HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

10月の金相場と昨日の為替変動で思う事。

鴫原質店の弟さんです。

本日から11月が始まりましたね。今年ももうすぐ終わりだな~と意味不明にしんどい時期になりますが、淡々と働きたいと思います。さて、今回は10月に大きく動いた金価格について思う事を少しだけ書いていこうと思います。10月の国内金価格国内の報道では、中東での出来事で安全資産に資金が集中したという報道が多かったように思います。10月6日から月末まで国内金価格(24金)は¥1,000/グラムも上昇し、大変ありがたい事に、お店も買取と販売関連で大忙しでした。売る人が多いのは心情的に理解できますが、喜平のネックレスを購入される方が多く、今現在の在庫は寂しい状況になってます。喜平ネックレスの売却は鴫原質店をご利用ください!!(←宣伝)。尚、このチャートはいつもと同じく田中貴金属様からお借りしてます(こちら)。

報道が多い時は買取量も増える傾向にあり、普段はみる事のない珍しい品物もありました。10月に買取った品々個人的に好きな記念メダル系もあったので、写真だけ撮影しておき、暇なときにブログネタにしようと思います。

国内金価格から少し遠ざかり、毎朝必ず見ているドル建て金のチャートはこんな感じ。通貨的にドルが高い状況に大きな変化はなく、国内と同様にドル建て金も先月は上昇しており「有事の金」が発動中です。とはいえ、基軸通貨で取引される金は騒ぐほど上がってなかったりします。尚、通貨では安全資産とされるスイスフランが独歩高に!・・・安全資産と呼ばれたことのある我らが通貨の「円」は触られてもいないのか?(涙)。それが国内金価格が最高値の一つの理由かもね。ドル建て金チャートドル建ては2020年の高値である1オンス2,050ドル付近で何度か下落してますが、もしこれを超えるような事になると大フィーバーするかもしれないけど、色々なところに分散(株や債権など)しているお金がそこ(金)に集まるそんな状況は、恐ろしい事態が起こってる可能性があるので、ドル建て金価格が上がり続けると個人的には嫌な感じしかしません。(←※ドルが強い今という限定話)。ただ、アメリカの金利低下場面ではドル建て金は上昇していく可能性があるのかな。(←※金価格云々ではなく、強すぎたドルが安くなる可能性を空想してます。)

尚、ドル独歩で国内長期金利が固定で、昨年から金相場について色々書きましたが、4月位に「状況変わったかも」と記載した通り、金利やドルインデックスやら、少しづつ独り立ちしているので、国内金価格に多大な影響を及ぼすのは今後の円の強さになってくる気もしてます。(←専門家ではない個人の感想。)

昨日の朝、出社と同時に目についた日経新聞の1ページ目が衝撃的でした。日経新聞の一面金利は為替に大きく影響するのでもちろん私も興味津々。

タバコを吸う時にチラチラ見てたドル円チャートの動きが興味深い。31日のドル円の動き金利が上がる可能性からか、急に円高に傾いた午前中(←個人の見解)。その時は仕事してるので何があったか知りませんでしたが、午後からは天を上る竜の如く駆け上がり円安に振れていく状況をマジマジと見つめた一日です。その夜に植田先生(←日銀総裁)のお話を聞くと、柔軟化とは言え今までと余り変わらなよって感じで、円安に振れたタイミングは先生の会見中及びその後なので「なるほど!」と納得してしまいました。最近は慣れてきたとはいえ、為替がジェットコースターみたいに動かれると本当に大変です。(※楽天ISPEEDのスナップ写真です)

通貨価格と密接に関連する品物を扱ってるので、個人的趣味もあり色々見てますが、今後の事などは分かるはずもありません。生活に必要な貨幣ではありますが、お金儲けの手段となる一面があるのも資本主義の現実。イギリスのファンドが円高にかけると宣言したりもしてるので、どこまでもいつまでも円安というのは想像できませんが、極端なスピードで円高になるのも相当嫌な思いをしそうです。今回の件をみると、日本側にも通貨を守る力はある(←当たり前ですね)ので、植田先生の今後の発言は引き続きストーカーのように聞いていこうと思います。そして本日は、アメリカで米連邦公開市場委員会が開かれてますが、向こうの政策金利も要チェックじゃ!。世界的な商品相場はあるにせよ、為替の影響が大きすぎるので早く安定すればいいな~と思う次第です。

本日は以上でございます。



市場の準備中と3つのデイトナ

鴫原質店の弟さんです。

先週のある日、社長様がひとりで市場出品の準備を淡々としてました。市場に出品する品物最近在庫になった品物で店頭販売しないものを市場で売却するようです。この作業は結構な頻度で行われており、どの店でもやっている大した出来事ではありませんが、個人的に「あれれ?」と思った事があり取り上げようと思った次第です。

