HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。
今日は久しぶりに休日日記。2月28日の日曜日は「向山中央公園」に行ってきました。向山中央公園入口長男をスポーツ少年団へ送迎する事と、幼稚園児を遊ばせることが休日業務になっておりますが、私自身も結構楽しんでおりまして、保護者目線から公園などの施設紹介をさせて頂いております。

こちらの公園でまず目につくのは、駐車場のすぐ目の前から奥まで続くポール状の遊具。ポール状の遊具かなりインパクトがありますよね。

ただ実際にやってみると恐怖との闘いです。高いところに設置された遊具そもそもにして高すぎ!。(画像にはありませんが私も子供と一緒にやりました!)。後半は慣れて恐怖心は薄れましたが、最初はビビりまくりです。

小学校高学年のスポーツマンやサスケを目指す人にはちょうどいいと思われる難易度の場所も。とても厳しい設定地上3メートル位ありそうな高さをロープ1本で渡れ…‥という設定なのかな?。私にはできませんし怪我したくありません。またこのタイヤはどうやって渡るのか…‥。うちの子供はハンモック状態でへばりついてます。基本的に安全性に欠ける気がする。

長い道のりを進み続けると、巨大なジャングルジムの下で道が終わります。長い道のりの終了規模感が少しでも伝わればいいのですが、このジャングルジムを登る度胸がある子供は少ないようです。頂上は10メートル位あるのかな?。うちの子も一度トライしましたが、高すぎて恐怖心に勝てません。因みにですが、このジャングルジムは40年位前の私が小学生の頃からこのような形で存在してます。子供の頃の私はこれに登れていたのでしょうか?。なんといいますか、とても過酷な環境のような気がします。

滑り台を滑りきったところにはトンネルがあり、ちょっと離れた場所と繋がっています。土管のトンネルこれも昔からあってなんか懐かしい。土管の中で「あ~~~」って叫ぶの楽しい!。ついやってしまいますよね。この幼稚園児、土管の中で「緊急事態宣言」と大声で5回ほど繰り返してました。公園中に響いていたかもしれないです。この場を借りてお詫びいたします。緊急事態宣言の意味も理解していないと思いますが、それだけ耳に入った言葉なのかもしれませんね。

少し離れた場所に小さな子供向けの遊具がありました。子供向け遊具青丸で囲んだところに「さかなやさん」と、裏側には「おはなやさん」と書かれています。子供ってこういうところに何故か惹かれますよね。「いらっしゃいませー」と当然の如く釣られています。

とても広い公園で大きな広場もあります。大きな広場ボール遊びやフリスビーなどで遊ぶ方達もおりました。人ごみもなく、自由気ままに過ごせますね。

公園の隅の2か所に遺跡のような風化した施設を発見。この区画だけは遠くの古代都市にでも来たのではないかと思うほど不思議な感覚です。風化したキャンプ場どうやら竈のようですね。石のテーブルや椅子と水道の跡もあるので、ここで火を焚いてデイキャンプなんかしたのかな?。昔の子供会なんかでやりそうだけど記憶がない。苔が生えておりやっぱり廃都のようなイメージをが沸いてきます。この空間は結構好みかも、雰囲気がとても落ち着きます。

初めてこの公園に来る幼稚園児は色々なところを探索してました。意味不明な場所にコンセントよくこんなのに気が付きましたね。なんか少し切ないですが、コンクリートの土台の上に何かあったのかな。コンセントが一つしかさせないタイプに昭和の香りがします。次回はここで携帯電話の充電をトライしてみようかな?(電気泥棒!)。

とても大きな森林に囲まれたこの公園はとても自然が豊か。巨大な木の種これは何でしょう。松ぼっくりなのかな。これを見つけた瞬間は子供と一緒に馬鹿笑い。本当は持って帰りたいのですが、「園内の植物の持ち出し禁止」と色々な場所に書いてあるのでちゃんと置いてきました。

という事で今回は向山中央公園のご紹介でした。事務所があったので専門の用務員さんがいるのかも。ゴミ1つ落ちておらずとても綺麗な公園だったという印象があります。自動販売機が無いので事前に飲み物の用意が必要なのと、ゴミ箱が無かったような。またこのような公園には珍しい事に洋式便器が設置されていたので小さな子供にはありがたい。私たちは結構楽しめましたのでご興味がある方は是非行ってみてください。

本日は以上でございます。



鴫原質店の弟さんです。今日はちょっと広報活動!です。

3月1日から31日までの期間で、山形県米沢市で独自の観光キャンペーンが実施されるようです。米沢市宿泊キャンペーン東北6県と新潟県在住の方が対象となります。折角なので多くの方にご利用頂きたいと思いました。詳しくは米沢市ホームページ(こちら)でご確認下さい。

