HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

おはようございます。鴫原質店の弟さんです。

先週の買取品にこのような指輪がありました。古物のデザインリング石も入っていないデザインリングですが、何やら見慣れぬ刻印があります。リングの刻印この刻印から分かる事は「ジュエリーマキさんの商品」で「18金」で造られている事。そしてP.T.D‥‥‥って何だ???。インターネットでググってみると、所説あるようですが、そもそも所説ある時点で情報として不信感があります。

興味と後学の為にプラチナの品位を調べてみる事に。リングを破壊先ずは破壊します。だた行動あるのみ。

バッチリと刻印がある部分を使って比重を計ってみます。金属の比重大気中での重さが「0.78グラム」、水中での重さが「0.73グラム」という画像ですが、実は水中の重さが安定せず「0.72」と「0.73」を彷徨います。

何度も書いておりますが比重は(大気中での重さ)÷(大気中での重さ-水中での重さ)で判明します。

これに当てはめて、両方の重さで比重を計算します。
比重=(0.78)÷(0.78-0.73)=15.6(←60%位がプラチナ?)
比重=(0.78)÷(0.78-0.72)=13.0(←45%位がプラチナ?)
ダメだ‥‥分母も分子も小さすぎて数値があてにならない。

重量を増やす為に指輪をさらに破壊します。指輪を更に破壊資源の採掘みたいで楽しかったりします(笑)。

そして重量を増やして再度比重を計算。比重の再計算比重=(1.71)÷(1.71-1.59)=14.25(50%位がプラチナ?)

実験的にやってみましたが品位は推測の域をでませんね。重量が絶対的に少なすぎて無理です(開き直り!)。しかしながら、この数値だけを見るとPTD刻印は「半分くらいがプラチナ」という認識で問題無さそうな気がします。でもどうなんだろ?、比重だけではあてにならないのか?。そもそも本当にプラチナが入っていたらの話ですよね。「そもそもこれがプラチナなのか」と疑う事を忘れてました…‥‥(←色的にプラチナに間違いないと思いますけど一応ね)。

なのでついでに硝酸テストも試してみます。試金石と硝酸画像のように3カ所の部分を試金石にガシガシと擦りつけました。そして硝酸投入。硝酸テスト左側だけ極端に薄くなりましたがどの部分も一応痕跡が残ります。部分的に品位が少ないとかはありそうな感じですね。プラチナは硝酸に溶けないという科学的根拠により、PDT刻印はプラチナが入っているということが分かりました(パラジウムかもしれないけど‥‥)。そして品位についても大方の想像がついたので実験を終了します。

長々と書いておりますが、この実験って2分位で終わります(笑)。でも記事化するのは、写真撮ったり加工したり文章書いたりで多分2時間以上かかりました(汗)。そのうち社長さんから「真面目に仕事しろよ~~」と言われますね。でも、P.T.D刻印はプラチナ40~50%を想定して買取すれば大丈夫という事が分かったので、とても重大な仕事をしたのではないでしょうか!。

そしてこの件を地金屋さんにしっかりと確認しました。取り扱いはインゴッドの値段の45%、実質プラチナ50%で扱うということです。実験の推測通りです!。「最初から聞けばいいのでは?」とか思う方がいると思いますが、自分で解決する努力が大事だと私は思います。

最後に、取り扱い品位については地金屋さんによって変わる可能性があるので、取引先への事前確認をお勧めします。また店舗の運営方針なども異なるので、鴫原質店はP.T.D刻印をPt500で扱うだけで、このことが一般論ではないことをご承知下さい。扱わないという対応もあるかもしれませんしね。

本日は以上でございます。



鴫原質店の弟さんです。

今日は小さな質屋(当店の事)のちょっとした裏事情。これは2月12日の金曜日の出来事でした。

お店の開店は10時からですが、若手スタッフM君が9時半頃より通信販売の売上チェックをしておりました。「大変だ~」と唸るM君。今日は何故か知りませんが通販でいつもより多くの発注があったようです。そして午前中の早い時間から梱包作業が始まります。梱包作業の様子

