HOME > スタッフブログ > 札幌オリンピック記念メダル 純金

スタッフブログ

札幌オリンピック記念メダル 純金

鴫原質店の弟さんです。

前回の続きで第3回目。
(10月初旬に買取した珍しそうなものシリーズ)
本日のお品物はこちら
kin_1kin_1
1972年に北海道で開催された冬季札幌オリンピックの記念コインです。
品位はK24で重さは60.3g。持つとズシっと感じる重さです。

表と裏のデザインはこんな感じ。
kin_3kin_3

kin_4kin_4

そしてケースに書いてある文字と最後のお名前に注目。
kin_2kin_2

芸術家の岡本太郎さんのお名前が印字されております。「芸術は爆発だ!」などの数々の名言がありますが、この躍動感あるデザインはまさに芸術でね。でもこれをお金を出して買ってくるお客様を探すのはとても大変そうです。

 
現在、歴史的に見ても金が今までにない高値で取引されていおり、当店のこの品物の買取価格は約32万円!もし仮に5千円ほどの利益を出すために販売しようと思うと、カード手数料やインターネット販売手数料などを含めた値段設定は約35万円。貴重なものだと思うのでもちろん買ってくれる方がいるかもしれません。

ただ問題なのは24金なので相場の影響を直撃します。例えば今日(10月10日)、金価格が29円上昇しているのでこの在庫の金銭価値が1,750円上がりました!10月1日から今日までの10日間で24金の値段は110円上昇しております。つまり10日間持っていただけで6,600円も既に金銭価値があがってしまいました。持っているだけで儲かるなんてすごい事です。書いてて嬉しくなってしまいます。

もしかしたらもっと上がるかも。でもその逆もまたしかり!

明日の価値、1週間後の価値、一カ月後の価値は想像できません。5千円の利益を出すためにとか上で書いていますが、この素材の本質を考えると5千円程度の粗利設定では到底在庫として持てるお品物ではありませね。

以上でございます。

金 プラチナ の買取は仙台の鴫原質店まで!
もちろんお見積は無料です。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る