HOME > 質屋ブログ

質屋のスタッフブログ

直近の金相場から思うところ

鴫原質店の弟さんです。

昨日5月13日に地金(金やプラチナや銀)を処分したのですが、直近一カ月の下落相場の影響で「フっ!」と噴き出してしまう状況でした。意味合い的には笑うしかないという感じかな。そんなことを踏まえ何と無く相場について思うところを書いて見ます

まず始めにこのひと月でゴールド(金相場)がどのような動きをしたかについて。こちらは田中貴金属工業様(公式URL)からお借りしたチャートです。1か月の金価格推移チャート田中さんの1グラム税込小売価格の推移ですが、4月20日の8,969円から5月13日の8,347円となっており、短期間で約7パーセント下落しました。ここ数日の下げは為替が僅かに円高方向へ動いた事も影響してます。

そして昨日処分した100点弱の地金製品について「粗利の低い順」に並べ替えて30点ちょっと分のみエクセルで出力しました。これはリアルな「お店での買値」と「売った値段」と「粗利」の数値です。売ったものの粗利4月20日頃に買取したものはそのまま赤字(マイナス)になってます。当店の地金買取の粗利想定が5%程度なので、7%下がればそのまま2%の損失がます。

4月後半に買取したものに関してはギリギリマイナスにならないくらい。売ったものの粗利2でも一番下の総計のところが悲しい数値。776,643円売って893円の利益(^ー^:)。粗利率0.1パーセントって仕事として成り立ってないです。(※粗利が低い順にソートした30点に焦点を絞った話ですけど・・・)。でもこの仕事を長年しているとこんな事しょっちゅうある事かな。

そしてお客様にもよく聞かれる「今後の金相場」についての考察。直接聞かれると「そんなの分かれば働きません」と笑顔で答えますが何となく日々考えてみたりします。指標にするのは同じく田中貴金属工業様の金年次価格推移。金の年次チャートコロナが騒がれ始めて各国で金融緩和が始まった頃(2020年1月頃)より金価格は大きく上昇し、2年間で約1.5倍もなっています。グラム単価でいうと2,683円も上昇しているんですね。でもこれって金に限った事ではなく、コロナ対策の超金融緩和によりロレックスやシャネルも銀も株価も多くの物が値上がりしました。そして半年ほど前からはウクライナ情勢に原油高が加わり今年になってインフレ(物価上昇)が加速しています。

昨年の昨年末くらいまで「インフレは一時的」という言葉が要人発言で見られましたが、現状ではインフレ抑制の為の量的引き締め(QT)や政策金利の利上げが世間を騒がせています。次はニューヨーク金先物価格とアメリカ10年国債年利を並べて相関関係を見てみます。10年債利回りと金価格一般的な話ですが金利と相関関係にあるものは数多くあります。金価格も利息の影響を受けて数年という単位で反応していくことが予想され、現状で既に金利の影響を受けているようにみえます。だけど世界情勢的な事も関係しているのか、少し下落して底硬い相場のようにも感じられるのが何か不思議。金利の上昇に伴い下落基調になるのか、インフレのヘッジとして更に上昇していくのか、はたまた世界情勢の更なる動きによりどうんな影響を受けるのか。結局先の事は誰も分からないというのが真実だと思ってますが、黙ってても利息の付くところに資金が集まるのは自然の流れに感じます。

私的考えですが、金融緩和局面で上昇した品物が、引き締め局面で影響を受けない訳がないと考えてます。質屋として多くの商品を預かっている当店としては、相場の安定か上昇を常に望みますが、このような局面では弱気である必要があるのかもしれません。全部タラレバの話でしかありませんが、質預りは「最低3カ月」という期間も品物を保管しなければいけないので、暴落する可能性は常に考慮しないとね・・・。3カ月という長い期間で、どれだけ相場が変動しようが保管義務があるので、厄介な状況だな~などと感じてしまいます。相場下落が前提のような話にも見えますが、普通に上昇し続ける事もあるのであくまでも個人の感覚という点をご理解下さい。

ここまで書いておきながら、どんなに心配してもそんな思考は【無意味】で、どんなに理屈をつけても理屈通りにいくことなど経験上殆どないので、淡々と売買を繰り返していくだけのこと。神経をすり減らされる状況が今後は続きそうではありますが、こういう話ばかり考えると在庫さえ持てなくなります。無関心であった方がいいようにさえ思えてしまうので、情報集めや私的妄想はほどほどがいいのかもしれません。なので取り合えず頑張って仕事をしよう!と思います。金やプラチナの買取は鴫原質店へ(←宣伝も仕事!)。

