HOME > スタッフブログ > 再続 品物の価値に関する考察 記念硬貨

スタッフブログ

再続 品物の価値に関する考察 記念硬貨

鴫原質店の弟さんです。

先週から続いている「品物の価値に関する考察 記念硬貨」についてヤフーオークションの入札が終了されたので結果報告でございます。

その前にオークション終了3時間前の入札状況がこちら。
saishuusaishuu

殆どのびておりません(^O^:)
1円単位の入札が可能なのでそんなに大きな変動はないのですが入札自体が少ない。

そして本日朝に分かった結果発表でございます。
10枚纏めた落札額3件は下記の通り。
12,601円(税込13,609円)
12,000円(税込12,960円)
13,001円(税込14,041円)
この額に送料700円が加算された金額が入札者の支払う金額ですね。

30枚の合計金額が37,602円(税込40,610円)です!
目標の1,300円単価に届きました。
さて収支計算
ヤフオク手数料は税抜落札価格8% 3,008円(厳密にはもう少し安いです)
千円硬貨30枚はもともと銀行にもっていけば30,000円ですので、単純に7,602円の増収でございます!ここから消費税の支払い等がでてくるので純粋な純益ではないですが、一応目標達成でした。実際にこんなもんだと思っておりましたので。

ただ最初から分かってはおりましたが、写真を撮って加工してページデータを造ってアップロードしてその後の商品発送など全ての時間を考えた場合、おそらく4時間弱はかかっております。もっと適当にやればいいものを、全体で裏表1枚の画像の他、1枚づつ表裏の写真も撮ってしまったので無駄に時間を費やしました。

1つのオークションで25枚の写真、今回3つのオークションをやったので75枚の写真を使っております。時間もかかるわけですね(汗)。これが1番安く落札された12,000円の10枚だけで考えた場合、銀行にもっていって1,000円になるものを1,200円で売る為に2時間の時間を費やしたら、どう考えても時給計算などで考えると赤字になります。

結果発表は以上ですが、最初の記事で色々書いた続きを少しだけ。
ちなみにですが、当店ではこの「昭和39年東京オリンピック千円硬貨」を平均すると1,020円位で買取します(※著しく汚いものは銀行にもっていくだけなので950円とかです)。銀行よりも高く両替してはいますが、長年保管していた方は「20,000円位するでしょ~」とおっしゃる方もいます。実際に前記事で書いたように最も流行っていた時の最高の金額は20,000円の価値があったのかもしれません。ですが今回通常保管の30枚を手間暇かけて販売しても、残念ながら1,300円位の値段となります。その値段で販売するのにも結構な時間を要するのです。

それでも私は思います。
今回はかなりトライアル的に動きましたが事前に目標設定をしていた1,300円になんとか届いてくれました。損とか赤字とか冗談混ざりに書きましたが、額面が1,000円のお金を1,300円で売るのってものすごいことです。今回の結果は本当に大満足です。

ですが、今、この文面を書いている目の前で発送業務をしておりますが、現金書留封筒の中に梱包された銀貨を入れて重さを計るなどをしております。チラチラと見ておりますが到底1時間で終わる作業ではなさそうです。会社の皆にある意味で迷惑をかけたのかもしれませんね。殆ど利益にならないことを皆でやっているのですから。

長年保管されていた方は当店の買取価格にご納得いただけない方もいますが、丁寧に説明して、例えご納得いただけないとしてもご理解いただけるよう努めたいですね。今現在の話ですが、実際に欲しいと思えば1枚1,300円で買えるという事実があるのですから。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る