HOME > スタッフブログ > 質屋の道具「ウォッチエキスパート2その1」

スタッフブログ

質屋の道具「ウォッチエキスパート2その1」

鴫原質店の弟さんです。
今日は「質屋で使うアイテム」紹介。

ウィッチ社製の時計テスター「ウォッチエキスパート2」。

今回は数回に分けて「アイテムの説明」と「使い方」を。

こちらの機械は高感度のマイクを使って機械式時計内部の様々な音を拾い、内部の状態を数値などで表示してくれる非常に優れモノです。

主に表示される項目は下記
RATE (日差の歩度逸脱)
BEAT ERROR(片振り量を表示)
AMPLITUDE(振り角の度数を表示)
BEAT MODE(ビート数のモード選択)
BEATS PER HOUR(1時間当たりのビート数の選択)
MEAS.TIME(拘束角表示/度で選択)
その他数点。

本当に何も気にせず使っていたのですが、実は数十万もする高いものだと初めて知りました。
(ブログありがとうございます)

この文面を書くにあたり、このウォッチエキスパートの拾っている音についても書きたく、色々調べてみたのですが、ちょっと文面にできるほど詳しく確実なところが分からない。またインターネットで調べてもその原理の解説が確実である保証もなくページによって見解が違う上、そもそもこの機械の説明をしているところが見つけられませんでした。

そしたら何と説明書がお店にあるではないですか!

早く気がつけばよかったです。
本当に1時間半ほど結論がでない時間が続いたので。
その為、今回は貴重な説明書の丸写し!をしながら音についても解説します。
コレ結構貴重なのかもしれません(分からないですが)。

調べたけど出てこないのできっとマニアックなことが知りたい人いるかもしれませんので、今回は珍しく一般向けではないところを数回に分けて記載します。

正直いいまして今回の件で2時間ほど勉強した結果となりましたが、こんな機会がないとただの道具としてのみ使い続けたでしょうから本当に良かったと思います。

 

では続きは次回で。

本日も鴫原質店のブログをご覧頂きありがとうございます。
時計の修理/電池交却/販売/買取は仙台の鴫原質店へ
お見積は無料ですのでお気軽にご利用下さい。
本格的な修理は専門の時計工房で技術者がおこないます。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る