HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

おはようございます。
鴫原質店の弟さんです。

昨日は宮城質屋組合の忘年会がありました。
19時スタートだったので、私はお店を閉めてから遅れて出席です。

今回の会場は「露庵 うめ治」さん。
宮城県仙台市青葉区中央1-6-23鹿島ビル1F

お店に入った瞬間からただならぬ雰囲気が感じられます。

とりあえずお料理の紹介?
まず着席したら置いてあったのがこちら。

蓋を開けた中身がコレ!

器ばかりでかくて中身少ないな~などと最初こそ思いましたが、何を食べてもおいしい。特に卵の器に入っていたお料理は本当においしかった。全部がこのようにでかい器にちょこっとでてくるので次の料理が楽しみになります。

ちなみにコレ。

最初は食べ物かなと思ったら広げるとお手拭きに変身。
この器が箸置きです。ひとつひとつのこだわりが凄いですね!

写真をパシャパシャ撮ってたので6品一気にご覧あれ。

この後に2品あったのですが、お酒を飲んで席を移動してたので撮り忘れました。
酔っぱらう前はお料理を楽しんでいたのですが、酔ってしまうと食欲自体がなくなるのでしょうか?もったいないことをしたと今反省します。本当においしいお料理でしたのでもう一回行きたいお店で間違いなしです。

忘年会のほうはというと。
皆さんとても真面目な経営者(社長さん)の方々です。
色々なお話をさせて頂きました。

この後も2次回、3次回、4次回と続きます。
私は2次会後、本日の仕事の為に帰宅しようとしましたが、3次回に参加させて頂くことになり、4次回に移動しているときに抜けさせて頂きました。

帰宅後の写真をパシャリ。

この時点で後悔と諦めと眠気と不安と色んな感情が複雑に絡み合います。

泥のように眠り、朝起きてお店に出て開店の準備をしました。お店の品物を出すのも一苦労です。

そうして淡々とこのブログを書いてますがはっきりいって眠い。そしてまだ酔ってます(汗)。
4次回に参加した皆さんは大丈夫なのかな~
寝不足は間違いやミスを引き起こす原因ですので注意が必要です。
今日は長い一日になりそうですが淡々と頑張ります。

鴫原質店 今日も元気に営業してます!



鴫原質店の弟さんです。
「質屋で使うアイテム」前回の続き。

ピン抜きという題名とは全く異なりますが今日はコレです。

名前は不明ですが、ピン抜きを使う時は大抵この土台が必要になります。
なのでピン抜きと一緒にしちゃいました。
もう10年以上同じものを使い続けている為に傷だらけですね。
愛用している印です。

さて、早速お店で買った安い時計をサクッと外してみます。
セイコーのエクセリーヌという古い時計です。
使う道具はこれだけに絞ります。

最初にやることはどっちから抜くのかを知ること。
時計の裏側に丁寧に抜く方向がちゃんと記されています。

反対からやると何かを壊します。その理由は後程。

土台に挟み固定して

直径の合うピン抜きを合わせてトンカチで叩くだけ。

外れたピンはこのようなものです。

片方が膨らんでいますよね。ここに抵抗がありピンが止まっているだけなので、この部分を先に外に押す必要があり印をつけているだけですね。逆に抜くと、このピンの膨らみがなくなり壊れることがあります。

このピンは汎用性の部品で多くの時計で使われており当店にも色々な長さのピンがありますので、錆びついていたりすると交換してしまいます。

時計のコマ調整って簡単ですね~って思います?
今回の時計は確かに単純な構造で簡単でした。
実際に慣れると簡単です。

ただコマの外し方はメーカーによっても色々あるので、どのように作られているのかを最初に観察することが1番重要なのではないかと、素人ながらに私は思います。受け側に別のピンがついているものや、ネジで止まっているもの、そして古い時計などに見られるプレートのようなもので止まっているもの。

ドライバーの種類を徹底して選ぶことや、ピン抜きの太さを選ぶことなどと同じく考えてから行動することが大切ですね。これでピン抜きに関しては一応終わりです。

本日も鴫原質店のスタッフブログをご覧いただきありがとうございました。
時計の修理/電池交却/販売/買取は仙台の鴫原質店へ
お見積は無料ですのでお気軽にご利用下さい。
本格的な修理は専門の時計工房で技術者がおこないます。



鴫原質店の弟さんです。
「質屋で使うアイテム」紹介。
時計のピン抜きその2です。

机に入っていたものを並べてみました。

探せばもっと出てくると思いますがこれで十分です。
※六角レンチが混ざってしまいました(涙)

一応コレ全部太さと長さが違いますが大体はこの2本で事足ります

私が結構大事にしているのがコレ。(ビニールに入れてます!)

先が凄く細いピン抜きです。チタン製だと思いますが、グランドセイコーなどの国産品で一般のピン抜きが入らないものがたまにあり、そんなときの為に大事に保管しております。小さくて分かりづらいですが、3本とも太さが微妙に違います。使用頻度は非常に少ないですがなかなか手に入らない好きなアイテムです。

錆付いたピンを外すときなど、力任せに叩いてしまうとピンが曲がります。
また太いピンを抜くときに細いピン抜きを使っても曲がる可能性が高くなります。

曲がってしまったピン先は一生懸命まっすぐに伸ばして延命しようとしますが、一度でも曲がってしまうと強度が弱くり、またすぐ曲がってしまうように思えます(真実は不明です)。

このピン抜きのピン先を変えることもできます。
非常に硬い素材で作られているのでお値段もそこそこしますが1本240円といったところですね。

値段も結構するのでトンカチで叩いてまっすぐにしてできるだけ長く使う努力はしてますが、簡単にまっすぐになるものではありません。実際に画像を撮ってこうして改めて見ると、殆どが曲がってますね(汗汗)。

さて、ここから前回のブログで取り上げたプラスチックのピン抜きのお話と関連付けます。
この道具の先っぽだけで240円です。
前回のピン抜きは100円で買えます。
まさに性能と値段は比例しております。

時計の電池交換やベルト調整、このようなピンですらある程度の専門道具が必要です。
本当に大事にしているものであればせめて道具が揃っているところでメンテナンスした方がいいですね。

ピン抜きの紹介していたら他の道具も思いだしました。
その2(今回の話)で終わる予定でしたが、ピン抜きその3(?)書きたいと思います。
ピンというよりはその時に付随する道具の紹介ですかね。

本日も鴫原質店のスタッフブログをご覧いただきありがとうございました。
時計の修理/電池交却/販売/買取は仙台の鴫原質店へ
お見積は無料ですのでお気軽にご利用下さい。
本格的な修理は専門の時計工房で技術者がおこないます。





1 46 47 48 49 50 51 52 53 54 67

ページの先頭へ戻る