HOME > スタッフブログ > ROLEX デイトナ

スタッフブログ

ROLEX デイトナ

鴫原質店の弟さんです。

先週はROLEXのデイトナを2点も買取させて頂きました。
譲って頂き本当にありがとうございます。

一つはROLEX 116520
20200124_220200124_2言わずと知れた流通量の少ない最高の人気モデルです。

二つめはROLEX 116503
20200124_120200124_1こちらは2016年に製造が終了された116523の後継機モデルで現行品です。もちろんまだ数はとても少ないものですね。

 
当店のホームページをよくご覧頂いている方はお気づきだと思いますが、現在店頭にはROLEX「116520」「116528G」「116519」「116523」の4点が展示してあります。その他にも流通量が少ない品物が数点。
20200124_320200124_3

 

私がこの業界で働き始めた頃はデイトナなど見ることも非常に少なく、店頭に出していれば見たお客様が驚き、そして見た方がすぐに買っていかれたイメージがあります。店頭にあるのを見た時に買わないと買えないからなのでしょう。それだけ珍しいものであり、手に入りずらいものだったのでしょう。

でも現状では、インターネットで検索さえすれば欲しい時に欲しいものが手に入る時代になり、いつでもこのデイトナというものを見ることができるようになりました。そしてまた、金を出せば帰る状況になっているので昔よりは品物に対するインパクトが薄れているのかもしれません。

 

ROLEXの中古相場が高値で推移しておりますが、まだ上昇し続けるのか、または下がっていくのか、今後の推測さえできません。ROLEX自体の商品供給体制や海外相場や為替、そして国内の流通量など様々な要因で中古価格は決まるのでしょうが、新品の定価を超える値段で二次流通価格が動いているという世にも奇妙な状況が続いております。

そのせいもあり、直近ではデイトジャスト16013(1986年製造)を26万円、そして先ほど16610(1993年製造)を59万円で買取させて頂き、当店の買取実績にも地味に掲載しております。このような値段で買取をして整備をして利益を出しつつ売れるのか?と疑問に思う方も多いと思いますが、欲しい方がいるから売れてしまうのもまたROLEXの特徴です。

今後、ROLEXの2次流通の価値がどのようになっていくか?などと常に色々想像しておりますが、決して答えが出るものではありません。これをご覧頂いている皆さんはどう思いますか?

とにかく頑張って買取しているので、時計の買取は鴫原質店へ
まず最初にお見積を致します。

以上

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る