HOME > スタッフブログ > 親子バレー

スタッフブログ

親子バレー

鴫原質店の弟さんです。

12月22日の休日日記です。
この日は子供が参加しているスポーツ少年団のイベントで、親子バレーなるものが行われました。
20191223_120191223_1その名の通り親VS子供の試合で、延々とプレーが続きます。経験者の方は子供達の育成でコーチのお手伝いなどをしておりますが、私を含む殆どの方は中学校の体育の授業でやったことがあるという程度の実力で、低学年との試合で僅差のゲームになるようです。

私はというと、体育館には行きましたが靴をもっていかなかったのでプレーしておりません。そもそもにして、真冬の体育館で経験がない球技を突然やれるはずもなく、ボールに恐怖心さえあります。もし仮にレシーブを一度でもやったら、きっとそこは次の日内出血により青痣ができるはずです。スリッパを履いていたお母さんもいたので、きっと狙いは同じかもしれませんね(笑)。

 
練習後は仙台東口の「個室酒蔵 昇り坂」にてクリスマス会。
色々な企画が事前に用意されており皆楽しんでおりました。
20191223_220191223_2総勢30名を超える多人数の上、半分以上が子供達で会場はもうハチャメチャです。グラスをこぼしたり廊下を走り回ったり、普通であれば追い出されそうな感じですが、「19時までは誰もこないので大丈夫です」とお店の方の対応もとても親切で、子供達にフライドポテトを無料で何度もお代りをくれました。予約の段階から想定済みのことですよね。

 
子供の習性なのですが、一人が何かをやると皆で一斉にやり始めます。
20191223_320191223_3ポールに立った子がいると皆それを競ってやってしまうから目が離せません。椅子取りゲームのように争っております。隙あらば暴徒となってしまいそうで恐ろしい限りです。

 
最後はいつもどおり整列して、監督からお言葉を頂きます。「宿題をしない子供は練習に来ないで下さい」という言葉が印象に残りました。その後、これもいつもの事なのですが、親の方を見て整列し感謝の言葉を皆でいいます。20191223_420191223_4ここにいる子供達の中に強制されてきている子供は一人もおらず、私の子供も家族の都合でバレーに行けないと気を落とすぐらいこの環境が好きなようです。上の画像で赤丸をつけたのは私の4歳の娘で、青丸をつけた子供は小学校1年生です。バレーボールはやっておりませんが、仲間の一人として歓迎されているようです。3年生のお姉さんに抱きかかえられ、皆と同じ事をしっかりやっておりました。

親が教えることが難しい団体の中での行動をしっかりと学ばせてもらっております。少子化の影響で子供たちがスポーツと関わる為には、それ相応の行動を親がとならいといけない時代となっておりますが、子供達の居場所をしっかりと守ってくれている、この団体に関わっている全ての皆様に感謝しております。

[ カテゴリ:日記 ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る