HOME > スタッフブログ > 授業参観

スタッフブログ

授業参観

こんにちは。鴫原質店の弟さんです。

本日は小学校の授業参観がありまして、暫くぶりで母校に行ってきました。1年間を通じて色々な行事があるので、訪問する機会は比較的多いですが40年経っても全く変わらない風景がそこにあります。

授業中は、最初こそ恥ずかしそうにチラチラとこちらをみることもあり私を意識しているようですが、少し経つと普段の姿が見れらます。

子供の風景子供の風景

色々と思うところはありますが、一応元気でやっているようで安心します。

教室の中には、子供たちが書いた絵や習字など、学校の課題になったものが色々と貼っており、自分の子に関わるものはしっかりと見てきました。

子供の書いた絵子供の書いた絵

一体これは何を書いたのだろう?笑ってはいけないのですがどうしてもにやけてしまいます。早速、家に帰ったら「あれは何を書いた?」と弄ってあげましょう。

(苦笑)

1番上の子の時(10年前)は、何となく親の責任感なのか、はたまたそれが正解と思っていたのか、「勉強しろ」「ピアノしろ」「習い事しろ」と様々なことを強制的にやらせておりました。その反動もあり、2番目に関しては今はもう好きな事だけをやらせており何かしら強制するのを止めました。意味不明な親子同士の喧嘩も無くなり、幸いにして、習い事にかけていた時間を友達と遊んだりスポーツ少年団でのバレーボールを楽しんでいるのでとても安心しております。

私は第二次ベビーブーム世代で、その頃は学歴至上主義的な雰囲気もあり、親戚同士でも「誰がどこの高校に入った」とか「大学がどこだった」とかそんな話ばかりだったのを覚えてます。偏差値の高い高校に入り、有名大学に入り、有名企業に就職する事が人生の一番いい事のようなイメージ教育があったのではないでしょうか。その為、私たち兄弟も高校は進学校にいきました。

親が子供の事を思い教育するという環境はいつの時代も変わらないとは思いますが、あくまでも私の考え的にですが、競争する人数が恐ろしく少なくなっている現状があります。母校の小学校の生徒数は私の時の4分の1程度の人数しかおりませんし、恐らく全国的な現象なのではないでしょうか。「今は補欠だけども、いつかレギュラーに」と努力した運動部………..そんな私たちには当たり前だった事さえ、この子たちの世代で容易に体験できることではありません。野球やサッカーやバレー、吹奏楽部や合唱部などのチームを組むことが難しい人数でなんですね。

この人数が少ないという事は、今後の全ての選択肢において競争の少なさを想像させます。例えば、多くの卒業生を世に送り出してきた有名私立大学でさえ学生の奪い合いになりますし、果たして維持が可能なのでしょうか?。それは日本の職場や仕事にまで影響していく可能性があると思いますが、いったい今後どうなりますかね?

まぁ~色々と個人的な考えにすぎませんが、小さい時は明るく笑って楽しんで、生きる力を身に着けてもらいたいな~と思うところです。何度も反省しまくってそんな適当な感覚になってしまいました(笑)

さて、色々と楽しかった小学校の授業参観ですが、これは少し気になりました。

人ごみ人ごみ

窓を開けて換気はしてますが何となく密のような気がいたします。子供達の制御などはとても大変なことですが、先生方に踏ん張って頂きたいと思います。そして親に課せられた一番の義務は「学校行く前の検温」なのだと感じました。

以上

[ カテゴリ:日記 ] [ ブログ記事一覧 ]


ページの先頭へ戻る