HOME > スタッフブログ > オメガ シーマスター アンティーク Cal.552

スタッフブログ

オメガ シーマスター アンティーク Cal.552

鴫原質店の弟さんです。

本日(1月10日)に店頭で譲って頂いたものをご紹介。
オメガ シーマスターのアンティークウォッチです。

20200110_120200110_1

経年劣化による腐食が全体に見られるほか、ベルトもグニャグニャの状態です。
20200110_220200110_2長い期間ご愛用されたものなのでしょう。品物にとってこんなになるまで使ってもらうのはとても幸せだと思います。しかもこんな状態でも値段がつくのがオメガという一流ブランド故ですね。

内部を見てみるととても綺麗な状態です。
20200110_320200110_3Cal.552、24石のムーブメント。昔の時計に多い19,800振動です。1950年代後半から60年代に販売されていた時計であることが分かりました。何となく見ていて違和感があり気が付きましたが緩急針がいじれます!調べてみると「スワンネック緩急針微調整機構」を採用したムーブメントで、当時は本当の高級品だったのではないかと推測されます。

消えかかっておりますが、裏蓋に印がおしてあります。
20200110_420200110_4仙台という文字と61.5.10というインクはしっかり確認できます。昭和61年ではなく、1961年に販売されたものだと思われます。今もまだ動いており、とても数十年も前に造られたものであることを疑ってしまいますね。

今時のシーマスターは防水時計というイメージが確立されておりますが、このシーマスターはケース脇に埋め込まれているゴムパッキンのみで防水をしているほか、リューズ付近の防水体制はとても貧弱です。海に潜る為の時計というイメージが確立されていくのは、まだまだ先の話のようですね。

 
シリアルを調べる為に裏蓋を開けたのをきっかけにブログにしてみました。仙台という文字がしっかりと残っていたので何となく愛着がわいたのかもしれませんね。仙台に60年間以上滞在し続けたこの腕時計ですが、次はどこの誰に使ってもらうことになるのか?海外渡航とかになったりするのかもしれませんが、この先もカチカチと動き続けてもらいたいですね。
以上。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る