HOME > スタッフブログ > 取り外されたダイヤモンド

スタッフブログ

取り外されたダイヤモンド

鴫原質店の弟さんです。
先日(6月11日)に店頭で買取した品物のお話です。

K10の指輪と一緒に指輪から外された袋に入ったダイヤモンドを見せられました。
「こちらは値段がつきますか?」と申し訳なさそうな感じです。
daia1daia1

そこには小さなダイヤモンドとメレダイヤ11点が入っていました。
金属買取店などではダイヤモンドに値段をつけない店舗が多いので、石だけ外して返してもらったという感じでしょうか(推測ですが)。

せっかくお見せいただいたので、しっかりした値段を提案したいと思いカラット計を使って重さを計ります。
daia2daia20.24カラット!この時点でやる気満々です(笑)

直径が4mm程度のダイヤモンドです。
daia3daia3ルーペで見るとクラリティはSI2、カラーはI~J、カットはギリギリGoodが取れるかどうか、と判断して値段をつけます。

話をそらしますが顕微鏡での画像をのせますね。
daia4daia4テーブルすぐ下に内包物が多数確認できます。しかも黒い。
それでも0.24カラットのダイヤモンドです。
 

最初に私が値段をつけてスタッフM君が価格の提示に行く瞬間のタイミングで、社長さんがお外から戻ってきたので一応値段をつけてもらうと、私より1千円ほど高い値段を言ったので、その値段で価格を提案しました。

当然ですがお客様は喜んでおります。
だって他で値段がつかないものを現金化できるのですから。

こんな時はいつも壊す前の品物のデザインを想像してしまいます。
本当に壊す必要があった品物なのかどうか。
もし素敵なデザインだったら金とダイヤモンドの値段に少しプラスして買えるのに。

もしご覧いただいている方がいたらお願いがあります。
売却の時はお見積を鴫原質店でも是非お取りください。
売る場所や値段は最後にお客様がご判断頂ければと思います。
壊すのは最後にもできますので(涙)。

ダイヤモンドや宝石の買取・販売は仙台の鴫原質店へ。
お見積も無料なので気軽にご利用下さい。
適正価格にて取り扱いさせて頂いております。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る