HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。
今日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

本日4月1日、「昭和39年東京オリンピック千円硬貨」の質流品30枚を10枚ずつに分けてヤフーオークションに出品しました。(終了日は4月8日21時頃の1円オークションです)


今回はこの記念硬貨をもとに色々考えてみたいと思います。

ご存知の方も多いこの記念銀貨。
昭和39年10月に約1500万枚が銀行で両替するという方法で世間にばらまかれたそうです。皆が競って手に入れた為に発行枚数分はすぐになくなり、手に入れたい人が多かった為に二次流通として高値で売買されていったらしいです。これが貨幣収集ブームのもとになっているのは間違いないと思います。

実際の話、完全に傷が無いものに関しては今でも1万円程度で売買されているので驚きです。私がこの業界に入った頃、質屋の市場では1,300円くらいで取引されていたのを覚えています。55年たっても額面以上の金額で取引されている品物って本当に少ないですから。

さて、ここからが事実が分からない為の疑問です。
銀行で両替したということだけど、千円を千円で両替したのか?ということ。
記録によると「発行による120億円以上の収入の一部を大会運営費に充当することができた」とありました。銀行で両替しただけなのにどうやって120億円以上もと思ってしまいますが、「記念硬貨=実際に使わないお金=記念品」みたいな位置づけで流通貨幣を集めたのか、もしくは利ザヤを設けて(例えば千円を8千円で両替するなど)の両替なのか?
どなたかご存知でしたら教えて下さい。結構調べたのですが見つかりませんでした。

なので!
話を今のオリンピックに置き換えてみます。
2020年のオリンピック千円硬貨は\9,500(消費税、送料込み)で10万個発行され、ヤフオクなどで調べると10,500円~13,000円で落札されていたようです。貨幣価値としては千円の硬貨を\9,500で販売(表現が正しいかは分かりません)しており、品物としての世の中の相場(価値)は\13,000あるという事ですね。ただ貨幣価値としては千円です。

欲しがる方がいればその値段がそのものへの価値になる代表的な一例かもしれません。逆に数十年たって\9,500円で買った(表現が正しいか分かりません)千円記念硬貨が\1,300円になっている可能性もあるわけですね。保証されているのはあくまでも千円ですから。

私どもにとって、この東京オリンピック千円銀貨は珍しいものでもなく比較的頻繁に見てきました。ただ、手元にある千円銀貨30枚は一人の方の持ち物だったから余計印象に残ります。

ちなみにこの千円硬貨は、銀行で両替すると千円札になります。
お店で販売すると消費税が発生するので千円を千円では売れません。ましてやカードでご購入いただくと手数料もかかりますから値段設定が難しい。そういう理由から当店で小売りをすることは殆どありませんし努力さえしておりません。

ただ今回は30枚が一気に在庫になったのでトライアルです!(ブログネタ的にも)
今現在、当店にあるものは全て傷がありますので、全部平均して\1,300円(税込)くらいで売れればいいなと思っていますが果たしてどうなるでしょう。まとめて30枚なので何とか「撮影・画像加工・商品説明・アップロード作業」などをするぞ!と決めましたが、冷静に考えるとその作業で恐らく2.5時間以上の時間を要します。

万が一上手くいって1枚単価が\1,300になれば、3万円が3万9千円、手数料や消費税を抜かすと実質利益が約5千円になる・・・・あれれ?多分ですが発送の手間や対応時間を考えると、周りの皆さんの手を借りているので赤字ですね!(社長さんすみません)
あ~~~ブログの制作時間もかかるから会社の業績的にはもっと悪い事かも(^-^:)
書いてて何やら楽しくなってきました!
欲しい方がいたら是非入札をお願いします!

そんな冗談はさておき。
オークションが終わったら落札価格や収支結果などもブログに書きますね。
千円硬貨が1,300円位になるかもしれないこの可能性について。
皆さんはどう思います?
それってすごい事でしょうか?

