HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。
話の流れは質屋に質入れできるもの紹介その1(こちらから)でご確認下さい。

鴫原質店では楽器の質入れが可能です!
gakkigakki

ただ、私たちは楽器の音を奏でるなどの知識は一切ありません。しかも、単純に楽器というジャンルで考えてみても、価格帯もとても幅広い上、昔の物から現行モデルまでものすごく膨大な種類のお品物がありますので、それらを全て覚えることは私にはできません。いわゆる専門家ではないので相場表などを参考にしながら価格をつけたりしております。

ただ、大抵の楽器にいえることですが、新品で購入した金額に比べると、中古で取引される金額はさほど高くはありません。それ故に、安価な値段で楽器を売却するよりは、一時的に質屋に質入れして受けだされるという方が多いように思います。

質草として入っている品物の種類をみると、ギター関連やバイオリンなどの弦楽器やサックスやフルートなどの木管楽器などが多いです。

楽器なら何でもできるか?というとそうでもありません。大きいものは預かるスペースがないので当店では受け付けておりませんし、中古市場では2次流通価値があまりない楽器も沢山あるので、お電話などで問い合わせて頂ければと思います。

ちなみに、20年以上当店の蔵に保管されているドラムセットなどもあり、ちょっとした倉庫代わりにご利用いただいているお客様もいるのが現実です。昔から預かっているので置いてありますが、スペースの確保が難しいので今は受付ができません。限られた蔵のスペースなのでご理解頂きたいと思います。

 
最後にいつもの締めの言葉です。
楽器の質入れは鴫原質店へ。



鴫原質店の弟さんです。

少し前にデイトナのお話を書いてみましたが、その続きです。
(前回のブログはこちらをご覧ください)

 

買取実績でさらりと更新しておりましたが、またデイトナを譲って頂きました。
ROLEX 116520 デイトナ Z番
20200203_120200203_1

付属品もそろっております。
20200203_220200203_2一度見積しお持ち帰りになられたのですが、数日後にまたご来店頂いて譲って頂きました。本当にありがたい事です。前回のブログは、デイトナが店頭に何本かあるという内容のものですが、何本でもまだまだ買い取れます!

 
デイトナに限らず、どんなものでもまずお見積をしっかりするようなスタイルをしておりますので、時計売却の際には当店にもお見積をさせて下さい。色々な店舗で見積もりを取ったのち、お客様が一番お気に召したお店で売却頂ければいいと思っておりますので、本当に気軽に見せて頂ければいいと思っております。

腕時計の買取は鴫原質店へ!
お見積は何度も書いてますが無料です。



鴫原質店の弟さんです。

2020年2月2日の休日日記です。子供を遊ばせただけの普通の休日だったので訪れた場所のご紹介になります。

お昼くらいに仙台市 南小泉交通公園(詳細こちら
200203_1200203_1このブログで書いたことがあったのかどうか記憶にありません。実は先週もこちらで遊ばせて頂きました。次回この場所がブログで出てきたら施設紹介させて頂きます(今日は他に紹介するところがあるので)。

簡単に言うと、子供にとっては自転車とゴーカートに無料で乗れる場所であり、大人の建前は子供に交通ルールを覚えさせることができるところです。駐車場が少なく、たまに割込み合戦から始まる大人の醜い口論が見られます。そして外に設置されたトイレには紙はありませんので事前準備が必要です。

 
その後、仙台空港 臨空公園(詳細こちら)へ

200203_2200203_2この公園は遊具が少なくとっても小さな公園ですが、トイレや自動販売機などもあり綺麗に整備されております。トイレにトイレットペーパーがちゃんとある時点で市町村が管理する公園においてはとても素晴らしいことですね。

また、仙台空港の滑走路のとなりにあるので、飛び立つ飛行機やヘリコプターなどが何度も繰り返し見ることができます。
200203_3200203_3たった十数秒の事ではありますが、轟音とともに飛び立つ飛行機を見ることができるので、私も子供も飽きずに長い時間滞在できます。またこの辺りは、遮蔽物が殆どない平野の為に見晴らしもよく、天気が良ければベンチに座っているだけでも気分がいい感じです。ご興味があれば是非行ってみてください。

実はこの辺り一帯は東日本大震災の時に津波被害にあった場所でした。そして震災から数か月間は、津波被害にあった車両や沢山の廃材が色々な場所に重なっていたことを覚えております。復興作業は今も続いており、しばらくぶりで訪れたからこそ気が付いたのですが、公園に行くまでの道路が新しくできておりました。200203_4200203_4また公園の隣には新しく巨大な防災施設が建設されており、少しずつですが変わりつつあるようです。

復興という言葉は今でも聞きますがなかなか一筋縄ではいきません。仙台空港までの道路には昔のようなひと気はありませんが、以前のようになわいのある道に戻る日が来ることを願うばかりです。





1 2 3 4 5 6 7 8 63

ページの先頭へ戻る