HOME > スタッフブログ > 海岸公園馬術場

スタッフブログ

海岸公園馬術場

鴫原質店の弟さんです。

11月3日の休日日記でございます。長男をスポ小の体育館に送っていき、その足で長女と次女と公園で戯れるといういつもと全く変わらない休日ですが、公園のすぐそばにある「海岸公園馬術場」によってきたので施設の紹介を兼ねて書きます。

こちらの馬術場は東日本大震災で全てが津波に飲み込まれ、2018年7月に再建された施設です。uma_1uma_1場内には沢山のお馬さんがおり、乗馬レッスンや餌あげ体験などができるようです。目の前で馬を見ることなどないので、子供達にとってもいい体験になります。
 

宿舎から馬を連れ出し、車に乗せておりました。目の前を通り過ぎるお馬さんの存在感に圧倒されます。uma_2uma_2お馬さんがアスファルトをあるくと「パカッ パカッ」と音がするので子供も面白がってついていく様子がとても印象に残りました。「どこにいくのかな~」と子供は不思議に思ったようです。
 

入っていいのか悪いのか分かりませんが子供が宿舎に特攻していきました。用務員のおじさんが食事を与えているところで、とても丁寧に、そして親切にお馬さんのことを色々と教えて頂けました。「先日、中央競馬を走ってきた!」と誇らしげに紹介されたのはディープインパクトのお子さんとお孫さん。uma_3uma_3お馬さんが食事に夢中だったので折の中に携帯電話を突っ込んでパシャリと撮影。顔を撮るのを忘れてましたけど(笑)。というか中央競馬を走る現役のサラブレットの宿舎に、私どもが入ってよかったのかどうか?普通考えるとダメですよね(すみません)。
 

もう1頭、本当に誇らしげに説明してくれたのがこのキャンディというお馬さん。uma_4-1uma_4-1東日本大震災のとき、津波に飲み込まれてしまいましたが、無傷でこの場所に戻ってきたとか。事務所にある震災時の記録にもしっかりと記載があり「津波に耐えた奇跡の馬」として各地のイベントで紹介されてきたということです。

休みの日に行くことが多い冒険公園広場の隣にあるこの施設ですが、想像以上に楽しいところでした。ただ馬を見に行くという目的で入っていいところかどうか分かりません(多分ダメだと思います)。次の機会に色々と聞いてきたいと思います。

以上


ページの先頭へ戻る