HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。

素敵な品物を譲って頂いたのでご紹介です。
グランドセイコー クレドール(8J86―7A00)です
kuredoru_1kuredoru_1

保証書請求はがきはありますが保証書欠品で外箱に汚れと内箱に経年劣化によるべたつきがあります。

この業界の方であれば「何も珍しいものでもないのでは?」というご指摘を受けそうな程に流通量があるものです。とはいえ、中古業界で流通しているもので綺麗なものは本当に珍しく、また綺麗であっても磨いた結果綺麗になったものが殆どです。針の腐食や文字盤の痛みなどは20年前の時計なので当たり前のことです。

 

今回わざわざ取り上げたのは、この20年前のクレドールがSランク(数回の使用程度)だから。譲って頂いた方の名前の保証書請求ハガキがあり、かつ殆ど使ってなかったという事も言っておられましたし、また状態を見れば本当かどうかもすぐに分かります。

kuredoru_2kuredoru_2エッジの鋭さが際立ちますし、内部も本当に綺麗です。停まった状態で買取したのですが、2013年に最後に電池を入れた形跡がありました。SR916という大型の電池を搭載できるので、バッテリー切れになるのにも長い時間がかかりそうです。

そんな理由でわざわざこの時計をブログに書くか?とか突っ込みがありそうですので、一応補足しますと、私は直径が小さくそして薄いクォーツ時計がとても大好きなのです!クレドールやドルチェなどで綺麗なものを見ると、毎度のことですが「買おうかな」と感じてしまいます。

手に付けた感じがこちらです。
kuredoru_3kuredoru_335mmの直径が私の手首には品良くなじみます。それに加え軽量と薄型が好みにぴったり。スーツを着る方にこの素晴らしさを伝えたい。そしてなんと10気圧(日常生活強化)防水!。

 

流行が大型化に向かうなかで、直径が40mmを超えるものがどんどん増えていきこのサイズの時計を見ることも少なくなりました。それ故に、この頃(2000年初期)の国産高級クォーツ時計で綺麗な品物を見ると心惹かれる病に取りつかれております。形状も性能も内部の電池(大型ということ)も全てがいい・・・。シンプルなインデックスも無意味に長い長針も、そしてクレドールのロゴマークも全て含めて綺麗だなと感じます(←病気みたいなものなので突っ込み禁止)。

以上

(完全な主観と私の個人の趣味という事をご理解お願いしたいと思います。)



鴫原質店の弟さんです。
話の流れは質屋に質入れできるもの紹介その1(こちらから)でご確認下さい。

当店ではパソコンの質入れが可能です。
pasokonpasokonお客様の話だと、アップル製品は扱っていないとお断りするお店もあるようですが、当店ではアップル製品もWINDOWS製品も扱いが可能です。個人情報が大切にされる時代ではありますが、質入れの際にはパスコードロックを解除して頂くか、もしくはパスコードを教えて頂く必要があります。その点にご理解いただけない場合は質入ができません。

何故かというと、例えば、アップル製品のロックコードが分からない場合、万が一質流れになった場合にパソコンの初期化やOSの再インストールは事実上不可能だからです。質流れになった場合には、その品物を売却して質入金額と利息分を回収するのが質屋の流れですが、売れない状態で品物を預かることはできないことをご理解頂きたいと思います。

 

パソコンを質入れする際には付属品を全てお持ちいただいた方が査定金額は高くなるので、可能な限り揃えて頂ければと思います。特にWINDOWSのパソコンでは、マイクロソフトオフィスのプロダクトキーがあるのとないのでは金額が2万円位違う場合があります。何故かというと、このプロダクトキーが無ければWINDOWSを再インストールした際に、オフィスソフトの機能が全て使えない場合が多いからです。そしてなかなか理解を頂けない部分ではありますがオフィスのプロダクトキーがあったとしても、マイクロソフトアカウントと紐づけされている場合は他のマイクロソフトアカウントで使用できないバージョンや製品もあり、色々と難しい状況になっております。

 

パソコンは電化製品であり常に新しいものがどんどん出てきます。それ故、古いパソコンにはあまり値段がつきませんし、OSが古いものについては値段が全くつけることができないものもあります。最近では2020年1月14日にWINDOWS7のサポートが終了しておりますので、WINDOWS7が搭載されているパソコンについては全くと言っていいほど値段はつけられません。また、ビジネス向けや個人で制作したパソコンも、購入金額に比べると中古の値段が非常に落ちるように思います。

 

一般向け製品であれば型番を教えて頂ければ、電話でだいたいの質入査定がでますのでお気軽にお問合せ下さい。パソコンの質入れは鴫原質店まで。



鴫原質店の弟さんです。
前に同じようなタイトルで書いたことがありますが、年代が違うタイプの保証書なのでご紹介です(前回記事はこちら)。

ROLEXの保証書には購入者の名前がプリントされています。色々なタイプのものがあり年代ごとに変化してきました。今回のお話は2008年頃に販売されたものに付属する旧型のカードについてです。

いつものごとく購入者の氏名がプリントされております。
ROLEX_1ROLEX_1

 
再販のするときはこの保証書のお名前を前回同様に消しゴムで消します!ROLEX_2ROLEX_2このようにすっきり消えてしまいます(消えていいのか?)

 
でも光の反射角度でわずかに名前を読み取ることができますね。ROLEX_3ROLEX_3

 
前回同様に先のとがったもので優しくカシャカシャ削ります。ROLEX_4ROLEX_4

 
すると名前は一切見えなくなります。ROLEX_5ROLEX_5正面から見ると傷もあまり見えないので綺麗な状態に見えてしまいます。

 
前回は現行タイプのROLEXのカードの名前を消したところを取り上げましたが、名前の背景に印字されているROLEXというプリントも消えてしまいました。でもこちらの旧型カードだと、名前を消した後もすっきりしているので、私はこちらの方が好きですね。ふと思いましたが旧型や現行タイプという表現は、将来的には全て無意味な表現になるのですね。次からは何年頃という表現を使いたいと思います。

ちなみに海外に売る場合は、このように名前を消してしまうと数万円のマイナス相場となります!店頭で販売する為にカードの名前を消して、売れなかったら海外に売るなどという発想だと中途半端に損をしてしまうことがあるので、お店で売るなら売り切るくらいの覚悟も必要です。

以上





1 2 3 4 5 6 63

ページの先頭へ戻る