HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

鴫原です。

あけましておめでとうございます。

先日のお昼は今年初めてのお蕎麦屋さんに行きました。
鹿落堂
仙台市太白区向山1-1-1


東洋館の下にあります。


お蕎麦屋さんとは思えないお洒落な作りです。


川沿いなので景色も素敵です。


僕は十割挽蕎麦御膳
妻は鴨せいろ
子供たちは板蕎麦
を注文しそれぞれシェアをしました。

つるっとして喉越しも良く、噛むとプツッと切れる十割そばならではの触感です。
香・甘味も十分で、タレを付けなくてもおいしく食べられます。
タレはあっさりとして少し味気なく感じますが、蕎麦本来の味を楽しむためにはこのほうが良いのかもしれません。

普段は小食な子供たちの食いつきも半端無く、あっという間に平らげもっと食べたいと連呼します。
追加で板蕎麦をお願いしようとしたところ未だ13時30分なのに売り切れとのことでした。

それでは本年も宜しくお願いします。



スタッフO田です!(^^)!
皆様、今年も宜しくお願い致します☆
我が家の年末年始は新潟の実家に帰省したのですが、
どうしてもカニが食べたくなり、寺泊にある「カニの宿 きんぱち」に一泊することにしました♪

http://www.kinpachi.co.jp/


寺泊市場からすぐといった場所にあります。
豪華な宿ではありませんが、展望浴場もあり、近くのきんぱちの湯のお風呂も入れますし、お部屋は綺麗だし、
何といっても30分カニ食べ放題付き一泊二食付きで8200円~なのでとっっってもお得です(^^)


時間がなく一人3杯ずつしか食べられませんでしたが、カニみそがとってもおいしくて幸せなひと時でしたー
そして、宿の隣にはなんともレトロな居酒屋☆次は行ってみたい(^^♪

そして翌日は柏崎へ~ものすごく強風で、恐るべし日本海側



鮮魚センターのお土産コーナーでこんなものを発見!!

・・・コーラ=甲羅(笑)
確かに!!!
どんなお味かご紹介したいところですが、なんとなく購買意欲を掻き立てられず写真を撮っただけで購入しませんでした(-_-)

そしてランチは寺泊の「いけすレストラン 日本海」
http://teradomari.jp/restaurant/
こちらは色んな魚がいけすを泳いでいて息子が大喜びでした(^^)
ご飯も落ち着いて食べられずに鑑賞しておりました・・・

そして旦那様の実家へ~
何にもしない嫁はゆっくりと過ごさせてもらったお正月でした☆★
新潟は冬になると天気は悪いことがほとんどですが、おいしい物が多いのでお正月やお盆は帰省するのが楽しみです。



鴫原質店の弟さんです。
昨日の夜は地域の小学校のお父さん方が結成しているおやじの会の夜間巡回に参加してきました。

これは私の知る限りでは10年以上前から続いている地域のお父さん方の奉仕活動で、もとはといえばPATが主催となり始め、そしておやじの会に依頼され現在も続いている地域活動です。(現PTA会長からチラッと聞いた話ですが間違ってたらごめんなさい)

実は私も10年くらい前に参加していたことがありましたが、長女が小学校を卒業すると同時に離れてしまってましたが、改めて今回から参加させてもらいました。

学区地域の地図をもとにその日集まった有志で数人のチームが組まれ、約1時間程度の見回りを行います。

その姿がこちら。

結構怪しい集団ですね(^-^:)

「なんだなんだ」とのぞき込まれますが、各チームがおやじの会と書かれた灯篭を持っているので、ご年配の方々には「ご苦労様~」とねぎらいの言葉さえいただけます。不思議に見えるこの集団の姿が余計に注意を引くのかもしれませんね。

約4キロ程度の巡行を終えると、短い時間ではありますが皆で慰労会を行います。

この辺は10年前となんら変化はありません。地域の病院のことやら学校の事、受験の事やら〇〇様の愚痴やら、まぁ~楽しい限りです。

この拠点にしている場所は神社の社務所です。
神社といってもここはお寺の敷地。そのお寺のご住職様が地域の為に建てた神社と社務所のようなもので地域のコミュニケーションの中心的な存在になっているようです。実際にこの神社が無かった10年前、慰労会はお寺の中でしておりまして、その時から様々な御もてなしを頂いております。

非常に地域に貢献されている方で尊敬する高校の先輩です。
画像の漬物や刺身の盛り合わせはその住職さんからの差し入れです。このようなことを何年も継続されているのです。私には到底このようなことはできませんので心から尊敬しており、ご本人がいないとこでは経緯を込めて神様と呼びます(笑)。

これから数か月間、夜の巡回が続きます。
各地域でもこのような活動は行われていると思いますが、もしこのブログを読んでくれている方がいれば、このような集団にすれ違った際には、挨拶や労いの言葉をお願いしたいです。





1 62 63 64 65 66 67 68 69 70 86