HOME > スタッフブログ > 大変な年末年始

スタッフブログ

大変な年末年始

鴫原質店の弟さんです。
本当にしばらくぶりの更新です。

昨日、常連のお客様と世間話をしておりました。
このブログを楽しく読んでいますと。
その為、脳裏から完全に消えていたブログをいそいそ書いている次第です。

1月から今に至る2月は本当に日常業務が忙しく仕事が全く終わる気配がない…
というより全力で朝から晩までやっても溜まっていくという始末。
2月になり仕入れの物量を少し抑えてみたところ、ようやくもしかしたら月末には落ち着けるかも?的な発想になったところでお客様からの「楽しく読んでる」という一言。ありがたや~~という気持ちと気分転換に仕事をさぼってブログを更新してみることにします。

他のことを後回しにしてでも書いた方がいいのか、様々な理由(SEOなど)の為にブログを最優先させた方がいいのか、閲覧数や反響が見えない今は判断が難しい状況。とはいえ、私にとっては仕事をさぼって楽しく書いているという感じなので、正直複雑ですがぼちぼちと更新していくことにしました。

 

さて前置き長すぎ!
今年は年始から最悪だったので愚痴を兼ねてそちらを書いちゃいましょう。
(以下 閲覧注意的な画像を載せるのでご注意下さい)

(10行くらい段落を開けますね。)

 

 

 

 

 

弟さんは12月に実費で風疹の予防接種を受けました。
(過去記事参照)

風疹の予防接種ワクチン

12月31日の事です。遊びで外出していたのですが、顔が痒くそして熱っぽい感じでした。体が妙に怠く、疲れているのかなと思い、いそいそと帰宅して大好きなお風呂に入りました。そこで私はとんでもない事に気が付きます。

全身が真っ赤!!!!!!! 鏡の前の自分に驚きです。
何の病気だ!これは?と驚き、知人に意見を求めた画像がこちら

もちろん分かるはずもなく、ふと思ったのが風疹の予防接種のこと。
だって風疹の生ワクチンを入れてからちょうど14日目。
風疹の潜伏期間は2週間。自分の中ではもう決まりでしょ?という感じです。

その後、救急病院を訪れ看護師さんに事情を説明すると「隔離室」へ強制移動。

大晦日に…静かな静かな…全く音もない隔離室で40分も過ごしました。

しばらくして先生(皮膚科専門ではない先生でした)が入室し見るだけの診断。
何とかウイルスか風疹の症状に思えるけど専門外だから分からない。
だけど状況的に風疹で間違いないと思う。
ワクチンからの感染は非常に稀で全体の1%にも満たないとかなんとか。
そういえば私はインフルエンザの予防接種ワクチンを受けるだけでインフルエンザにかかる特殊体質。
先生曰く「抵抗力が弱い人なのかな?」と。

世の中の平和の為に5日間は外にでないでね
(※これが先生の実際におっしゃった言葉です)

とのことで完全な隔離生活を年始はしており、初めて外出したのが1月7日。
仙台の平和は私の謹慎のおかげで成り立っているのかもしれませんね
(※絶対に違うのは分かっています)

その後、予防接種を受けた病院でこの経緯を先生にお話しすると
「そんなことは聞いたことがない」
「ワクチンで発症するなら妊婦の旦那さんに受けさせるわけにはいかない」との会話。
救急病院の先生のお話を伝えると、
「今後の為に調べてみる」という事でした。

そしてその数日後、その病院に行った私の家族が先生から聞いてきた話ですが、
「非常に稀にあるケースだった」という事。

私にとって、インフルエンザにしろ風疹にしろ、予防接種を受けてかかってしまうものという位置づけになってしまった今回の出来事。関東や関西方面でははしかが流行りだしたというニュースも見るようになりましたが、私は多分「予防なんたら」は今後受けることはもうないでしょう。

考えてみれば、自分の子供たちも「インフルエンザ予防接種ワクチン」を受けているにも関わらず、しっかりとインフルエンザにかかります。「かかった時の症状が軽くなる」というお話も分かりますが、実際にその意味は「なんなんだろ?」的な感じがあります。

多忙な理由を病気のせいにするわけではありませんが、仕事を休んだ理由の一つです。
その他、家族の不幸ごとなどもあったのですが(涙)

 

しばらくぶりの更新は以上で終わりでございます。

今年も淡々と一生懸命生に鴫原質店は営業しております。
大変遅くなりましたが、皆さま今年もよろしくお願いいたします。


ページの先頭へ戻る