本日は以上でございます。



昭和57年 東北上越新幹線開業記念メダル

鴫原質店の弟さんです。

買取品の中で東北に関わる記念品がありましたので取り上げてみます。東北上越新幹線開業記念メダルこちらは昭和57年に開業した東北新幹線及び上越新幹線の開業を記念して発行されたメダルとの事。

嬉しい事に説明分がついてます。品物の説明文の画像以前、東北新幹線開通記念のメダルを取り上げた取り上げた事がありますが(こちら)、同じ時期に上越新幹線も開通したという事で、派生して発行されたものなのかも。説明文に記載されている「やまびこ」や「あさひ」という車両名は何となく覚えている気がします。

製造は松本徽章工業株式会社様(公式URL)。松本徽章工業株式会社の工芸品証明天皇陛下様のメダルなど「様々な由緒ある品物を製造してる」という印象がある老舗企業です。

表面のデザインはこんな感じ。表のデザイン昔見た緑色(←多分)の新幹線が描かれており、リアリティーで溢れています。小学校の頃、母親とこの新幹線に乗ってディズニーランドに行った事を思い出しました!。どうでもいい事ですが、その時は各駅停車が主流で上野駅まで4時間弱の時間がかかったような記憶が・・・。そしてまたこの新幹線で食べたカップアイスがとても美味しかった思い出もあります。当時は普通のバニラアイスが50円の時代に200円位したような?、子供の頃なのであやふやな記憶ではありますが、ふと思い出すという事は恐らくそういう事だったのでしょう。それにしても色々と思い出して懐かし~~~気持ちでいっぱいです。

アイスで脱線した話を戻して、裏面はこんな感じです。裏のデザイン新幹線の通る道が雑~~~に描かれています。この路線デザインに関してはもう少し何とかならんかったのだろうか?と私は感じました(←個人の感想です)。でも一流のデザイナーさんが必死に考え抜いたデザインなので、恐らくはシンプルイズベストなんでしょうね。

松本徽章工業株式会社の作品は色々と見てきましたが芸術品と感じるものが多いです。造り込みの詳細画像何といっても描写がとっても素晴らしい!。2次元の画像ではうまく伝わらないと思いますが、深度(凹凸)がとても深いのです。

角度を変えてみるとその造りの素晴らしさを実感します。造り込みの詳細画像全ての部分が本当に繊細なんですよね。

細かな部分もとても鮮明に造られています。造り込みの詳細画像下手なジュエリーよりもずっと繊細です。線路のイメージがもっと「ビシビシ」伝わってくる描写だったらもっと「いい物だ!」と感じるかも。でもイメージなんて個々の好みの違いなので、私の感覚がおかしいのかもしれない(笑)。繰り返しますが一流のデザイナーさんが真剣に考えたデザインなので、この作品では路線の描写はあれがベストなはずです。

このメダルは純銀製で直径が55ミリ、重量が100グラムで昭和57年製造という約40年も前のお品物。今後同じものを手にする機会は無さそうな気もするのでブログで取り上げてみました。こういう昔の物って、色々と感じる事があって好きだったりします。自分の幼いころの思い出があるから興味をそそられるだけなんですけどね。こういう記念品的なものは、今の若い人たちが見ても大体の人は何も感じないんじゃないかな。自分がおっさんである事を認識してしまいます(笑)。

本日は以上でございます。



松島離宮と福浦橋と松島蒲鉾本舗

鴫原質店の弟さんです。

今回は令和4年5月8日の休日日記です。休日はいつも午前中に「何したい?」とお子様の要望を聞いて行き先を決めますが、最近は公園かアスレチックばっかりで変化が欲しい。そしてたまには自分の気分転換もしたいので、「海を見ながらかまぼこ食べる」か「山に行って温泉入る」の2択で決めてもらいました。その結果、海に行こうと相成りまして暫くぶりで松島海岸をお散歩する事に。訪問した施設紹介などをしてますが、スケジュールは13時から17時まで移動時間を含めた4時間しかないので、情報的価値が少ないただの日記になりそうです。

松島海岸から500メートル程坂を上った場所に無料の町営駐車場があります。町営駐車場の風景散財したくない私はいつもこちらを利用します。ちょっと驚いたのですが、大型バスの駐車が可能な駐車場が新しく造られていました!。しばらく来てませんでしたが、どんどん発展していきますね。観光地としてもっと有名になっていく予感がします。

