HOME > スタッフブログ > 

スタッフブログ

鴫原質店の弟さんです。
今日の「質屋で使うアイテム」紹介は2つ

「GIA宝石偏光器」と「GIA宝石屈折計」。

宝石の屈折性の判定を偏光器で行い、屈折率を屈折計で計測して宝石の種類を絞り込む為に使用されます。
既にそうであるように専門用語が多発しますので使用方法の説明は省きます。

 

仕切りなおして、これは何に使うか超簡単に言いますと!
(ジャジャーン)

カラーストーン(色石)の種類を特定する為に使われます。
(※一般の方へ向けた道具説明である旨ご理解下さい。)

 

当店の宝石鑑定士(GIA GG)がよく使っており、専門的な知識が必要な道具です。
弟さんもすご~~く前にこのアイテムの使い方やその理屈を教えてもらいましたが、すべて忘れました(-_-:)。

毎日のお仕事の中で調べないといけないものが出てくると、「この石調べて~~」と宝石鑑定士さん(=社長)にお願いすると簡単に終ります。
その為、いつの頃からでしょうか……、触っておりません((笑))。

一般的に色石などと呼ばれるカラーストーンですが、非常に残念なことに、買取時にお値段が付く石はさほど多くありません。
全く評価されない色石が多いのは事実です。

 

それでも良質で大きなサファイヤ、ルビー、エメラルド、アレキサンドライト、などなど(etc)、
それ単体で非常に高い評価をされる石もあり、一粒の宝石が数百万という値段が付くことも実際にあります。
そのような宝石は専門的な知識がある人以外はなかなか価値が見いだせないものです。

 

話がそれましたが、質屋に何気においてあるこの道具。
実は世界中の鑑定機関や教育機関などでも多く使用されている非常に信頼のあるアイテムです。
こういうものが鑑定には必要不可欠なのかもしれませんね。

また値段をつける上でもっとよく調べる必要がある時は、その内容を説明した上で鑑定機関の判別をしてもらうこともやっております。

 

当店には宝石鑑定士(GAI GG)が在籍しております。

ダイヤモンドや宝石の買取・販売は仙台の鴫原質店へ。
お見積も無料なので気軽にご利用下さい。
適正価格にて取り扱いさせて頂いております。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る