HOME > スタッフブログ > 質屋の道具「シーシャイン STU-33」

スタッフブログ

質屋の道具「シーシャイン STU-33」

こんにちは。鴫原質店の弟さんです。本日は前回の続きです。
前回は金属の酸化を取る方法としてテリスターを取り上げましたが、今回は日常的に私が使用している方法のご紹介です。

質玄関の片隅にいつも置いてあり、何気に風景と一体化している機械を使います。いつもこの場所にあり、使う時はこの配置のまま使用が可能です。玄関先の画像玄関先の画像

こちらは「シーシャイン STU-33」という機械で超音波を使った洗浄機です。洗浄機の画像洗浄機の画像15年以上前から使っているものですが、現在でも新品が売っております。一応ですが、定価は¥49,800(税抜)らしいです。

使い方は下記の順番でさらりと終わり。作業手順作業手順1 酸化している金属を見つける(←コレ必要ないかも)
2 機械内部に入った薬液に入れてスイッチを入れる
3 5秒ほどで取り出して洗浄する
4 完成!
テリスターと比較すると手軽さが際立つでしょ!

因みにこの機械は、宝石を磨いた後に残るバフ粉(研磨粉)を落とす時にも使用します。磨いた直後はこのように研磨粉がついておりますが!作業風景作業風景洗浄機に入れるだけで数秒で綺麗になります。作業風景作業風景このような作業は品物1点ずつやるわけではありません。大体の場合は複数のものをいっぺんにやってしまいます。作業風景作業風景今回の様子はまとめて研磨粉を落とす作業風景ですが、酸化を落とすときも一度にやってしまいます。ここがテリスターとの大きな違いです。細々と1点ずつしかできないテリスターと、このシーシャインでは作業効率が全然違います。それもまたテリスターをあまり使用しない理由ですね。

薬液に関しては2種類あり、バフ粉を落とす為の薬と金属の光沢を出す薬があります。薬液の画像薬液の画像あくまでも私の場合ですが、バフカス落としを日常的にこの洗浄機に入れており、交換が必要になるまで使いまわします。お金を出して購入するので無駄にしては勿体ないですからね。光沢出しではバフ粉の落ちはいまいちですが、バフカス落としでは金属の酸化を取ることが可能です。ただ、やはり綺麗になりきらないときの選択肢の一つとして、薬液を交換して使ってみる事はあります。

手で直接触ってはいけない薬品のようですが、それを知るまでの数年間、ずっと素手で触り続けてきたこともあり何も気にせず手で触っています。手の指紋が少し薄くなったのはこのせいでしょうか?

ということで今回は洗浄機の紹介でした。何も考えずに使用しておりましたが、この洗浄機(←失礼な意味ではなく…)が実はこんなに高価なものだったことを初めて知りました!

このブログを書いててたまに思いますが、使い方以外知らないとか、自分に興味が無い事は知識とて残っていないことがしばしばあります。何気に使っているこの洗浄機を、高価なものとしてもう少し大事に使いたいなぁ~と思ったいい機会になりました。

本日は以上です。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る