私は私生活上の理由があり、現状では旅行は行けませんが、状況が落ち着いたらゆっくりと温泉に行きたいなと考えてます。外出する事が悪い事のようなイメージさえある状況ですが、旅行もやり方次第のはず。徹底した体調管理と日常的な予防活動を継続の上、人助けと自分のリフレッシュを兼ねてこのようなキャンペーンを使ってみてはいかがでしょうか。

どうでもいい事ですが、個人的に米沢のとある旅館が大好きで、40年前の子供の頃から何度もそこに宿泊しております(機会があれば紹介してみようかな)。今はまだ苦しい状況でしょうが、私が老人になった時にも泊りにいけるように、今は頑張って!と心から応援する次第です。

また宮城県でも同様の動きがあるようです。25日の宮城県議会で村井知事が表明しておりましたが、観光補助キャンペーンを予定しているとの事。正式な日時や条件は今後発表されるのでしょうが、感染予防の上で多くの方にご利用頂けたらいいですね。ちなみに私、宮城県では鳴子温泉と作並温泉のお湯が好きかな!。

本日は以上でございます。



鴫原質店の弟さんです。

今回はちょっとした悪あがきのお話です。目の前にシチズンのエコドライブXC(クロスシー)という時計があります。外装に目につく大きな傷もなく綺麗なお品物です シチズンクロスシーエコドライブとは、わずかな光を電気に変えて時計を動かし、余った2次電池に蓄えるシチズン独自の技術(←メーカーHPより)。蓄電量も多いので普通に使用していたら止まることもなく、また時間の狂いもなく、そして更に軽い時計が多い。手間いらずの故障が少ない時計で私が好きな部類のお品物。きっと喜んで購入してくれる人がいるでしょう。ただこの商品には問題があり、ソーラー充電を長時間しても数秒に1回秒針が進む電池切れの症状が改善しません。よくある話ですがバッテリーの寿命です。

シチズンの腕時計は裏蓋に機種番号(キャリバーNo)が書いてあります。裏蓋の刻印この機種番号をもとに、シチズンの修理センターのホームページで修理代を調べてみたところこんな感じ。メーカー修理代金1万7千円か‥‥‥、この値段が高いとは思いませんが往復の送料や税金を考えると2万円超えます。その値段を原価に上乗せしてこの商品が売れるかどうか、なんだか微妙だな。

ヤフオク!でクロスシーの落札値段を調べると数千円(涙)。もちろん外側が傷だらけなので安いのですが、この商品を修理したところで果たしていくらで売れるのか。それ以前に2万5千円以上で買ってくれる人がいるかを考えます。ちなみに、修理代を考えるとこの2万5千円が原価となり、ネットでの販売手数料などを考えると2万8千円で売れてトントンです。

私の中でこの値段はあまり現実的でないので、自分で何とかしようと試みます。時計内部の様子裏蓋を外すと案外普通の構造です。

問題はコレ!専用バッテリーUT621充電可能な二次電池(バッテリー)。話は単純でこれを交換すればいいだけの話です。専用端子UT621と刻印されたこの蓄電池の裏面には、専用端子がついており同じものを探す必要があります。バッテリーを外した機械因みにバッテリーを外すとこんな感じになっており、溝に専用端子を差し込む構造になっております。

そして問題のバッテリーを探してみます。調べてみると日本の企業であるFKD株式会社さんが製造した製品のようですが一般小売はされていないとのこと。2000年中盤には三洋電機でも製造されていたという記事もネットで見ましたが、いずれにせよ手に入れられるかどうか。とあるホームページでシチズン純正部品925―7701という名前の部品という事が判明するも、1時間位色々探しても販売しているところを見つけられませんでした(涙)。

ということで、とても残念ですが小売りを諦めます。2次流通の市場でセイコーやシチズンの優秀な電波ソーラー時計が安く買える理由がこれなのかも。部品がないので自己修理が難しく、更には修理代が商品の2次流通価格よりも高い状態。また、部品の供給が終わればメーカーでも修理できなくなるものもあるようでした。技術者であればバッテリーに着けられた端子を、別バッテリーに溶接して利用することも可能でしょうが、同じ規格のバッテリーがあればの話。それ以前に、私にはそこまでの技術がありません。

ということで、動いていない又は動作不良のソーラー時計を買取するときは、それ相応のリスクをちゃんと考えて見積しましょう!。シチズンの純正部品でも、インターネット上で購入が可能なものも多く、事前に調べるというのも一つの手かな。ということで残念ではありますが、今回は損切決定でジャンク品として処分して終わりにします。部品あればいいのにな‥‥‥(哀)。

本日は以上でございます。





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 95