HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。

店頭に宝石を並べるまでの私の仕事の流れですが、最初に値札を造り、傷消し(表面研磨)、バフ粉の洗い流し洗浄、油落とし洗浄、写真撮影、画像の加工、というような工程を全て終えた後、値札を商品に付けて店頭に陳列します。

本日は、写真撮影までやったのに店頭に出せない商品をご紹介。それがこちら。

ラニエールの写真ラニエールの写真

カルティエのラニエールというリングですが、面取が多く研磨作業がとても大変です。研磨機との接触面を平行にして1面ずつこまめに磨いていかないと、面の角が丸くなってしまうので、地道に磨いていく必要があります。研磨をおこなった後にバフ粉を洗浄して、目につく傷があればまた研磨するという事を繰り返す為、この指輪の研磨作業だけで30分以上かかってしまいました。

それが終わると写真撮影!マクロレンズで見て気になる傷があると、研磨粉が入ったクロスで表面をなめし、できれば肉眼では見えないようにしてあげます。マクロレンズを通して物を見ると実物の数倍大きく見えるので、研磨や掃除などは撮影時は頻繁にやっている感じがします。

写真撮影も終盤に差し掛かったとき、撮った写真をみて違和感を覚えます。それがこの2つの画像です。

違和感がある画像違和感がある画像

この品物のサイズ表記は「49」(日本でいう9号)なのに、サイズ棒にさしてみると7号しかありません。カルティエのリングで、49の表記で8号とかは結構頻繁に見てきたのですが、2号も違うものを見たことがなく「こんなのあるのかな~」と皆に問いかけてみました。

(次の瞬間)

若手スタッフM君は「偽物なんじゃないですか?」と、、、、、そして社長さんは「刻印や作りを見てもものは大丈夫だ」といいます。私は「こういうのもあるのかな~?でもお客さんは納得しなさそうだから業者売りかな?」というような話をした直後、社長さんから「サイズ変更してない?」と強烈な発想がありました。

(数秒考えました)

ラニエール、、、、、、サイズ変更なんてできる訳がない!デザイン的に無理だし、、、、など思った後、撮影した画像を一応みてみたら。

サイズ変更の証拠サイズ変更の証拠

切った跡がある・・・・・・・・・。

サイズ変更するんか! というかできるんか!
信じられん(T_T;)です。

色々手を尽くした後の検品で、店頭販売をしないという商品はバッグなどでは多いです。ポケットの中の汚れやファスナ回りのトラブルなど、パッと見て分からないものが理由だったりします。今回のこの指輪に関しては、デザインの特徴上、サイズ変更?というか指輪をぶった切ることなどできないという概念から、このつなぎ目を最初から最後まで見ることができませんでした。

お客様に売ってからでは遅いのでとても良かったですが、先入観って怖いですね。手を加えたこの品物は当店で販売することはできません。業者売りか、はたまた金塊への道筋をたどるのか、少し考えてから少しでも高く売れることを模索したいと思います。



こんにちは。鴫原質店の弟さんです。

本日は小学校の授業参観がありまして、暫くぶりで母校に行ってきました。1年間を通じて色々な行事があるので、訪問する機会は比較的多いですが40年経っても全く変わらない風景がそこにあります。

授業中は、最初こそ恥ずかしそうにチラチラとこちらをみることもあり私を意識しているようですが、少し経つと普段の姿が見れらます。

子供の風景子供の風景

色々と思うところはありますが、一応元気でやっているようで安心します。

教室の中には、子供たちが書いた絵や習字など、学校の課題になったものが色々と貼っており、自分の子に関わるものはしっかりと見てきました。

子供の書いた絵子供の書いた絵

一体これは何を書いたのだろう?笑ってはいけないのですがどうしてもにやけてしまいます。早速、家に帰ったら「あれは何を書いた?」と弄ってあげましょう。

(苦笑)

1番上の子の時(10年前)は、何となく親の責任感なのか、はたまたそれが正解と思っていたのか、「勉強しろ」「ピアノしろ」「習い事しろ」と様々なことを強制的にやらせておりました。その反動もあり、2番目に関しては今はもう好きな事だけをやらせており何かしら強制するのを止めました。意味不明な親子同士の喧嘩も無くなり、幸いにして、習い事にかけていた時間を友達と遊んだりスポーツ少年団でのバレーボールを楽しんでいるのでとても安心しております。

私は第二次ベビーブーム世代で、その頃は学歴至上主義的な雰囲気もあり、親戚同士でも「誰がどこの高校に入った」とか「大学がどこだった」とかそんな話ばかりだったのを覚えてます。偏差値の高い高校に入り、有名大学に入り、有名企業に就職する事が人生の一番いい事のようなイメージ教育があったのではないでしょうか。その為、私たち兄弟も高校は進学校にいきました。

