HOME > スタッフブログ > 質屋の道具「顕微鏡」

スタッフブログ

質屋の道具「顕微鏡」

鴫原質店の弟さんです。

今日は「顕微鏡」のご紹介。
これが質屋で使われていると思われている方は少ないはずです。

私は小中学校の理科の授業とこの仕事以外では、顕微鏡に触れたことはありません。
それだけ普段の生活には関わり合いのない道具ですが、実はすごい子(=顕微鏡)なのです。
 

頻繁に使用するルーペの拡大倍率は10倍。
宝石を見る為に使っているルーペの拡大倍率は18倍。
そして顕微鏡さんはなんと40倍!!!!!!!も対応可能。

本日はその顕微鏡で1.11キャラットのダイヤモンド(直径約6.7mm)の内部をみて「クラリティーグレード」を確認します。

 
クラリティとは、ダイヤモンド内部の不純物(インクルージョン)や、表面のさまざまな傷(プレミッシュ)などの個体の特徴を相対的にどの程度少ないかを評価する基準で、ダイヤモンドの価値を決める重要な4つの要因の一つです。
※専門的用語をできるだけ避けたいのでイメージ重視の表現です。
 
それではダイヤモンドさん…

すみませんが覗かせて頂きます!
 
≪≪≪ジャジャジャジャーン!!≫≫≫

とても綺麗 (*´▽`*)  美しいです

目では絶対にみることのできないミクロの世界。
約0.5mm位の内包物(インクルージョン)もしっかり確認できます。

VS2というところでしょうか。

これ10倍のルーペの拡大率だと「・・(点点)」にしか見えないのです。

ましてや慣れていない人だと埃か何かに見えます。
顕微鏡って本当にすごいんだゾ!。
 

質屋ではダイヤモンドを見るときに重宝する道具です。
(パチパチパチ:拍手喝采)
 

ダイヤモンドや宝石の買取・販売は仙台の鴫原質店へ。
お見積も無料なので気軽にご利用下さい。
適正価格にて取り扱いさせて頂いております。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る