HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。
本日は前回告知していたので、質屋の道具「時計オープナー」をご紹介します。色々なオープナー色々なオープナー
机の中に入っている物をさらりと集合させてみましたが、厚みや幅や強度などが異なる色々な種類のものがあります。机以外の場所をあちこち探せば、同じような物がもっといっぱい出てきますが手間がかかるので省略します。

いっぱい引っ張り出してきた割に、私が使うのは主にこの2つです。2つのオープナー2つのなオープナー

簡単に使い方を説明します。一般的なクォーツ(電池時計)の裏蓋を見た時にこのような構造になっているものはとても多いと思います。時計の裏蓋時計の裏蓋これを開けるのに使うのが、銀色のごっついオープナーです。時計の直径はものによって異なるので、オープナーの真ん中のネジを回して幅を変更し、時計のサイズに合わせてから使用します。オープナーの形状オープナーの形状また、裏表で抑える部分の金具の形状が異なり、品物に応じて使用するほうを選びます。

後は時計裏蓋のくぼみに合わせて気合を入れて回すだけで、ネジ式になっている裏蓋を開けることが可能です。オープナーの合わせる場所オープナーの合わせる場所何気に重要な点は、裏蓋にオープナーを合わせた後にもう一度オープナーの幅を絞る事。それをしないと力が加わった時に、ずるっと滑り大きな傷をつけてしまう可能性があります。

次に茶色い方のご説明です。人によって使い方は違うと思いますが、私はこのようにもって使っています。オープナーの持ち方オープナーの持ち方赤丸の部分を小さなハンマーで一気に叩き裏蓋をこじ開けます。

テコの原理でこじ開けるのではなく、裏蓋の下にオープナーを入れ込むイメージです。伝わりずらいので簡単に絵を書いてみました。力の伝わり方力の伝わり方力の伝わり方だけをイメージしたとき、「〇」の方向に力を込めることで裏蓋が開くという図なのですが…伝わらないかも(汗)。「×」と書いた力の加え方は裏蓋を変な方向へ捻じ曲げる可能性があり、おすすめしません。ステンレスの強度が弱い時計、例えばエルメスのクリッパーなどは「×」の方向の力では開けることができず、裏蓋が変形するだけで時計を壊してしまいます。

一応、この知識は時計技工士研修で学んできた事なので間違いではないと思います。そして、自分で色々やってみても失敗する事もないのできっと正しい方法なのだろうと思っています。(間違っていたらすみません。)

最後に、こんな特殊なオープナーもあります。不思議な形のオープナー不思議な形のオープナー昔の時計の一部では、このオープナーで引っ掛けて開けるという構造のものがありました。有名どころだとグッチのカメレオンがそうだったように記憶してます。数年間使った事がないので、これからも使う事はないのかもしれないですね。それでも大切に道具箱に入っているということは、万が一を考えてのことです。

前回の質屋の道具紹介で取り上げた「時計置き」は、銀色のオープナーを使う時にほぼ必ず使用します。「時計置き」も地味でしたが、今回の道具はもっと地味ですね(笑)。話が盛りあがるポイントさえない気がする。

ですが、時計の電池交換を600円でする当店では使用頻度はかなり高いのです。また、店頭の時計の定期的な電池交換や、購入した時計の内部を確認することなどにも使うので、事務所に散在する文房具よりずっと使用してい回数は多いと思います。見えなくなると急いで新しいのを買い、新しいのを買うと見失ったものがでてくるなどが繰り返し、同じ商品も複数存在します。だから、あちこち探せばもっといっぱいでてくるのでしょう。地味だけど必需品なんですね。本日は 以上でございます。



おはようございます。鴫原質店の弟さんです。
本日は午前中は仕事をサボって幼稚園の運動会を見学してきました。青空の写真青空の写真天気にも恵まれとっても気分爽快な一日です。


コロナという深刻な状況下において、幼稚園の先生方が模索した方法はとても素晴らしかったです。簡単にいうと、年小中長と各学年が演目を2種類練習し、自分の学年の運動会日に2種目を演じ、他の日は1種目を演じるという内容。運動会は3日間行われ、初日は年少の保護者のみが入れる日、2日目は年中の保護者のみが入れる日、3日目は年長の保護者のみが入れる日となり、開催時間はぴったり毎日1時間。今日は年長さんの運動会?という感じですね。年長は綱引きとクラス対抗リレーが演目となっています。なんか説明が難しいけど、もっと簡単にいうと3日間運動会を毎日してました!ということです。

幼稚園の遊園地といえば、朝5時からの場所取りや、写真すらまともに取れない混雑した状況が当たり前だったのですが、この方法だと保護者の数が少なく、子供との距離がとても近く一体感がありました。運動会の様子運動会の様子