親が子供の事を思い教育するという環境はいつの時代も変わらないとは思いますが、あくまでも私の考え的にですが、競争する人数が恐ろしく少なくなっている現状があります。母校の小学校の生徒数は私の時の4分の1程度の人数しかおりませんし、恐らく全国的な現象なのではないでしょうか。「今は補欠だけども、いつかレギュラーに」と努力した運動部………..そんな私たちには当たり前だった事さえ、この子たちの世代で容易に体験できることではありません。野球やサッカーやバレー、吹奏楽部や合唱部などのチームを組むことが難しい人数でなんですね。

この人数が少ないという事は、今後の全ての選択肢において競争の少なさを想像させます。例えば、多くの卒業生を世に送り出してきた有名私立大学でさえ学生の奪い合いになりますし、果たして維持が可能なのでしょうか?。それは日本の職場や仕事にまで影響していく可能性があると思いますが、いったい今後どうなりますかね?

まぁ~色々と個人的な考えにすぎませんが、小さい時は明るく笑って楽しんで、生きる力を身に着けてもらいたいな~と思うところです。何度も反省しまくってそんな適当な感覚になってしまいました(笑)

さて、色々と楽しかった小学校の授業参観ですが、これは少し気になりました。

人ごみ人ごみ

窓を開けて換気はしてますが何となく密のような気がいたします。子供達の制御などはとても大変なことですが、先生方に踏ん張って頂きたいと思います。そして親に課せられた一番の義務は「学校行く前の検温」なのだと感じました。

以上



鴫原質店の弟さんです。

先日、ROLEXを買い取りさせて頂いたとき、その付属の保証書に関して若手スタッフのM君が「これなんですか?」と不思議がっていたので取り上げてみます。

ROLEXの保証書の形も時間の経過と共に変化してきました。昔から見ているとごく当たり前の知識として残っておりますが、見たことがない場合は知らないのは当たり前ですね。

今回の保証書は2002年に購入(及び製造)の品物に付属するものです。

ROLEXの保証書ROLEXの保証書

90年代及び2000年初期に日本の正規代理店で購入したものには、このような紙の保証書が発行され、販売店名と購入者の住所と氏名が印字されております。色々な国で販売された保証書を見てきましたが、日本独自の保証書のようですね(間違っていたらすみません)。個人情報が明確に記載される為に、このままで次のオーナーにお渡しすることができないので手を加えって個人情報を消してしまいます。

情報の消し方情報の消し方

私の場合ですが、油性ボールペンで一通り線を引いた後、その上を鉛筆で全部塗りつぶし、最後に油性マジックで塗りつぶしております。そうすると光に照らしても裏から覗いても、もともとあった字を解読することはできません。

ROLEXの相場は海外相場とも連動しており、海外の方は手を加えた保証書を嫌います。その為、海外で購入した保証書がついている製品と比べ、日本の保証書がついているものは数万円の減額になることが殆どです。プレミアがついている高額なものだと10万円以上の価格差になることもあります。海外の方が決めたルールではありますが、なんだか複雑な気分ですね。

 

因みに同年代に海外の正規代理店で購入された製品にはこのような保証書がついておりました。

海外の保証書海外の保証書

販売店名と購入日がしっかりと書かれておりますが、購入者の住所は記載されません。その為、基本的にいじくる必要はないです。因みにこの保証書にブラックライトを当てるとこうなります。

ライトで反応ライトで反応

マークの半分だけが紫外線に反応して暗闇でも反射します。保証書がついているから安心だ!というような傾向がとても強いですが、ROLEXの保証書の偽物なんて何度も見ております。このような特徴を明確にしておくこと、そして特に印刷方法に大きな特徴があり、ただのカラープリンターで印刷したような印刷物ではないことを理解しておけば偽物の保証書などにはひっかかりません。(嘘だ~と思う方もいると思いますが、何度も普通とは全く特徴の異なる保証書をみてきております。)

 

最後に、こちらは2006年頃に海外で購入した商品に付属した保証書です。

保証書のみ保証書のみ

この保証書と対になる品物は残念ながらございません。ですが、なんとこの保証書だけで少しですがお金になります。購入した方がいったい何に使うのかは想像さえできません。もしかしたらですが、印字をうまく変えてしまう事でもできるのでしょうか?どうしても悪い方向に思考が傾いてしまいます。

 

中古品(二次流通品)を買う際に、保証書や領収書などがあれば安心なのは私自信としてもよく理解できます。ただ、そこに付け込んで悪戯をすることも十分可能な上、とても簡単にできてしなう事なので、付属品だけで商品を選ぶという事は危険なことかもしれません。商品の状態や付属品、商品価格や店舗選びなど複合的にみて、総合的に製品として一番お買い得なお品物を選ぶことが二次流通品を購入する際に最も重要なことだと思います。

以上

※書いていて、別な方向へ話を進めてしまったので、今回は消しました。次回の更新でそのお話を書かせて頂きます。





1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 76

ページの先頭へ戻る