町営駐車場から坂を下っていくと直ぐに松島湾が見えてきて歩く苦労を忘れます。坂道からみる松島湾海岸沿いには多くの有料駐車場があるので、時間が勿体ない方や歩けない方は最初から車で海岸沿いに行く事をお勧めしたい。1時間100円位から20分100円など駐車料金はマチマチですがそんなに高い値段ではありません。この坂はかなりの傾斜なので帰り道が本当に大変な事を考えるとそんな選択はいつも考えます。尚、私はそれでも歩く派です・・・。

松島水族館の跡地に「松島離宮(公式URL)」ができていました!。松島離宮初対面なのでお金を出して入場してみる事に。先の地震の修繕工事の為に入場料が半額半額でした。お庭全体が修繕中でしたが建物全体の雰囲気はいい感じ。夜にはライトアップされるようなので見てみたいですね。

3階の展望台(有料)では松島の風景を一望できます。松島離宮の屋上お洒落な椅子が用意されており雰囲気も素敵。バーベキューも楽しめるようで今後どんな施設に発展していくのか楽しみです。工事が終了したらもう一度見に来たいと思いました。そして次は画像で赤丸をつけた大きな橋に・・・いくぞ!。はっきり言って結構な距離です(笑)。尚、松島離宮での滞在時間は15分程度の短い時間でした。

松島海岸を端から端まで横断(縦断?)して福浦橋(公式URL)へ。福浦橋この橋を渡ると県立自然公園「福浦島」へ上陸する事ができます。そして島の裏側に行けば松島の違った風景も見る事が出来るので、松島を代表する人気スポットの一つです。わざわざ来たのですが、時間が限られているので橋を渡って島を少し歩いて帰路につきました。風景を見れただけで十分な気分転換です。

そして本日のメインイベント!。松島蒲鉾本舗さん(公式URL)へ到着。松島蒲鉾本舗1階の入り口部分は混みあっており、入るのに躊躇してしまいました。一応ダメ元で2階席を覗くと以外にも無人。優しい店員さん一人しかいないので安心して席に着きます。この空間を独り占めでとっても得した気分に(笑)。

一本250円のカマボコを2本購入。カマボコを焼く様子美味しく焼くコツは「気合」と「火力」と「辛抱」らしい!。特に危険は無さそうなので全部娘さんにやってもらい、カマボコの変化を楽しみました。本当に価値ある250円に思えます。店員さんが「焼きあがったカマボコと記念写真を撮りましょう」と声をかけてくれ、本当に素晴らしい対応をありがとうございます。カマボコ焼くのは6分位なので松島に来た際には是非お立ち寄り下さい!。美味しかったです。

その後は時間が無いのでセカセカと歩きますが意味もなく散財するハメに。買い食いにお土産観光地料金なので私にとっては痛い出費(涙)。多くの人が歩きながら色々なものを食べているので、自分も食べたくなったようです。ま~その気持ちは分かるのですが、お土産で買った猫はいらない気がします・・・。そんな感じで松島での滞在時間は約2時間10分。予定があるので帰り道はシビアに走って駐車場へ向かいました。チビ助は文句たらたらでした。ソフト食べたりお土産買った時間がロスに繋がっているだけなんですけどね。

松島海岸は仙台市中心部から一般道で約21キロ、車の移動で約40分、高速道路を使えば30分で到着します。電車でのアクセスも良く仙石線に乗れば、海岸の目の前にある「松島海岸駅」に到着します。JR松島海岸駅東北本線にも「松島駅」がありますが、松島海岸から距離が少しあるので注意が必要かな。

松島海岸は東日本大震災で津波による大きな被害を受けましたが、新しい建物も造られて賑わいを取り戻しつつあるようです。小さいころから毎年見てきた、8月15日開催の松島花火大会も復活してくれたらいいな。温泉に泊まって花火大会をビールを飲みながら見る最高の夜を味わいたい!。松島は海の食べ物や風景の他にも、温泉や歴史的価値が高い瑞巌寺など見どころがとても多い場所です。仙台に来た際には電車で数十分で到着するので是非お立ち寄り下さい!。今度別の施設紹介などもさせて頂きたいと思います(←真剣に松島の宣伝をしています!)。

本日は以上でございます。





1 2 3 4 5 6 113