「何があるかね?」と見てみると、ロレックスが6点ほど混ざってました。日々色んなものを扱いますが、何を買ったかなどは記憶に全く残らないのは恐らく歳のせい。「こんなのあったな・・・」と僅か数日前の事さえ記憶に残ってない現象に、恐怖を覚える事さえ無くなってしまった現実が悲しい。

市場に出品するロレックス店頭で販売するかどうかはその時の状況次第ではありますが、今回は状態も加味して社長様は売却する方針のようです。(※5点しか映ってないね・・・)

そのうち3点はかの有名なデイトナ様・・・。デイトナ3点が並んでる写真ちょっと珍しい光景なので3つ揃えて記念撮影。リーマンの時もコロナの時もでしたが、何かしら良くない経済環境の時に売られる事が多い高級時計。その代名詞とも呼べる、普段は余り手に取る事の少ないこの子達が3つあるのは何事か!?。

少し珍しい状況でもあるので、折角だから身につけてみた!。デイトナ3点を身につけた写真このラインアップを試着できるのはちょっと役得な気もするが、貧弱な身分と脆弱な腕には全く似合わず、私には分不相応だと改めて自覚して少し悲しくなりますな。

一番上で記載をしてますが、このデイトナ様方については、社長方針により既に遠方へと旅立たれました。もしからした、都会の忙しいお店ならこんなことは日常茶飯事なのかもしれませんが、田舎の小さな店舗にこの短期間で集中したのは少し珍しいと感じてます。ま~日々の頑張りが実を結んだとでも思っておこう!。という流れで・・・、

「デイトナ達よ! さらばじゃ!!。」

小心者の私はもう長い事、あるかも分からない可能性を、怯えたネズミのように警戒し続けてますが、所詮は空想のタラレバからくる世界感のお話です。国内では昨年12月のYCC変更から一連の流れを受けて、長期金利(10年ね)は0.25から0.88に迫る勢いで上昇中(3倍以上)。日本の金利上昇と、海外の利上げ停止とその後の利下げの気配はヒシヒシと感じつつあり、そんな環境だと「こうなるんじゃないかな」と想像し始めるのは悪い癖です。何となくですが、すぐに別の個体が姿を見せてくれそうな予感もしておりますが、今後どうなりますかね?。

本日は以上でございます。



仙台の郷土料理「セリ鍋」の有名店「居酒屋 侘び助」へ初訪問

鴫原質店の弟さんです。

たまに個人的な日記を書いてますが、訪問した場所の紹介などもさせて頂いてます。話の始まりは10月初旬のとある夜10時過ぎ、お酒を飲んで布団でウトウトしていたろ頃に電話が鳴り響きます。長年お世話になっている東京在住のS君からでしたが、最初の一言が「飲んでますか~~~」と酔っぱらっている様子。飲みのお誘いかな?と思い「飲んでるよ・・・・」と答えると「鴫原質店の弟さん~~」と珍しく意味不明な事を口走ります。その時は、香川県高松市の質屋さんと一緒という事でしたが、その方がこのブログを読んでいるという話になり、酔っ払いが勢いで電話をしてきたようです。(←その場にいないので全て推測ね。)そんな流れの後、10月17日に仕事で仙台に来るから会おう!という事になり、昨晩の会合が開かれました。

「何食べたい」と連絡を取っていると「セリ鍋」との事。仙台はセリ鍋が有名ですが、地元に住んでいる私はあまり食べないお品書かな。グーグル先生を頼りにS君をご接待させて頂くお店を当日になんとなく予約しましたが、そのお店は「居酒屋 侘び助」様。居酒屋 侘助お店に行って初めて知りますが、多くの芸能人も来店する超有名店らしく、仙台出身のお笑いコンビのサンドウィッチマンさんがメディアで紹介した後は、他県からも多くのお客さんが来店するようで、20時30分に入店した時も満席で賑わっていました。インスタやってたので、リンク(こちら)を貼らせて頂きますので覗いてみて下さい。

仙台ではセリ鍋を提供するお店は多く、何度も食べた事はあるけれど、私のイメージのセリ鍋とはかなり違います。調理の様子鴨肉とセリ(根と茎と葉)の具材をおかみさん自らが目の前で火を通していきますが、火が通りやすい葉の部分は1人前ずつさっと茹でて提供してくれます。一人分づつなのでとても手間がかかる作業です。

1人前はこんな感じ。仙台のセリ鍋は根っこが入るのが特徴ですが、ここまで白いのは初めてかも。季節によって根の太さがが異なるらしく、これはとても細いものらしい。セリ鍋の一人前驚くことに泥臭さ(?)のようなものが無く、とても美味しかったです。

そして続くのはこれ。出汁のきいたうどんセリ鍋の出汁にうどんと卵でとても温まる一品。ホントに旨いよ!

