HOME > スタッフブログ > オメガの裏蓋内側

スタッフブログ

オメガの裏蓋内側

こんにちは。鴫原質店の弟さんです。

つい先ほどの出来事ですが、一つの商品のネット出品準備が終わったのでそのことについて。その商品はこちら。商品写真商品写真オメガのコンステレーション革ベルト。ステンレスベルトは結構見ますが、革ベルトは余りない気がするぞ。

この時計に関する出品準備の内容は、ケースの洗浄、傷を消せるとこを消す、ベルトの新品交換、写真撮影、画像加工といったとこです。当店で5カ月前に質預りしたものですが、時間の遅れもなく動いているので今はまだ電池交換はせず、売れた時に新品の電池に交換するつもりでした。

最後にネットに掲載するデータを紙に書いて、私の手元からはいなくなる流れなのですが、時計の型番が分からない!ネットで調べようとするも5分経っても見つからない‥‥‥‥「ぐぉ~~~っ」て感じです。数が少ない時計だとこんなことがよくあります。

ムーブメントが分かれば検索対象も狭くなるので、電池交換もついでにやってしまうことにしました。時計のムーブメント画像時計のムーブメント画像ムーブメントはキャリバー1532ね。これで型番が見つけやすくなるはず。

私はやりませんが、時計の裏蓋の内側には電池交換した日付を書き記す場合があります。裏蓋の内側の様子裏蓋の内側の様子平成14年の交換時はシール、そして平成17年の印はマジックペンでべた書きしてますね。というかコレ消えるのかな‥‥‥‥。3年に一度交換している感じなので、時期的に丁度良かったですね。

そしてケースの裏の文字が目に入ります。裏蓋の内側の刻印裏蓋の内側の刻印これはFit Case Noというもの。 適合ケースを意味しており、これをググるとたまに頑張っている店舗に辿り着いて型番が分かることもあります。頼むから型番書いてくれ。

現実逃避の気分転換にこれを書いてますが、さっさと作業に戻りましょう。誰か型番教えてください!(涙)

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]