HOME > スタッフブログ > 野球観戦

スタッフブログ

野球観戦

鴫原質店の弟さんです。

昨日4月12日は、お店を閉めた後に子供たちと楽天生命パーク宮城スタジアムで野球観戦をしてきました。4人で行きましたが19時30分から「おばんですチケット」なるものが販売されて大人も子供料金が適用になるようです。4人の入場料(外野席)は1,600円でした。
rakuten1rakuten1

私は野球というジャンルに興味がなく数年前に2度ほど観たことはあるのですが、子供が行きたいというから連れて行った感じののりでございます。当然ですがチケットの買い方さえ知りません。現地では色々聞きながらチケットを購入しましたが、一つ驚いたのは現金が全く使えなかったこと。
rakuten2rakuten2
見ているとほとんどの支払いが楽天ペイなるもので、食べ物や飲み物の支払いさえ現金が使えませんでした。時代の流れを大きく感じるとともに、これが今後全ての市場に広がっていくのかどうか、色々と考えさせられます。
 
外野席に行くと大勢の観戦者がいて、パラパラと空席はありますが、当然ですが4人がまとまって座れる席などありません。勝手が分からない私は階段の上の方で通行の邪魔にならない場所にまとまって階段に皆で座りました。その後すぐ、私たちに気が付いた夫婦が数メーター離れたところから「こっち空いてるよ~」と大声で私たちを呼び、周りの人も協力して席を詰めて座席をつくってくれました。

はっきり言って最初は驚きました!
大声で呼ばれた瞬間ですが、何やらルール違反をしたのでは?などと焦るものです。実際に野球観戦の場所なのではっきり聞き取れるものではなく、明らかに私に向かって何かを叫んでたのは最初理解したのですが、何を言っているのか分からない状態では「絡まれている」「怒られている」というような危機感を持ったのは事実です。その後、両隣の人も席を隣に移動して4席を作って椅子を指さした瞬間に全てを理解できました。他人の為に席を空けるって野球観戦の常識なのかは知りませんが驚きです。人のやさしさに感謝するのも久しぶりかもしれません。

子供がトイレで席を立ち、戻る席がどこか分からなくて下で迷子になっていたときも、私たちはそれに全く気づいてませんでしたが、「お兄ちゃん迷子なんじゃない?」とまたまた近くの方が教えてくれ子供を迎えにいきました。これ全て実話なのですが、野球ファンのマナーの良さと人間性に驚きです。こういうことがサポーターという一体感がある応援団の結成には欠かせないことなのかもしれませんね。

 
さて5回の裏から観戦した野球ですが、4歳の子供は10分で「お腹すいたー」「帰ろー」を連発するので近くのコンビニにいきおにぎりを場外で食べさせるなどのトラブルもありました。
rakuten3rakuten3

野球って楽しい!思ったことが7回裏の楽天の攻撃のとき。皆で歌を歌って風船を振り一気にそれを飛ばします。一つ一つの間や音響がテレビで見る野球とは全く違って一つのショーのような感じでしょうか。応援席の一体感も心地が良かったです。
rakuten4rakuten4

それに呼応するかのように2アウト満塁まで進みましたが、その時のスタジアムの盛り上がり方がまた凄すぎて驚きです。子供たちもつられて「イケー」などと叫んでおりました。
rakuten5rakuten5
そして残念なことに点を取れなかったのですが、アウトになった瞬間の悲鳴やら「あ~~~」という言葉やらヤジやらがまた凄い(-_-:)。

最後まで観ていたかったのですが、時間もその時点で21時を過ぎていたので優しくしてくれた周りの人たちにお礼をいい帰路につきました。5回裏から7回裏まで約1時間半程度の観戦時間ですが十分すぎるほど楽しめました。楽天サポーターの方々にものすごい好感を持てた事が野球の楽しさ倍増にもつながっていると感じます。

スタジアムは鴫原質店のすぐ近く(歩いて10分かからないかな?)なので、また是非行きたいですね。
以上

[ カテゴリ:日記 ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る