以上



鴫原質店の弟さんです。

今日から少し大きめの画像を載せれるようになったことで画像加工が楽になりました!
でもアイフォンで撮った画像はこの大きさだとボケボケになるのでこれから大変だ~。
そんなのどうでもいいことですね(笑)

さて本題です!下書き一切なしで一気に書くので読みずらいところがありましたらすみません。

 

3月も末だというのに仙台では雪が降っており客足も少ない今日の土曜日です。
ですが店内は賑やかで、先週に引き続き世界に向けた当店の商品のプロモーション活動が行われております。

スマホスマホ
別に私たちが何かをしているわけではなく当店のお客様が世界に向けて英語で商品の紹介中。
※前回の記事はこちら
そこで売れたものを購入頂く感じです。
よく見ると先週から装備が何個か増えてました。

もう2時間以上続けてますが当店の色々なものを紹介して頂いてます。
撮影現場撮影現場

商品画像商品画像
正直に申し上げて何時間でもいて頂きたいです。
本当に感謝しております。

当店でも通販で宝飾品を一部売っていますが日本限定のインターネット販売の規模ではありません。チャンネル登録者に向けた動画の一斉配信なので、ソーシャルネットワークで繋がる全ての人に対してのアプローチです。しかも動画は録画され後から誰でも見ることができるというから驚きです。この個人が抱えたネットワークはその規模が大きくなり、また他の個人のネットワークと結びついて今後は様々なビジネスが展開されていくのでしょう。私たちにも様々なことを惜しげもなく教えてくれるので感謝です。

完全な仕事ではなく副業的なアプローチでもこんなに効果があります(当然努力も沢山されていると思いますが)。これがもし仕事としてガチガチでうちこんだらどうなっていくのでしょう。世の中はどんどんと変化していきます。今、目の前で繰り広げられている販売方法はこの業界に限ったことではなくどんな分野でもやれるので、これからの販売方法も様々に多様化されていくんでしょうね。

当店は祖父が残してくれたものなのでいつまでも大切にしていきたいと思う一方で、小売店がお店のお客様だけを大事にしても生き残るのは至難の事であることを実感します。色々考えないとだめですね。
取り合えず子供には英語をペラペラにさせたいな~と思いました。もしくは外国の方との結婚とか(汗)

 

最後に一文加えますが、誤字脱字あったらご容赦下さい。



鴫原質店の弟さんです。

先日研磨機のご紹介をしましたがオメガの時計を磨いたのでそちらの紹介です。

磨く前の状態がこんな感じです。

傷だらけのイメージが伝わりますかね (汗汗)

まずは最初から一気にステンレス用のバフ粉を付けて全体の傷を消していきます。

これで9連ブレスが全列テカテカの状態になります。納得できるくらい傷を消したら、青粉に付け替えて鏡面仕上げであるべき部分を鏡面に仕上げます。全部を鏡面にしてもなんの問題もないのですが、実際に鏡面仕上げにするのは時間がかかるので鏡面4列の細い部分だけ中心に仕上げをしていきます。

その後鏡面にしたところをマスキングテープで保護しながら、ヘアラインを当てていきます。

既に傷は消えているので削るのではなく当てていくだけで十分です。テープを貼替ながら5列のヘアライン仕上げをするので、はっきり言って地味に時間がかかります。

そんなかんだで続けていくとこんな感じの仕上がりになりました。

画像が小さすぎて分からない(T_T:)
※ちなみに今後ブログの画像の大きさが倍位に大きくなる予定です!

パッと見は綺麗になりましが、傷残りがいたるところにあります。

ただ細かい傷なので肉眼では殆ど見えません。
本当に綺麗な商品です(=目で見る限りは!)
この一連の作業で大体40分はかかります。
時間をかければその分傷はもっと消えるかもれませんね。

ただし今回着目したい点は
腕時計の仕上げを行った際の状態は仕上げをする前から実は決まっている
というところ。
消えないものは絶対に消えないのです。例えばここ。

ぼこっと凹んでいる部分を平らにするとどうなるか簡単に想像できます。平らにすることはできますが、もともとの形状が変わってしまいます。つまりこの傷は消さない方がいい。そういう視点から見ると、だれが磨いたとしてもこの時計の程度はBなんです。

大体の品物はお金を出して時計工房で仕上げをしてもらいもらいます。ただ今回のように状態があまり良いわけでもなく、売値が高いわけでもなく、仕上げをしても傷残りが多い商品はお店で磨く分販売料金を安くして販売するという手法をとることもあります。繰り返しますが、はっきり言って目で見て分かるという大きさの傷残りではありません。綺麗な商品でございます。

こんなところも時計の商品の値段に関わってくる一例として記述してみました。
下書き一切なしのベタ打ちなので、内容に関して不備がありましたらすみません。

本日も鴫原質店のスタッフブログをご覧いただきありがとうございました。
時計の修理/電池交却/販売/買取は仙台の鴫原質店へ
お見積は無料ですのでお気軽にご利用下さい。





1 46 47 48 49 50 51 52 53 54 75

ページの先頭へ戻る