そして最後にはこちら。出汁のきいたおじやセリ鍋の出汁にご飯を投入。おかみさんオススメのラー油との相性がバッチリ!!。マジで絶品だね。

時間の経過と共に店内のお客様方も帰路につく中、そんな状況もあってなのか、おかみさんがテーブルについて色々話をしてくれました。おかみさんの熱心なまなざしおかみさんの「セリ」に対する熱弁が長い事続き、そのまなざしは真剣そのもの。「趣味のようなブログを会社でやってて、掲載してもいいですかね?」と聞いたら、「なんでもやって!」と快諾を頂きまして、おかみさんの写真を掲載させて頂いています。

そんな話の後すぐ、おかみさん自ら、持ち帰り用にこんなものまで持たせてくれました。持ち帰った資料セリ鍋の説明記事と10月17日のメニューと名刺です。ブログ掲載用にと、持ち帰り資料をくれた方は初めてだね。バッグに入れてたので少し紙がよれてしまいましたが、微力ながら更なる知名度上昇に貢献させて頂きましょう。微力どころか、微塵の力もないはずですが、頑張らせて頂きます。

沢山説明頂いたセリに関する情報の一部が記事に掲載されていたので、このまま掲載します。セリの説明資料仕入れの話や下準備や色々な関わった方々の話など、伺った話は沢山ありましたが、感謝しながら情熱をもって仕事をなされているという点はとても印象的。ご興味ある方は、是非お店に足を運んでセリの話を聞いて下さいませ。

持ち帰り用にわざわざ持たせてくれたので、この日のメニューも掲載させて頂きます。10月17日のメニュー3人での会食なので料理も数点頂きましたが、どれもとても美味しかったよ。居酒屋というか料亭で食べるようなお品物ばかりのような気もしました。有名店なので、多くの単品料理がネット上に掲載されていますからご興味あればご覧ください。メニューも独特で大泉 洋氏も大絶賛!!です。

滞在中にちょっとしたアクシデントも。突然の停電突然全ての電気が消えて、復旧まで少し時間がかかりました。スタッフの皆様方が瞬間的にライトで明かりをともし、テーブルには明かりの補助としてロウソクを用意してくれましたが、こんな瞬間に巡り合える事はそうそうなさそうです。暗闇でハイボールを乾杯!し、ちょっと得した気分にさえなってしまいます。

これは掲載しようかどうか悩んだのですが、とても楽しかったのでアップさせて頂きます。おどるおかみさん鴫原質店のCMの歌に合わせて踊るお二方。お仕事の話から名刺をお渡しした後、おかみさんが「しぎはらっ あ~~」と歌い始め、座りながらですが踊ってくれました。一緒にやってる社長さんも笑えますが、こんな雰囲気からおかみさんの暖かい接客や人柄などが伝わればいいな~と思ってます。とても朗らかで気さくで、とてもいい体験をさせて頂きました。多くの方が通い続ける理由は料理だけではなさそうです。尚、この写真はお二人から許可を頂いて撮影・及び・掲載をしています。おかみさん、ありがとう!。

S君の「セリ鍋」要求から素敵なお店を知ることができまして、また行きたいな~~思いながら書いております。スタッフさんの数も多いらしく、おかみさんからはスタッフさんの説明やエピソードとか、「東北大学の学生さんで〇〇人いて、うちの賄食が~~~~~」などなど、そういう部分もお話頂きまして、社会奉仕的な感覚がとても多いように思えました。お店の看板混んでるお店なので毎回このようにはいかないと思いますが、遅めの時間であればお店に余裕があるカモしれないので、そんな時間でまたいきたいな。皆さんにオススメしたい仙台のお店とセリ鍋でした。次回は一人で2人前注文しようかしら。美味かったっすよ。尚、おかみさんのお話では12月まで週末(金土)は予約でいっぱいとの事です。2か月待ちか~~~凄いね。セリが食べれるのは冬から春先にかけてなので、今シーズンでもう一回行きたいなと思ってます。

最後に【居酒屋 侘び助】の簡単な情報を記載しておきます。
電話番号 022-217-8455
住所   仙台市青葉区立町6-16
また姉妹店【イタリアンシェルのいる芹鍋屋 OOMIYA】でのおかみさんの仕入れたセリを頂くことができるという事。こちらも機会があれば行ってみようと思います。仙台に来た時には是非お立ち寄り下さいませ。

本日は以上でございます。





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 143