それだけをやっている訳ではないので、最終的に終わったのは15時位。梱包された商品皆さんお疲れ様でした。梱包された商品数時間も梱包作業をするのは本当に大変だよね。

最終チェックをしていると以前ご紹介したギター(詳しくはこちら)の大きさが規定より大きい事にM君が気が付きます。梱包の大きさの調整梱包した段ボールを再度開封し、色々な調整の上で既定の大きさまで減らしておりました。繰り返しますが本当に大変な作業です。

終わった後の喜びのダンス?。喜びのダンス?仕事後の運動?。梱包用紙を振り回しております。単調な肉体労働にも見えますが、実はかなりきめ細やかな作業だよね。とにかく最後までお疲れ様です。

この業界の方であれば、「この量でそんなに大変なの?」と思う方もいると思います。でもね、町の小さな質屋の当店なんてこんなもんです。1日にこんなに注文が入る事などめったにありません。それにそもそも人数が少ないので、多すぎると大変なんです(笑)。

どこの会社も同じだと思いますが、店舗での売上と通信販売の売上比率が以前と比較すると大きく変わり、通販での売上がどんどん伸びております。それに伴い、仕事内容も随分変わってきました。私の場合だと清掃全般(ジュエリーや時計の磨きやバッグ掃除確認)、写真撮影および画像加工を一日中やっており、電話対応やお客様が来ない限りはエンドレスでコンピューターと睨めっこ(哀)。閉店間際は手が吊りそうな時も多いです(もう歳か)。数年前は一日中店頭で接客やら会計やらしていた日もあったのが懐かしい。個人的には人の繋がりがあった昔の方が好きですね。

スタッフにより仕事内容は違いますが、会社にいる時間は全員がコツコツと地道な作業をひたすら繰り返します。売っているものは華やかかもしれませんが、仕事内容は毎日がとても地味。ただ、それらに費やした作業の分、売上が付いてくるので時間効率も労働時間も大切です。

通信販売に関する規制などが新しくできない限り、この傾向は今後も続いくのでしょう。世の中の流れに合わせて、ただ頑張るしかなさそうです。

本日は以上でございます。



鴫原質店の弟さんです。

一昨日の地震は本当にビックリ!、嫌な事ばかり思い出しました。幸いにも当店では大きな被害はなく、展示してある財布や展示物が倒れた程度です。整理し終わった店内開店前に皆で整理し、朝から普通営業ができました。社長様と社長夫人が休日返上で整理してくれたおかげですね。感謝!。

今回の地震は東西に大きく揺れたようです。倒れなかったショーケース上の画像の青丸のショーケースは、東日本大震災の時に母と私の二人で支えても瞬間的に倒れてしまいました。今回は揺れる方向の関係で無事に残ってくれたようです。家の中の落下物などをみると、落ちた場所と落ちなかった場所の違いはどちらを向いていたかで違っていたように感じられます。何にせよショーケースが無事で良かった。

本日は年金の支払日ということもあり、朝から多くの方々が来店されました。偶数月の15日は朝から忙しい事が、昔から質屋あるあるのお話です。また常連様が当店を心配してご来店頂き、何故か時計を買って下さりました。普通に営業できていることに本当に感謝してます。電気止まらなくて良かった!(電気がないとシャッター開きませんから)。

「令和3年東北福島県沖地震」とインターネットで調べると、ふるさと納税を使った寄付金受付が始まっております。まだ福島県のある地区限定での支援ですが、今後の被害状況によっては支援先は増えていくのではないでしょうか。私はとりあえず、ここの自治体(宮城県内の市町村)の復興支援が立ち上がればそちらに寄付(納税)したいかな。もしそれがない時には、あるものから支援先(納税先)を選ぼうと思います。被災地の方々の日常が普通に戻ることを心から願います。まだ余震が続くとは思いますが、皆さまご自愛下さい。

本日は以上でございます。





1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 95