HOME > スタッフブログ > 模倣された金時計

スタッフブログ

模倣された金時計

鴫原質店の弟さんです。
今日は前回の裏蓋オープナーの紹介をした時に中身を覗いた時計のご紹介です。

その時計とはこちら。

どこかで見たことがある豪華な金時計。
一応最初に書きますがルーペで見た瞬間に分かる程度のものです。重さから察するに金でできています。
推測だけでは買取することはできませんので、複数の検査をした後に金でできていることを確認し、金の値段のお見積をして売って頂きました。責任をもって跡形もなく溶かしてしまいます。

各部を見てみます。
リューズとバックルがこんな感じ。

クラスプとケースサイド。

しっかりとシリアルが刻まれています。

正面から見たところがコレ。

中身は前回紹介した通りで、ロレックスの純正ムーブメントCal.1570の改造品が入っておりました。

 

多分ですが、普通の方だと絶対に疑いもしないのかもしれません。ただ実物をお持ちの方やロレックスに触れる機会が多い方は瞬間的に違和感を覚えると思います。何がどう違うとかは書きませんがすべてが根本的に違います。
※写真は撮りませんが、裏蓋にROLEXのメンテナンスを弾かれた印もありました。

「750」という刻印がありますが18金である保証などはどこにもありません。そもそも豪華な高い時計を安く持ちたくてこのようなものを作り出したわけですから、18金を使っているかさえ怪しいものです。ただ30年くらいまえは、実際にはこのような時計が沢山作られていたようで今まで結構沢山見てきました(笑)。

 

実際に3月1日にも非常に若い男性の方が、おばあさんの時計だということでこれと同じタイプのレディースの金時計の買取見積で来店されました。一応買える精いっぱいのお見積すると若干不信感をもたれた様子です。

インターネットが一般的になった現在では、例えばこのようなものを検索して調べるのに「ROLEX」「ダイア取り巻き」「金」などのワードを入れるとそれ相応の売値が見れます。当然売っている値段が高ければその売却額に期待が膨らむのも当然。

複数店舗を回る様子だったのでしっかりとお伝えしました。
「純正の部品がどこまで使われているか分からないもの」
「これを売ること自体が商標権の侵害になる可能性があること」
もし正規品として数十万の価格で買い取ってしまった店舗があった場合は、非純正であることが発覚し次第「詐欺」で訴えられる可能性すらあること。

 
私の余計なおせっかいなのは分かっています。
彼があの品物をまだもっているのか?
他に売却先を見つけうったのか?
当店にも来ていただいたお客様ですので、目先のお金の為に変なことに巻き込まれないことを祈るばかりです。

[ カテゴリ:質屋あれこれ ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る