HOME > スタッフブログ > 質屋の道具「オメガ シーマスター用裏蓋オープナー」

スタッフブログ

質屋の道具「オメガ シーマスター用裏蓋オープナー」

鴫原質店の弟さんです。
本日は質屋で使うアイテム紹介。
HOROTEC(ホロテック)社が製造している裏蓋オープナー。
(今回はしっかり使用している道具紹介ですぞ!)
horotec1horotec1これは名前の通りオメガのシーマスターの裏蓋を開ける専門用具です。
(考えてみればなんて贅沢な道具なのでしょう)

見て分かるとおり結構頑丈なつくりで、先端部分を入れ替えることでメンズ用とレディース用を切り替えます。
horotec2horotec2

さっそくお店の在庫の裏蓋外してみますね。
シーマスターの裏蓋の5つの穴の場所を確認しながら、オープナーの5つの突起を入れ込みます。
horotec3horotec3

横から見るとこんな感じになります。
horotec4そのまま回すとネジ式の裏蓋が開きます。防水性能を維持する為に密閉度は強いので、回すときに若干力が必要になります。

蓋ととるとこんな感じ。ムーブメントに蓋が乗っております。
horotec5horotec5

この蓋はただ上にかぶさっているだけでしてちょっとしたコツで外れます。どこでもいいので横から少し押してあげるだけ。何かにハマっているわけでもなく、溝に乗っかっているだけなのですから。

間違ってもガチガチ色んな外圧を加えないことが大事。というのは私10数年前にラジオペンチなどで無理やり摘まもうとしたことがあるので経験者、そして時計を痛めた加害者です!(笑)

中の蓋を外すと構造が分かります。
horotec6horotec6
ムーブメントが乗った台の回りに溝があり、そこに中蓋がおいてあるだけなのですね。でもコツが分からないと外すのは結構大変かもしれません。

 
このアイテムは楽天などでも売っているものですが1万円以上する高価なもの。「質屋に必要か」とか思われるかもしれないので補足しますが、オメガのシーマスターは流通量も多く当店でも中古で多くの本数を販売してきましたし、今もまだ販売しております。お客様の時計の電池交換もしますし店頭在庫の電池交換もします。使う頻度はドライバーほどでないにしろ結構使います。

電池交換をする町の時計屋さんが各地域にあると思いますが、オメガの電池交換をやらないというお店も少なからずあります。この道具がないとシーマスターさんは開きませんから。

鴫原質店はオメガのシーマスターの電池交換を600円でやっております。電池の原価を考慮し手間賃(時間給という意味)を考えると100回電池交換を受け付けても道具代にはならないような気がします。でも電池が切れたシーマスターを買い取るときなどは、すぐに電池を交換して動作確認をして適正な価格で見積もりできますし、店頭在庫の電池交換も簡単にできます。

それに私がこの職場に入る15年くらい前からこの道具はここにありますので十数年間も使用している道具です。もう十二分に購入価格以上の役割を果たしてくれました。しかも非常に頑丈なのでこの先10年以上経ってもまだ同じものを使っている光景を簡単に想像できます。

今日はしばらくぶりに愛着のある道具紹介でした。
以上

本日も鴫原質店のスタッフブログをご覧いただきありがとうございました。
時計の修理/電池交却/販売/買取は仙台の鴫原質店へ
お見積は無料ですのでお気軽にご利用下さい。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る