HOME > スタッフブログ > ロイヤルオーククロノグラフのコマ調整

スタッフブログ

ロイヤルオーククロノグラフのコマ調整

こんにちは。鴫原質店の弟さんです。

本日(6月18日)はオーデマピゲのロイヤルオークコマ詰めのご依頼を受けましたのでご紹介。ap_1ap_1

この腕時計様の新品定価は308万円。
型番は「26331ST.00.1220ST.02」

でも中古での販売価格は定価を超える330万円位を維持しており、はっきり言いまして中古市場に物がございません。インターネットの各ショッピングモールで確認できる在庫は5件のみですが、全てが定価を越えております。

何故か……それは新品在庫が無いからです。こちらの時計をお持ち込み頂いたお客様も、新品での購入を検討しましたが、正規代理店では30人待ちだという事で、いつになるか分からない現状とこの時計が欲しいという理由から、非常に状態の良い中古を定価越えの価格で購入したという事でした。

 

コマの調整はもちろん受けさせて頂きましたが、最初にネジ山をルーペで確認したところ、2か所以外はネジ山に変形が見られます。この画像をお客様に最初にお見せし現状の確認をして頂きます。決して私はやっていないという証拠写真ですね。ap_2ap_2厚みや幅があっていないドライバーで回すと、ほとんどの場合このようになってしまいます。(詳しくはこちらを参照)

 

ドライバーを適正な幅に合わせてから(削ってから)、まずはネジを外してみました。だって触ったこともないお品物なので分かるはずもありません。最初はネジとピンの一体型を想像していましたが、ネジだけポロリと取れてしまいます。ap_3ap_3独立したピンが入っているようですね。

反対側を見るとピンの頭が見えるので、そちらから先の細いもので中のピンを押してみたところ
ap_4ap_4

このようなピンが簡単に取れました。ap_5ap_5このピンが外に出ないように、ネジで蓋をするという構造ですね!

 

お客様のお品物なので勝手にブログとかに掲載できるものでもないですが、コマ調整を無料でする代わりに、ブログに載せていいという許可を得て撮らせて頂きました。ありがとうございます。一応WINWINの関係ってやつです。でもいつものようにマクロレンズで撮影すると時間がかかるので、携帯電話で撮影した画像です。なので少し荒い画像になってしまいました。

 

正直言って、なかなか手に取って見れるようなお品物ではありません。また、いじらせて頂けるなんてとても光栄な事ですね。まぁ~、コマ調整する為にドライバーをガリガリ何度も数分かけて削ってネジをいじるお店なんて、あまりないので信用して頂いているのかもしれません。

今回は時計の紹介と、そのパーツの紹介でした。
しっかし、300万円の時計を30人もの予約で新品が買えないって、世の中景気がいいのかもしれませんね。驚きの一言です。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る