HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。
本日は前回のちょっとした続きのお話。

皆さんは〇〇PAYを使用していますか?

先日各社が創造した「ポイント経済圏」について書いた最後の方で、「買う側」にとって支持されている一方で、「売る側」に支持されているかはとっても厳しい現実かもしれません。
という事をいいましたがその部分について。

現状でPAYPAYが爆発的に普及しております。コンビニはもちろんですが、最近では飲み屋さんで使えるところも増えてきました。現状では手数料を無料で展開している上に、支払金額の全て、又は一部が戻るという施策なども展開しており、買い手にはとても大きなメリットがあるうえに、売り手にも大きなデメリットがありません。

ただ、国のキャッスレス政策の一環でもあるこの〇〇PAYについて、現状で店舗側のメリットが殆どありません。一部の意見として、例えばコンビニで現金決済よりスピードが速いなどの意見もありますが、この〇〇PAYで支払われることにより手数料がさらに取られるようになると、店舗の経営の圧迫にすらなりかねないのも現実です。

 

知人の花屋さんでは色々な電子決済を使えるようにしましたが、PAYPAYだけ受け付けているという事。他のものは手数料がかかるかです。使えるようにしたけど、あえて使わないようにしております。PAYPAYも手数料が取られるようになればきっとやらなくなるのでしょう。

近所の焼鳥屋さんの店主さんは、現金でお支払いいただくお客様が一番ありがたいのに、キャッシュレスで支払う方が得になってしまう現状のジレンマを感じ、お店が大切にしている現金払いのお客様に不公平感を持たせたくないという理由で、〇〇PAYは導入しないと言っておりました。

〇〇PAYが使えないからという理由で、その店を利用しないという感覚にはならないと思うので、お店側がこの決済方法を放棄することもあるのでしょう。各社の競争がどのような形で落ち着くのか興味深く静観していきたいと思います。

 

〇〇PAYを展開するのも当然目的があります。自社の経済圏に引き込むとか、手数料とか知名度とか私の知らない様々なことがあると思います。その目的の為に、取引ルールが突然変更される可能性が十分にあります。

11月19日に放送されたNHKの持論公論でとても興味深い内容を放送しておりました。

11/20191122_1-111/20191122_1-1こちら」からの一部の記事を貼り付けております。

 

直接関係している訳でありませんが、こういうのをみると、利用者(買い手)だけではなく、受け入れ側(売りて)への配慮があるところが、この〇〇PAYの競争の勝者になって欲しいと願うばかりです。そうするとサービスもどんどん普及していくのでしょう。ただ、GAFAなどもそうですが、徹底した顧客利用満足度を考えたサービスがどんどん普及していくだけなので、きっと受け入れ側の事を考える必要は本来ないのかもしれません。

必要に応じて使うか使わないかの選択をするだけです。いったいどうなっていくのやら。



鴫原質店の弟さんです。
今日は日常のお買い物のお話。

私はクレジットカードで買い物はしますが、例えば、切符を買うのも現金でsuicaカードももってないし、Edyなども全く見向きもしませんでした。ですが消費税増税をきっかけに極端に色々な決済方法を使用するようになっております。

例えばコンビニは楽天Payで支払いをします。
20191120_120191120_1

その場で2%値引され、更に楽天のポイントが3%もらえます。

なぜ楽天Payかというと、もともと楽天カードを日常的に利用していた他、楽天トラベルをたまに利用するから。そしてそのポイント制度を確認し、日常生活に使用しているもを楽天経済圏に変更すると、何もしていないのにどんどんポイントが増えていきます。必然的に楽天市場での買い物が多くなりました。

 

例えば先週買った育毛剤のお話。同じ商品を他のショッピングモールで検索するとこのような値段で売っております。

20191120_420191120_4

 

それを3本セットで購入した時の決済画面がこちら。購入したときにもらえるポイント数がとんでもない数値です。
20191120_220191120_2景表法に違反してないのでしょうか?購入金額の21.5%のポイントが貰えます。