また年少さんと年中さんの演目も見れるので運動会感をしっかり感じます。子供達の演目子供達の演目運動会が始まって3日目の今日、過去の戦績なども発表される事はなかなか面白い発想です。子供達はこの3日間、玉入れや綱引きを毎日やっており、うまい具合に戦況は分かれておりました。「〇組!今日こそ頑張れ」という先生のマイクパフォーマンスも会場を盛り上げます。

年長さんのクラス対抗全員リレーは毎年のように大盛り上がりです。子供が目の前を駆け抜ける写真をしっかりと撮ることができて大満足です。リレーの様子リレーの様子

最後の選手退場の時には、先生方の粋な計らいがありました。退場の様子退場の様子先生の船頭のもと、保護者の目の前を通って子供たちは退場していきます。子供とハイタッチする親が多かったです。雰囲気に便乗して私も「イェーイ」と言いながら片手のハイタッチをしてきました。

長女長男次女と9年間、この幼稚園の運動会を見てきましたが、今年が一番満足度がありました。もちろん、平日開催に関しては色々な意見がでているのでしょうが、この方法で毎週日曜日3回やるというのも今後検討されてもいいかもしれません。少ない場所を取り合うこともないし、きっちり1時間なので子供達のトイレトラブルもないし、当然熱中症なども心配ありません。

また、賛否両論あるかと思いますが、一番いい場所を陣取った貴賓席や来賓席などがなく、そのスペースを親が使う事ができます。町内会長や消防団団長やその他もろもろの方々の存在は確かに重要だと思いますが、この運動会を親ほど真剣に見ている人たちはいないはずです。

色々な意味で、今回は親と子供の運動会だったのではないでしょうか。親子リレーなどは省かれておりましたが、今回の形態を維持しつつ発展していけたら素晴らしい事だと感じます。

以上 さ~て、仕事します!



鴫原質店の弟さんです。

先程仕事を1時間ほど抜け出して、小学校の運動会を鑑賞してきました。青空の写真青空の写真程よい気温と日差しが気持ちよく、いい気分転換になります。

コロナ環境下での運動会は前代未聞の平日開催で、各学年の競技時間がしっかりと事前告知され、自分の子供の時間帯だけを見学するという形式で実施されました。閑散とした校庭閑散とした校庭その為、校庭の人口密度が低くいつもの【運動会らしさ】はありません。

最初はなんだか悲しみや寂しさなどの感覚を覚えましたが、途中からその考えが一変します。子供達の写真子供達の写真子供との距離が近い!のです。そしてまた、子供達も親の存在をとても身近に感じることができたのではないでしょうか。子供達の徒競走子供達の徒競走実際に徒競走をこんなに近くで見たのは初めてだし、「がんばれ~」と声をかけるとかなり遠くまで声が響き渡ります。自分の子が走りながらこちらを「チラ見」したのにはびっくりしましたし、真面目に走れよ~と笑ってしまいます。

家族全員でお弁当をもって1日がかりだった私たちの時代の運動会も、家庭環境への配慮からお弁当無しで昼までスケジュールの運動会へと変化しました。そして今は、体育の授業参観的な簡易運動会となっています。冒頭に申し上げた通り、少しだけ寂しさなどもありましたが、正直に言って「これはあり」だなと思います。短時間である事と好きな場所で見れることで、今まで以上に子供の成長具合を確認できたように思えます。

話は変わりますが、先日、JR東日本の終電時間繰り上げに対する記者会見で、JR東日本の社長が話していた言葉がとても耳に残っております。「人々の働き方や行動様式はもとには戻らない」とJR東日本は会社として考えているという内容だったと記憶しています(違ったらすみません)。

この言葉に関して私も共感する部分が沢山あり、前例とか常識というものが様々な点で変化しました。少し前だったらマスクをして歩いている人を見ると、体調が悪いのかそれとも顔を隠したい人なのかなど不思議に思ったものです。ましてや店舗にマスクをして入店してくる人を見ると、防犯の面を考えて少し身構えていた気もします。それが今やマスクをしていない事が「悪い事」のようなイメージを多くの方が感じる共通のイメージではないでしょうか。もちろん今のマスクの文化はすぐに終わるでしょう。

もとに戻らない可能性のある事は「習慣そのもの」だと感じています。今までやっていたことを止めたとか減らしとか我慢するとか、そのような事は人それぞれ多少あるはずですが、私自身の感覚ではそんな生活が半年間も続き、それが当たり前の習慣に変化してきた気がします。最初はストレスなどもありましたが、なれてしまえば決して悪い事ばかりではない気がします。

いずれはコロナも終息すると思いますが、今後どのような習慣が当たり前になっていくのは分かりません。でも今回の運動会はなかなかいい部分もあるので、このまま習慣として残る可能性を感じます。前例からの変化に関して、もちろん悪い面も確かにあります(水曜日開催など)が、良かった面の方が大きかったです。私にとってはですが……。以上





1 20 21 22 23 24 25 26 27 28 95