HOME > スタッフブログ > 獄激辛ペヤング

スタッフブログ

獄激辛ペヤング

鴫原質店の弟さんです。
先日、近くのスーパーで獄激辛ペヤングを発見し、やっと購入する事ができました。(少し仕事と絡むので質屋のカテゴリーで登録です)獄激辛ペヤング獄激辛ペヤング「なぜやっと?」かというと売ってないから。生産量や流通量は多いはずなのに、なかなか購入する事が出来ず、インターネットで転売が散見される商品です。

ちなみにアマゾンでは3つで1,530円(送料込)。アマゾンでの価格アマゾンでの価格

ヤフオクでは1つ約500円(送料込)で取引されておりますヤフオクでの価格ヤフオクでの価格10月26日に実際に取引されている履歴があるので、もしかしたらまだいけるのか?

そして定価(スーパーでの小売り価格)は198円でした。スーパーでの価格スーパーでの価格初購入なので結構安い事に驚きです。送料を差し引くと約倍弱の値段で転売されていたようです。千個さばけば20万円の粗利!

お味はというと!ペヤングの見た目ペヤングの見た目一口食べて残しました。食料を無駄にしてすみません。でも舌が痛くて食べれません(笑)。好みの問題なのでなんとも言えませんが、私はリピートすることはないでしょう。

話題性があれば、このように2次流通で定価を越えて販売される商品はとても多いです。正直言って私は激辛なんぞに興味はありませんが、仕事上の関心もあり、何が定価を越えているかということに比較的敏感です。そういう理由で、この獄激辛ペヤングを探し続けて約1カ月、とうとう試食できました。もう本望です。一般流通で普通に買えるようになると、このような転売価格は大暴落します。賞味期限があるので、焦って原価割れで売り始めるかもしれませんね。大量に食べれるような味ではなさそうなので、在庫分を食す可能性は少ないかと‥‥‥。

書いていると、ふと色々と思い出して「コレ書こう」的な流れになる私。次は私も販売の抽選に参加したウィスキーのお話を書きたいと思います。本日は以上です。


ページの先頭へ戻る