 

しかも頼んでもないのに楽天が値引きクーポンをくれます。

20191120_320191120_3最初から高く売っているのでは?などと思ってしまいますがショッピングモールの中にある沢山の店舗から条件のいいところを選んで買っているので決して高く売られているわけではないようです。

 

実際に増税後に炊飯ジャーを買った時のことです。急遽執拗になったので量販店に買いに行きました。色々選んで購入する商品をこれに決めました。
20191120_520191120_5

貧乏性の私、一応値段をネットでも調べてみました。店舗には大変申し訳ない事をしたと反省しましたが、ネットモールで調べた値段を見るととても目の前にある品物を購入する気がおきません。同じ品物をネットで購入した時の決済画面がこちら。

20191120_620191120_6

加算ポイントを値段に考えると2万円弱の値段の差があります。しかも送料無料で次の日には家に届きました。
一応補足します。このお店もインターネットで商品を掲載しており、店頭価格とネット価格が大きく異なっていて、同じ会社の同じ品物がインターネットを通じて買うと非常に安くなるという不思議な状況にありました。実店舗の意味を本当に考えさせられます。

 

その他に、SEIYUの宅配なども楽天を通じて購入すると、5千円以上で送料が無料の他に、定期的に割引券がもらえ、また購入費用の1.5%のポイントがもらえるシステムなども活用し始めました。主に水とお酒などの重いものですが、配達日の指定もできて使い勝手はとてもよく、ポイント経済圏を有効に活用し節約している感じでしょうか。収入を増やすのは難しいですが、このようなシステムを活用することで支出が減らせます。しかも簡単でとても大きな金額の節約に繋がっております。

 

使わないと損するから徹底して使用するようになっており、その恩恵もとても多く、ユーザーから選ばれている理由も分かります。しかしながら、「買う側」にとって支持されている一方で、「売る側」に支持されているかはとっても厳しい現実かもしれません。ただ、ネットモールでのショッピングが普及した現在、そこを利用しないで店舗販売のみをやっていても、逆に疲弊しかねません。決まった製品であれば店舗に行って買い物をする必要がなくなってしまったからです。

 

昨日、ヤフーとLINEの経営統合のニュースがありました。〇〇Payやポイント経済圏の統合なども今後されていきそうな勢いを感じ興味深く見ております。ただ、地域の経済性を本当に考えるなら、新しいルール決めが本当に必要なのかもしれません。薄利多売のインターネットの世界だけに全てを委ねる、と全国規模での小売店の崩壊、そしてその店舗で働く人の離職など、あまりいいことが無いように思います。

長いので、今日はここで終わり。
次回は若干この続きみたいな感じでもう少し書いてみたいと思います。

以上

今日は、1時間以上これを書くのにかかりました(涙)頑張って仕事します!



鴫原質店の弟さんです。

10月11日にヤフーショッピング鴫原質店で既に売れてしまったお品物ですが、こんなものが入ってきたという事を自分で覚えていたいのでブログに書きます!

ルイヴィトン M43325 ネバーフルMM
マスターズコレクション モナリザです。
19090016_1-119090016_1-1

こちらは質流品だったのですが、最初は正直いって誰が買うのだろ?
などと自分勝手に思っておりました。でもインターネット販売を始めてたった10日間くらいで買い手がついたので、数が少ないものは需要があるようですね。

販売価格は各種手数料や送料込みで¥243,400です。

店頭に飾っておいた期間はとても短かったのですが、いつも見られている気がして(笑)19090016_2-119090016_2-1たとえ世界的な名画だとしても、誰かに見られているというのはとても気になるものです(見ているわけではないのは分かっています!)。

注文が入った瞬間、「売れた!やったね」など思いましたが少しだけ寂しい感じがしました。
さよなら モナリザさん
また入荷できればいいな~

以上





1 31 32 33 34 35 36 37 38 39 86