HOME > スタッフブログ > 質屋の道具「精密機械ドライバー」

スタッフブログ

質屋の道具「精密機械ドライバー」

鴫原質店の弟さんです。

今日は「質屋で使うアイテム」紹介。
今回は精密機械ドライバーです!
主に時計のコマ調整や電池交換をするときに使います。

 

もしかしたら多くの方が「?」と思うかも。
どこにでもあるものですので当然質屋でも使いますよね。

でもドライバーの紹介ではなく重要性についてのお話です。

 

私、弟さんの机の引き出しに入っている精密機械ドライバーを並べてみました。
合計33本でした(本人も知らなかった……………)

そんなに必要か?
と大体の方が思いますよね(思わないかもしれませんが)

 

では下の3枚画像を見てください
ROLEXのデイトナのネジにドライバーをあてました。
(※中古相場が100万円を超える人気の時計です)

手振れですね。お許し下さい(涙)

違いが分かると思います。
上部の画像では溝に対して厚みと幅が100%に近く一致します。下の画像では溝に対して「幅」と「厚み」があっていません。
厚みや幅が合わないものを使用すると、「ネジ山の変形」又は「ドライバーの破損」のどちらかに繋がりますが、ドライバーの硬度がは結構高いのでネジ山が変形することが多いです。

このように時計の作業では、使用するドライバーを幅と厚みを確認しながら「最適な一本」を選びます。

例えばこのドライバー。

これはROLEXスポーツモデル専用に形状が造られています。
上記でドライバー3本を溝にあてた画像の上の画像で使用している物です。当然ですがネジ山にぴったりとはまりますね。

 

ネジを回してからでは遅いのです。

ネジを回す前の作業が非常に重要なんですね。

 

さて、「最適な一本」などと言いながら、たった33本のドライバーでは当然のことですが全てに適用するわけではありません。

次回の更新時にそんなときの対応として「質屋で使うアイテム」紹介をします。
お店の開店時間ですので本日はここまで。
鴫原質店のブログをご覧いただきありがとうございました。

時計の修理/電池交却/販売/買取は仙台の鴫原質店へ
お見積は無料ですのでお気軽にご利用下さい。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る