
以上。

金 プラチナ の買取は仙台の鴫原質店まで!
もちろんお見積は無料です。



鴫原質店の弟さんです。

前回の続きで第3回目。
(10月初旬に買取した珍しそうなものシリーズ)
本日のお品物はこちら
kin_1kin_1
1972年に北海道で開催された冬季札幌オリンピックの記念コインです。
品位はK24で重さは60.3g。持つとズシっと感じる重さです。

表と裏のデザインはこんな感じ。
kin_3kin_3

kin_4kin_4

そしてケースに書いてある文字と最後のお名前に注目。
kin_2kin_2

芸術家の岡本太郎さんのお名前が印字されております。「芸術は爆発だ!」などの数々の名言がありますが、この躍動感あるデザインはまさに芸術でね。でもこれをお金を出して買ってくるお客様を探すのはとても大変そうです。

 
現在、歴史的に見ても金が今までにない高値で取引されていおり、当店のこの品物の買取価格は約32万円!もし仮に5千円ほどの利益を出すために販売しようと思うと、カード手数料やインターネット販売手数料などを含めた値段設定は約35万円。貴重なものだと思うのでもちろん買ってくれる方がいるかもしれません。

ただ問題なのは24金なので相場の影響を直撃します。例えば今日(10月10日)、金価格が29円上昇しているのでこの在庫の金銭価値が1,750円上がりました!10月1日から今日までの10日間で24金の値段は110円上昇しております。つまり10日間持っていただけで6,600円も既に金銭価値があがってしまいました。持っているだけで儲かるなんてすごい事です。書いてて嬉しくなってしまいます。

もしかしたらもっと上がるかも。でもその逆もまたしかり!

明日の価値、1週間後の価値、一カ月後の価値は想像できません。5千円の利益を出すためにとか上で書いていますが、この素材の本質を考えると5千円程度の粗利設定では到底在庫として持てるお品物ではありませね。

以上でございます。

金 プラチナ の買取は仙台の鴫原質店まで!
もちろんお見積は無料です。





1 2 3 4 5 6 7 8 9 52

ページの先頭へ戻る