HOME > スタッフブログ > 

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。

昨日の7月19日はしばらくぶりで晴天の休日でしたね。折角ですので早朝より子供達を連れて冒険公園に行ってきました。雨が続いたので水たまりも沢山あり遊ぶスペースは限られていましたが、気温も高く清々しい時間を過ごすことができました。
20200720_120200720_1

朝9時頃だと殆ど人がいないので、色々と余計な心配をする必要もありません。20200720_220200720_211時くらいになると少し混みあってきたので逃げるように帰路につきました。

 

さて、ここからが本題です。
公園に行く前にコンビニでアイコスを買いましたが、レジ袋が有料になっておりました。
20200720_320200720_3

7月1日からレジ袋の販売が義務化されておりましたが、コンビニにはあまり行かないのでこれが初体験です。スーパーではレジ袋を買うのが当たり前なので、何も違和感や苦痛などもありませんが、価格設定に大きな疑問を覚えます。

コンビニやスーパーのビニール袋って、基本的にゴミ袋に使うことが多い私としては、大は小を兼ねるもので、できれば大きい方がありがたいというのが本音。お金を払うことで大小が選べるようになるのであれば、遠慮なく大きい方を選んでしまいます。

 

その結果、アイコス2個を入れたビニール袋がコレ……。
20200720_420200720_4

もともとの発想は、環境保護の為にプラスチック製品の排出を減らす目的でこのルールが創られましたが、私の行動パターンだとあからさまに環境に悪い影響を与えてしまいます。レジ袋を購入したときは損得勘定で大きい方のゴミ袋を購入してしまいましたが、根底にある環境問題という概念を忘れており少し反省します。

 

とはいえ、ポリエチレンテレフタレートという種類で造られているペットボトルというプラスチックに比べれば、こんなレジ袋など大した量ではない気がするのも本音。再利用が可能なペットボトルと比べるのはおかしいとは思いますが、やるからには徹底しないと心底考えさせられました。

 

経済活動を触媒にして環境問題に取組むのであれば、いっそのことプラスチック製品の購入は消費税を上乗せなどし、普段の生活から徹底して減らしていく必要もあるのではないかと私なりには思いますが、そう簡単な問題ではないのも分かります。何にせよ、このルールを真剣に創った人たちは、このルールによりどれだけの効果があったかの結果検証も合わせて追及して頂きたいと思います。せめてビニールの大きさで価格差をつけるなども必要なのだと思いますが。

 
2度目になりますが、大きい袋を購入したのは反省しております。恐らくですが、一番小さい袋の5倍のプラスチック量くらいはあるでしょう。でも、車で移動している時のゴミ袋としてとても重宝してきたのも現実。いっそのこと、スーパーやコンビニなどでは、リサイクル可能なペットボトルの小さな買い物カゴ(器みたいなもの)や簡易ごみ箱を、数十円で販売する商品として開発して頂きたいものです。儲かるかどうかは別として、需要は必ずあると思います・・・・・私だけでしょうか?

鴫原質店の弟さんです。

私は、子供の頃から温泉好きの母親と色々な温泉に行ってきたこともあり、今でも連休があればどこか泊まれるところを探すほど温泉大好き人間です。とはいえ、そもそもカレンダーの赤い日がお休みで、連休はあまり無く行ける機会は少ないのですが・・・・・。

 

少し関連する事ですが、今日は山形の米沢市が今日から開催するキャンペーンの紹介。20200715_120200715_1今回は、東北6県と新潟県民の宿泊なら割引が受けられるというキャンペーン内容になっております。「今回は」と書いたのは、前回も前々回もあったからです。米沢市民限定割引とか山形県民限定割引とか、短いスパンで宿泊施設を支援するキャンペーンが5月以降続いており、観光業界の生き残りをかけた施策が細やかに続いています。

もちろんそれには訳もあり、コロナウィルスの感染が拡大していた4月後半から5月11日まで、山形県の依頼により山形の宿泊施設の殆どが休業したという経緯もあります。宿泊施設がなければ、県内のコロナウィルス拡大も防げるという理由からでしょうか。その後は観光業への補助が手厚く続いているのが現状です。ただ、県内の人を継続的に受け入れるだけでは温泉旅館は維持できません。他県からの宿泊も招き入れたい為、今回は東北6県と新潟という隣接県からも呼込むような形式になったと推測します。全国区で行き来するのではなく、このような地域限定で動くキャンペーンは現状では理想的なのかもしれませんね。

 
とてもいい内容なのに、あまり知られていなさそうなので取り上げてみました。リンクを貼るので詳しくは米沢観光コンベンション協会のホームページ(こちら)で確認下さい。政府が行う「GO TO キャンペーン」と併用できるのかな?宮城県のキャンペーンではできるみたいだけど。宿泊証明書が貰えれば申請ができてしまう制度なので、詳しくは旅館に聞いてみましょうか。そもそもにして、地域のニュース枠でコロナウィルスの発生件数や火事や事故などばかりでなく、このような地域の情報発信なども取り上げてくれればいいのになと感じます。他県の人は、どうやってこれを知ることができるんだろうか?

 

宮城県の環境キャンペーンも取り上げてないのに、「何故米沢?」と思いますよね。

 

私の大学の先輩が、米沢の小野川温泉の「鈴の宿 登府屋旅館(ホームページはこちら)」を営んでおり、その方が言っていたことが印象に残ったからです。ご本人がユーチューブでいくつかの視点から現状のお話をしております。リンクを貼るのでご興味があれば【こちら】をご覧ください。業種に関わらず、多くの方々に関係する話なのかもしれません。因みにこの若旦那さん、昨日(7月15日)23時からテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」にリモートで出演したそうです。テーマは「GO TO キャンペーン」ということ。現場の生の声を継続して発信して頂きたいと思います。

 

色々なご意見があろうとは思いますが、来週の連休に米沢市に宿泊しに行こうと決めました!キャンペーンもやっていてお得に宿泊できますし、昨日の夜、旅館に「行ってもいいですか?」と聞いたところ、「是非いらして下さい! ほぼ万館で東京からのお客様もおりますが、感染対策はしっかりとしていますのでご安心下さい」と歓迎されているようでした。

体調管理と検温をしっかりと継続的にした上でマスク着用して、久々のお出かけでを楽しみたいと思います(笑)。業種に関わらず皆が大変な時期ではありますが、この機会に是非米沢市に行ってみてはいかがでしょうか。


ページの先頭へ戻る